オランダに寄港


ロッテルダムにて~  ①

愈々、オランダ・ロッテルダムへ8時に入港です。
ニューマース川(ニューウェ・マース川)の河口をさかのぼり停泊します。(ニューマース川の上流はライン川です。)
河口と言っても広大な三角州など複雑に入り組んだ河口がスゴイ!! 
停泊地までは、川を40キロもさか登ります。 
ロッテルダム市街地の近くの川辺で停泊しました。

DSC_4832.jpg
窓の外を眺めると、まだ薄暗い中ニューマース川を航行しています。



DSC_4833.jpg
大型船が楽々40キロも川をさかのぼるのには驚きます。 わたしは、この時までそのことを知らなかったのです。



DSC_4835.jpg
川なので本当に静かに航行します。



DSC_4836.jpg
暗い中でもクレーンが見れます。



DSC_4837.jpg
左側だけ写して~~ 右側はどんなかなあ~?



DSC_4838.jpg
少し明るく成りました。大きなビルが目立つ!



DSC_4840.jpg
静かに進みます。




DSC_4841.jpg
水辺の木々の美しい公園と白い橋が目を引きます。



DSC_4839.jpg
川辺の木々は続きます。



DSC_4843.jpg
奇抜なビルですね~~



DSC_4850.jpg
これも楕円形で奇抜なビルですネ~~~



DSC_4842.jpg
ユニークな建物の多い事!! 此処が停泊地?
昔ロッテルダムからニューヨーク向けの船が出発した歴史的な港です。



DSC_4849.jpg
教会の様なツインタワーが~~  



DSC_4844.jpg
時計台の有るツインタワーの有る場所で停泊でしょう~



DSC_4847.jpg
綺麗な風景です!! オシヤレな場所にターミナルが有って嬉しい!



DSC_4848.jpg
教会風のツインの塔が 「ホテルニューヨーク」 です。
ヨーロッパ内の各地から、移民が豊かな人生を夢見てアメリカに旅立っていったそうです。
ホテル・ニューヨークはそんな夢をもった人々が旅立つ際の通過点となっていた場所で、建物自体も当時のまま残されており、歴史を感じます。

DSC_4851.jpg
係り員とバスも見れます。



DSC_4852.jpg
ターミナルに間もなく停泊です。  ボーディング・ブリッジ状のタラップが有ります。



DSC_4856.jpg
赤い車が来ます。 何?



DSC_4853.jpg
スロープタイプのタラップの準備中です。 2つかけられるのですネ~~



ロッテルダム
Googleマップより

メモ

ロッテルダムは、第二次世界大戦でドイツ軍の爆撃で古い建物が徹底的に破壊された為、比較的新しい街並みと成ってる。
奇抜な建築が多いのでビックリ!!
クレーン付きマンション? 再開発で港湾倉庫をリューアルしてマンションに~ その時クレーンをモニュメントとして残したとか?

オランダの南ホラント州にある基礎自治体。オランダ語での発音は「ロッタダム」または「ロターダム」と表記する方が近い。
ロッテルダム港を擁する世界屈指の港湾都市で、人口規模はアムステルダムに次いでオランダ第2位である。
世界都市であり、国内の他都市に比べて近代的なビルが立ち並ぶ。

欧州連合の海の玄関口とも言われるロッテルダム港(またの名をユーロポート)がライン川の河口のこの地に造られている。ライン川河口域を全て閉鎖して高潮から国土を守るデルタ計画においても、この港と北海を結ぶ航路はマエスラント可動堰により確保されている。  ・・・・・ウィキメディアなどより引用

テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索