秋田にて~

秋田の観光 ③

石黒家に入館しました。
武家屋敷通りの北端に位置する石黒家は、角館の武家屋敷のなかで、現存する最も古いものです。モミや枝垂れ桜など樹齢250年を超える深い木立ちのなかに、江戸時代そのままの姿で主屋、門、塀、土蔵などが保存されています。

薬医門には文化6年(1809)4月27日と書かれた矢板があり、道路側にはのぞき窓を付けた黒板塀をめぐらしています。門を入ると、起こり破風に懸魚のついた正玄関と脇玄関があり、二つの玄関を持つのは身分の高い武士の家でした。石黒家は、佐竹北家の用人を勤めた家柄で、財用勘定といった財政面の役職についていました。

主屋の建築年代は、薬医門より以前であることは確実で、18世紀から19世紀にかけての頃と推定されています。屋根は萱葺きで、庭には水に見立てた苔が緑にしたたり、簡素なたたずまいのなかに武家の格式を漂わせています。  ・・・角館観光案内より

DSC_1695_2015100715170693b.jpg
石黒家は、角館に現存する6軒の武家屋敷の中で、母屋の築年数は、最古(築およそ200年)です。また、母屋に子孫の家族が住み続けている角館の武家屋敷は、ここ一軒だけです。
一部ですが、部屋に上がってご見学出来ます。さらに、ご見学の際には、随時、係員が建物の特徴や昔の生活様式などについて案内説明をしています。・・・・角館観光案内より


石黒家武家の生活様式を残す約二百年前の建物を中心に、江戸時代以降の伝統的日本文化を後世に伝える施設として公開し、末裔家族も一緒に生活されてます。  ・・・・角館観光案内より




素晴らしい庭園も有ります。





室内から、枯山水の庭を眺めて





5月ですから、季節の飾り5月人形が飾られて居ます。





兜もスゴイ!!





毛利元就とお馬が見事です。





二宮金次郎の人形





天神様  八橋人形?





欄間   ① 客間(座敷)の壁には、長寿の生き物『亀』が欄間の透かし彫りから映ります。





欄間  ②





欄間  ③






箪笥





室内に作られた土蔵です。  外にも蔵が有る筈です。





野菜貯蔵庫を展示されて~




火鉢など往時の色んなものが見れます。





刀の鍔でしょうか?





厳めしい鎧と兜





薬量秤です。





鍼灸針の道具・・今の医療機器となる。





鍼灸に係る品々です。 調剤に係る記録も~?





薬草に係る品々?





古地図です。撮影が下手で不鮮明です。





地図の説明です。





武家屋敷観光案内図


テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索