ヴェネツィアにて

ヴェネツィアの観光  ⑦

ムラーノ島の観光を終りました。サン・マルコ広場に戻ります。
まだ行きたい場所はいっぱいです。 
ヴェネツィアは陸旅とクルーズとで3回目ですが、見所がいっぱいのヴェネツィアです。
何処にしょうか?迷いますね~~


「ファーロ燈台」を大きく写して~





ムラーノ島を離れました。





杭は3本で出来てるのだ~





こちらは7本ですね~~





逆光でキラキラ~





サン ジョルジョ マッジョーレ島のシルエットです。





サンマルコ広場までの水上バスも楽しい眺めです。





雲ひとつなき晴天です。





サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂のシルエットです。





聖堂の前に出港したお船は、アネク・ラインズ(Anek Lines)です。 ギリシャ/エーゲ海諸島を行き来です。





行き交う船も楽しい!





まもなくサンマルコ広場です。





下船しましたが~ 此処でSご夫婦と別行動、賑やかこの上なし。ココンさんと3人の相変わらずの弥次喜多道中です。





サンマルコ広場に向かいます。





屋台店も相変わらずのスタイルです。





何を語らう二人、向こうにサン・ジョルジョ島のサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂です。





嘆きの橋(ため息橋)は修復を終わり姿が見れました。 
嘆きの橋は、ドゥカーレ宮殿(写真左手)の尋問室と古い牢獄(写真右手)を結んでいます。この名前は、窓の外からヴェネチアが見られるのは最後であるということからバイロンが名前を付けたといいます。

この橋の下でゴンドラに乗って恋人同士がキスをすると、永遠の愛が叶えられるとの言い伝えがあることから、嘆きの橋はゴンドラめぐりの定番コースとなっています。この言い伝えをモチーフとした映画も撮影されています。


嘆きの橋とゴンドラの動画です。





ドゥカーレ宮殿前に来ました。





鐘を撞く人の像が有ります。機械の仕掛けで時を打つムーア人ハンマーを持つ2人の像と丸い青地に金の美しい星座表とローマ数字の大時計が有ります。





こんな橋も有ります。





撮影下手なものですが、水上バスの時刻表です。 沢山運行されていますね~

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索