ケイマン島の観光


グランドケイマン島にて~   ③

海亀の見学後は自由時間に成りました。地図を頂いてそれぞれあちこちに出かけました。
DUTYFREE (免税店)に行く方もおられます。私たちは相変わらずカメラを担いて出かけました。

猛烈な被害を受けてその慰霊のモニュメントが有りました。
実は恥ずかしながらここでトイレをお借りする羽目に!
私の切羽詰まった表情で察していただきトイレ使用許可頂いたのです。

しかし国の機関なのでセキユリティ検査です。 
持ち物検査を受けて~ 身体は器具を使って(爆破物探知)調べるのでした。
夫は受付で待たされて~ 私だけ内部のトイレに~~  やれやれ助かった!!!

お前はいつも突然で~~~  運が良いと感心します。
旅先でホテルに飛び込んだり~  沖縄では工事現場の仮設トイレのお世話に~~  旅での失敗談です。 
粗相してバスの中で失敗した知人のお父さんのお話聞きましたが、
私は何時も大丈夫です。迷わず行動!!でしょう~~ 本当に助かりました。


1919 peace memorial 「平和祈念館」です。




観光客の姿は少ないです。




ブロンズ像が沢山有ります。




平和を祈る像ですかね~~




像に献花がされてますね~




「 maritime heritage memorial war and merchant ships」 [海事遺産記念戦争と商人船]  直訳です。




大きな記念館でした。




記念館の塀に壁画が有ります。




壁画  ①




壁画  ②




壁画  ③




壁画  ④




壁画  ⑤




壁画  ⑥




壁画  ⑦




ケイマンのお店  ①  趣が有ります!




ケイマンのお店  ②  此処で、日本の仲間もお買い物してたかも?




ケイマンのお店  ③ 宝石店です。




ケイマンのお店  ④  店内です。


下記は、ウィキペディアより転記です。

1503年にクリストファー・コロンブスにより発見され、岩と間違えるほど沢山の海亀がいた事からスペイン語で海亀を意味するラス・トルトゥガス(Las Tortugas)と命名した。しかし発見当時アメリカワニも多く生息していた事から、1530年頃に先住民のカリブ族の言葉でワニを意味するケイマナス(Caymanas)と言う名で呼ばれるようになり、それが現在の「ケイマン」の名の語源になっている。1580年には海賊のフランシス・ドレイクも島に来ている。1655年にイギリス海軍のオリバー・クロムウェルの海兵や難破船の船員が島に住むようになり、1670年にジャマイカに属するイギリス植民地となっていた。1773年にイギリス海軍の測量士ジョージ・ゴールドが島の海岸を調査する為任命されて島に来た時、サウスサイドと言う所に島の総人口の約半分400人住んでた。ゴールドが来た時に、島の中心地はボーデンタウンとなった。ボーデンタウンは1655年にオリバー・クロムウェルの海兵であったウィリアム・ボーデンが島の最初の入植者であった事による。ゴールドが調査で島に来た時に出会ったアイザック・ボーデンは島で最初に生まれた島民で、最初の入植者であるウィリアム・ボーデンの直孫であった。1780年にペドロ・セントジェームズ・キャッスルと言うプランテーションの家を建てると、大砲なども配備し、島の入植地を襲う海賊やスペイン軍から守る要塞の役割も果たしていた。20世紀始めに島の首都はジョージタウンに移った。1962年にジャマイカが独立するとグランドケイマン島はケイマンブラック島とリトルケイマン島共に其のままイギリス領にとどまった。 2004年、ハリケーン・アイバンおよびケイマン諸島地震 (2004年)(英語版)により被害を受けた。

ハリケーン・アイバン(Hurricane Ivan)は、2004年9月に発生した近年の観測史の中でも最大級の勢力を持ったハリケーンである。Ivanには、「アイバン」「イバン」「イワン」などの読み方があるが、日本のほとんどの報道機関では英語読みの「アイバン」という読み方を採用している。 このハリケーンが通過した地域では、Ivan the Terrible(イヴァン雷帝、16世紀にロシア史上初めて皇帝を名乗り、専制君主となったイヴァン4世の通称)というあだ名で呼ばれている。 ・・・・  ウィキペディアより

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索