函館にて(コスタ)

コスタで函館   ④

午後からは、ツアーにて五稜郭公園と函館の夜景観光お任せコースに出発です。
夜景には早すぎる時間設定です。 途中カレー屋さんでの昼食も有りましたネ~
途中自由時間も有って、赤煉瓦倉庫群も見どころ多い良い画像が取れて満足でした。

今回は五稜郭公園の様子からです。

北方防備の目的で造られた、日本初のフランス築城方式の星型要塞で国の特別史跡に指定されている。幕軍と官軍の最期の戦いである箱館戦争の舞台となったことでも有名。4月下旬から園内のソメイヨシノが一勢に咲き誇り、市民でにぎわいを見せる花見の名所でもある。・・・函館タウンなびより


五稜郭タワー前でバスから降りました。





函館 五稜郭タワーの有る建物です。 タワーに登るのにはこの建物から入ります。 入場料は、840 円





洋風帆船  ①  徒歩で五稜郭公園に行きました。





洋風帆船  ② 屋外展示です。





一つ目の橋を渡ります。





五稜郭跡の碑です。





五稜郭周りの遊歩道からの眺め





大きな幟が見えます。





ボートに乗ってる人も居ます。





二つ目の橋が見れます。





二つ目の橋です。





この橋を渡り公園に入りました。





立派な石垣です。





お濠の土手に登れます。





八重桜が咲いて居ます。





丁度見頃です。





八重桜?やさしい色合いです。





洋式城塞五稜郭を設計した武田斐三郎のの顕彰碑です。 築城100周年の昭和39年(1964)に建てられた。





復元建築された函館奉行所  ① 日本最初の開港地のひとつ函館で、幕末の北辺警備と対外折衝の重責を担った箱館奉行所





復元建築された函館奉行所  ② 洋式城郭・五稜郭にあった奉行所の広壮な建物は箱館戦争終結の2年後、明治4年(1871年)解体、4年間の工期をかけて、材料を吟味、最高の技術を駆使して往時の建築を忠実に再現した箱館奉行所





復元建築された函館奉行所  ③





供溜腰掛跡の説明ボードです。





土塁・石垣の説明ボードです。五稜郭の土塁は掘割から揚土を積んだもので、 ・・・とある。


五稜郭は、設計当初から星形の土塁を計画していたわけではありません。安政2(1855)年に箱館へ入港したフランス軍艦の軍人が、大砲や小銃による戦闘が中心となったヨーロッパで考案された土木技術を伝え、築城術が書かれた書籍を箱館奉行に贈呈しました。 武田は設計図や絵図面を写し取って、西洋式築城術を学び五稜郭築造の参考にしました。  ・・・・函館奉行所 公式ウェブサイトより

テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索