マルセイユにて


マルセイユの観光   ⑧

サント マリー マジョール大聖堂に到着です。

サント・マリー・マジョール大聖堂は、1852年から1893年にかけて建造されました。
長さ140m、天井までの高さ70m、ローマ・ビザンチン様式の巨大で壮麗な建物です。
パニエ地区から海の方に向かって行きますと荘厳な今日が教会があります。ジョリエット埠頭に聳えるこの教会はサント・マリー・マジョール大聖堂と言い、1852年から1893年にかけて建造されたのだそうです。長さは140メートル、天井までの高さ70メートル、ローマ・ビザンチン様式の巨大で壮麗な建物です。マジョール大聖堂の隣には旧マジョール大聖堂がの一部が残っていて、こちらは12世紀中頃のロマネスク建築です。前方に見える2つの塔の高さは60メートルで三千人を収用出来る程大きな大聖堂なのだそうです。外壁に使用されている石もイタリアからの大理石を使用していて目を引きますが建物内のモザイクや壁画も改装し見事です。

DSC_2128_201608061530181b0.jpg
サント・マリー・マジョール大聖堂 ファサードの縞模様がスゴイ!



DSC_2129_2016080615302087a.jpg
「 M de bel suncl」 とある。 聖人の像がありましたので、写してから館内に~



DSC_2130_2016080615302148e.jpg
「 М de bel  suncl 」  ? 



DSC_2126.jpg
掲示板が有ります。




DSC_2131.jpg
聖堂正面の旗の多さに驚きます。




DSC_2151_201608061537128be.jpg
マリア像




DSC_2142_201608061532193f8.jpg
金色が使われてる祭壇前の祈祷台と、大きな燭台も見えます。




DSC_2149_20160806153709144.jpg
ドームを見上げて~




DSC_2145_20160806153246862.jpg
地味なステンドグラスです。




DSC_2140_20160806153216884.jpg
落ちついた色彩のステンドグラスです。




DSC_2146_201608061532484f0.jpg
円を主体の幾何学模様の珍しいステンドクラスと思いましたが~




DSC_2134_20160806153053ae1.jpg
キャンドルのやさしい光が心を打つ




DSC_2136_20160806153057125.jpg
素敵なキャンドルです。




DSC_2133_201608061530527e8.jpg
祈る人が居ます。




DSC_2137.jpg
旗とステンドグラス




DSC_2138.jpg
このステンドグラスの模様は何だろう?



DSC_2141.jpg
奥のコーナーに十字架のキリスト像と燭台が~



DSC_2150_2016102010451047d.jpg
パイプオルガン風な物とその後ろの大きな彫像を写して~



DSC_2143_201608061532439eb.jpg
聖人像  ①



DSC_2144.jpg
聖人像  ②



DSC_2148_20160806153708c5f.jpg
聖人像  ③



DSC_2153_2016080615372812f.jpg
アーチ型の通路を退出しました。



DSC_2139.jpg
足元のモザイク


天井が高く広い空間があり、静かな時間が流れています。比較的観光客が少ないスポットなので、美しい装飾をじっくりと眺めることができます。


ノルウェージャンスター乗船記はこのシリーズの後に成ります。 しばらくお待ち下さい。


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索