ベルギーにて~


ゼーブルージュにて~  ②
埠頭はコンテナ基地も兼ねているような殺風景な港です。
教会も有りますので少しだけ観光した様子です。
ドールン通りの「聖レオグレード教会」(Sint-Leo de Grotekerk Zwankendamme)ですが見ただけです。

ツアー不参加者はブルージュに電車で行き、自由行動するらしい。
我々は体調(風邪気味)の悪い夫で電車の停留所で引き返した。
特別の景色では無いのですが、写したので載せました。

DSC_5135.jpg
聖レオグレード教会  ① 中に入らずです。



DSC_5136新
聖レオグレード教会 ②



DSC_5118.jpg
教会近くの様子  ①



DSC_5121.jpg
教会近くの様子  ②



DSC_5133.jpg
教会近くの様子  ③



DSC_5130.jpg
路面電車  ① 派手な絵が描かれています。



DSC_5131.jpg
路面電車 ②



DSC_5132.jpg
路面電車  ③ 別の電車が来ました。



DSC_5134.jpg
路面電車  ④



DSC_5138.jpg
スーパーマーケットの様子  ① 何処二でもあるスーパーの様子です。



DSC_5124.jpg
スーパーマーケットの様子  ② 果物の陳列も日本と違います。



DSC_5126.jpg
スーパーマーケットの様子  ➂ 新鮮な野菜たち



DSC_5127.jpg
スーパーマーケットの様子  ④ 庶民相手の品物?



DSC_5128s.jpg
スーパーマーケットの様子  ⑤ 流石にワインは多い? 



DSC_5122.jpg
民家の入口のプレート ① 風車が描かれてる。 同じ感じの家はこれで区別がつく?



DSC_5123.jpg
民家の入口のプレート  ② 漁夫? 楽しい絵なので写した。



DSC_5119.jpg
民家の入口のプレート  ③ 可愛い娘さん! 


DSC_5117.jpg
ゼラニューム  ①



DSC_5116.jpg
ゼラニューム  ② 花色が綺麗~~

テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

ベルギーにて~

ゼーブルージュに寄港  ①

ベルギーにある世界遺産ブルージュ郊外の港 北海沿岸の町ゼーブルージュへ寄港
長さ100キロほどの海岸線の東端近くで、陸地からコブのように突き出した港です。
ショッピング・モールもカフェやレストランも無いらしい。
殺風景な風景の荷役専門港だそうです。

ブルージュに行きたかった~~
ブルージュは陸旅で訪れていますが、町を縦横に縫うロマンティックな運河を船で回るのも素晴らしい!!
しかし、この日は体調が悪い夫です。 
港の周辺を歩いて雨も降ってきたので船内で過ごした。

DSC_5090.jpg
ベルギー・ゼーブルージュに入港 ① まだ暗い港を停泊地に向かう~




DSC_5091.jpg
ベルギー・ゼーブルージュに入港   ② 朝はまだです。




DSC_5096_201703181001057cb.jpg
ベルギー・ゼーブルージュに入港   ➂ 青空が無いから日の出は望めない




DSC_5099_20170318100145d37.jpg
ベルギー・ゼーブルージュに入港   ④ 間もなく停泊かなあ~  沖を行く船も~~




DSC_5103 oriana
シャトルバスの中から、隣に停泊の客船「 ORIANA号」 を写した。

オリアナ(Oriana)は、P&Oクルーズが所有するクルーズ客船の1つ。同社の船隊では、6番目の1995年4月に就航をした。命名はエリザベス2世。 船名のオリアナ(Oriana)とは女王エリザベス1世の愛称からきている。 船内のインテリアはアール・デコ調に統一されている。 船内の吹き抜けアトリウムには巨大なステンドグラスが飾られている。
6・9万トン  ・・・ ウィキペディアより 

ORIANA ← 「 ORIANA号」の船を沢山載せて居るサイトのアドレスです。 参考までに~



DSC_5104 oriana
ユニオンジャックが船首のデザインです。 P&Oプリンセス・クルーズ社の持ち物?




DSC_5110.jpg
港の景色  ①  細長い船は潜水艦?




DSC_5112.jpg
港の景色  ② 細長い船は怪しい形です??




DSC_5111.jpg
港の景色  ➂ 係留されてる船たち




DSC_5113.jpg
港の景色  ④  クルーザーが係留されています。
 



DSC_5108.jpg
シャトルバスで電車乗り場へ  遮断機の近くに可愛いシグナルです。




DSC_5107.jpg
華やかな車体の路面電車です。




DSC_5101.jpg
向うに教会も有ります。 あちらにも行きました。




DSC_5109.jpg
面白い壁画のある建物です。




DSC_5106.jpg
ブルージュには左方面に行く電車に乗るのですが、行けずに残念でした。




セーブ ルージュ
Googleマップより セーブルージュ フランケンベル の辺りを歩いたのかなあ~


テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

オランダに寄港


ロッテルダムにて~  ラスト

思いがけずモダンでおしゃれな建築が建ち並びステキすぎる観光に成りました!!
本当に!!  スゴク驚いた一日でした。
キュービックハウス・マーケットホール(マルクトハル)・エラスムス橋・ワールドトレードセンター:鉛筆タワー等々
目を見張りました。
奇抜でユニークなロッテルダムを後に再びニューマース川を下ります。

変わりゆく右玄の岸辺の景色が主です。
夫は体調イマイチなのでダイニングに行かず、テイクアウトでの夕食でしたね~
私だけ元気で写したものです。

DSC_5077.jpg
夕暮れのニューマース川  ① 



DSC_5082.jpg
夕暮れのニューマース川  ②  大きな木々のある川辺には、人の姿が~



DSC_5081.jpg
夕暮れのニューマース川  ⑥ 煙突がいっぱい見えて居ます。



DSC_5068.jpg
夕暮れのニューマース川  ③  工場地帯も有ります。



DSC_5076.jpg
夕暮れのニューマース川  ④  大きなクレーンも~~  河口が近い?



DSC_5078.jpg
夕暮れのニューマース川  ⑤ 雲の動きも~



DSC_5083.jpg
夕暮れのニューマース川  ➆  暗いから判らないですが、沢山の石油タンク?が見えます。



DSC_5072.jpg
行き交う船  ①  コンテナ船?



DSC_5084.jpg
行き交う船  ② 何かの運搬船?流線形です。



DSC_5085.jpg
行き交う船  ③   船体に「Gearbulk」 の文字が見れます。
「Gearbulk」 ・・・ 船会社のホームページです。 まさに夕日が沈むところです。



DSC_5086.jpg
行き交う船  ④  「G earbulk」の近くを面白い姿の船が来ます。



DSC_5087.jpg
行き交う船    ⑤  鉄の塔が幾つも~~  「G earbulk」  ・・・船会社のアドレスを調べました。 



DSC_5088.jpg
夕暮れ近しで、雲と街を薄紫に染めて~ 稼働中のビルからの煙が白い。



DSC_5093.jpg
夕日が雲を染めて~  ①  空の変化が~~



DSC_5100.jpg
夕日が雲を染めて~  ②  柔らかい色の雲の変化の時を共有!!



DSC_5098.jpg
夕日が雲を染めて~  ③  ぼんやりと太陽も見れます。




海に出て、ベルギー・ゼーブルージュに向かいます。


ニューウェ・マース川のメモ

ニューウェ・マース川またはニュー・マース川(蘭:Nieuwe Maas)は、オランダを流れる川で、ライン川がライン・マース・スヘルデ三角州に流れ込んで分岐した川の一つである。 リデルケルクの北岸でレク川とノールト川が合流した地点より下流がニューウェ・マース川となる。そこから西へ、ロッテルダム市街地中心部を横断するように流れ、ロッテルダムの西端付近でアウデ・マース川と合流する地点までの約24kmがニューウェ・マース川である。 ニューウェ・マース川はオランダで最も都市化された地域を横断しており、大規模なロッテルダムの港湾施設なども流域に連なっている。 河川幅は265mから465mである。 川の名前に「マース」と入っているが、実際に流れている水のほとんどはライン川起源である。・・・・・ウィキペディアより

次の寄港地ベルギー・ゼーブルージュに行く予定です。

テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

オランダに寄港


ロッテルダムにて~  ⑨

船に戻りました。 静かに離岸する船からマース川の眺めを楽しみました。
まだまだ色んな建物も~ 散策中に見た建物も川の上から見れます。

ロッテルダムはライン川の河口の地に造られている。
第二次世界大戦で壊滅的な被害を受けました。

その後、モダンでおしゃれな建築が建ち並ぶ街に生まれ変わりました。
毎年新たな建築プロジェクトを打ち出すロッテルダムです。
ライン川河口域を全て閉鎖して高潮から国土を守るデルタ計画においても、この港と北海を結ぶ航路はマエスラント可動堰により確保されている。

ロッテルダムを18:00に出港しました。 のんびり眺めた様子です。

DSC_5047.jpg
移りゆく川沿いの景色  ①  ゆっくり進む船から街を眺めます。



DSC_5048.jpg
移りゆく川沿いの景色  ②  市内に行ったのはわずかの範囲なのなのが判ります。



DSC_5050.jpg
移りゆく川沿いの景色  ③  ふ~ん 成程? なんて思いながら~~



DSC_5051.jpg
移りゆく川沿いの景色  ④  大きな鳥も飛んでます。



DSC_5052.jpg
移りゆく川沿いの景色  ⑤  ロッテルダムの川に浮かぶ客船



DSC_5049.jpg
移りゆく川沿いの景色  ⑥ お日様は雲の中



DSC_5054.jpg
移りゆく川沿いの景色  ➆   ユーロマスト(タワー)が見れます。



DSC_5056.jpg
移りゆく川沿いの景色  ⑧  川に張り出してる東洋風(中国?)風のお店が目を引きます。 ユーロマスト(タワー)



DSC_5055.jpg
移りゆく川沿いの景色   ⑨  川辺に色んな船が見える。



DSC_5064.jpg
移りゆく川沿いの景色  ⑩  集合住宅も有ります。



DSC_5053.jpg
Ⅼの様な市松模様のビル  ①  目を引くL字のビルです。



DSC_5057.jpg
Ⅼの様な市松模様のビル ②  とても目立ちます!!

 

DSC_5063.jpg
Ⅼの様な市松模様のビル  ➂  【Hogeschool Rotterdam】  ⇐  ビルのアドレス



DSC_5066.jpg
Ⅼの様な市松模様のビル  ④    川沿いの市松模様のビルを見ながら進みます。
    



DSC_5061.jpg
これも大きいビルです。



DSC_5062.jpg
間近で写したらマンション?



DSC_5058.jpg
エラスムス橋も後方に~~~ 雲が光って居ます 山かなあ~ って思えます。



DSC_5059.jpg
客船も居ます。 静かに海方向に進む~



DSC_5060.jpg
空模様が面白いですネ~~



DSC_5070.jpg
さかのぼる貨物船も居ます。


次回も川からの眺めです。


テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

オランダに寄港


ロッテルダムにて~ ⑧

ハネ橋編です。

橋は 船の通行に合わせてはね橋の役目が有ります。 知らなかったので驚きました!!
信号機がチンチン鳴り遮断機が降りてきました。
間もなく道路が徐々にせり上がります。 何だろう??  驚いてしまいました。
川を行く船が通過の為の跳ね橋なんですね~~ その様子を写せて良かったです。

DSC_5011.jpg
トラムが沢山通過してました。



DSC_5014.jpg
驚きの跳ね橋  ① その時、突然遮断機が下りてきました。 エエッ 何々??



DSC_5015.jpg
驚きの跳ね橋  ② 皆さん慣れて居ますネ~~



DSC_5016.jpg
驚きの跳ね橋   ➂  対向車線にはバスも待ちます。



DSC_5017.jpg
驚きの跳ね橋  ④ 何て事でしょう~~ 鉄製の道路上がり始めました。



DSC_5018.jpg
驚きの跳ね橋  ⑤ 音もなく、せり上がりました。 船の為に跳ね上がるのでした!!
 


DSC_5019.jpg
驚きの跳ね橋  ⑥ 空に向かって高くなりました!! 



DSC_5020.jpg
驚きの跳ね橋  ⑦ 観光客は撮影してますネ~~ 船のマストが?見える?



DSC_5022.jpg
驚きの跳ね橋  ⑧ しばらくして橋が元に戻ります。



DSC_5028.jpg
驚きの跳ね橋  ⑨ あと少しです。



DSC_5029.jpg
驚きの跳ね橋  ⑩ 漸く道路が元に成るようです。

  

DSC_5037.jpg
何もなかった様に、人も電車も動き出しました。



DSC_5036.jpg
まあ~~ 良い体験できました!!



DSC_5038.jpg
待たされた自動車も来ます。



DSC_5039.jpg
待たせられたトラムが来ました。



DSC_5012.jpg
面白いアンテナ?を写して船に戻ります。

テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索