旧市街から~  ①

ドブロブニク城壁内 ①

ドブロヴニク旧市街の城壁に到着です。 アドリア海の真珠と称されるドブロブニクです。
ドブロブニクの旧市街は立派な城壁にすっぽりと囲まれている。その長さは1940m。

そして城壁は歩いて一周できます。
入場料は90クーナ。およそ1440円。少々高いが、ドブロブニクの町が違った角度から見渡せるから安い? 
現地のお金が無い我々はクレジットカードでの支払いが出来大助かりでした。


バスから降りて直ぐの場所に美しい、ロピリィエナッツ砦が待ってます。





ポーカー砦とロピリィエナッツ砦です。 この景色を見ただけで期待が高まる!





ポーカー砦  堅牢な出来が敵の侵入を拒むでしょう~





ピレ門です。この橋を渡れば城壁に入れます。





「オノフリオの噴水」  ①
1438年につくられたこの噴水の水、街の裏のスルジ山の泉から水を引いていて、今でも飲むことが出来ます。
この噴水の側面には16のレリーフで飾られており、それぞれのレリーフの口から水が出ていました。



「オノフリオの噴水」  ② おいしい水です。





お土産屋さん近くで売ってる入場券はカードで済ませた。 クロアチアのお金は両替せずユーロだけで済ませた。





城壁の外が見れます。 観光バスも~





城壁の外の大きな森も見れます。





城壁の外の景色です。





何処までも観光客の姿があふれています。





この階段から城壁に登ります。 ココンさんとは出口で待つ時間を決めて解散





城壁は遊歩道に成っています。暑かったですが、頑張りました~~





プラツァ通を眺めて~





プラツァ通りの向こうに山の方が見える。





屋根の姿を写して~ ① プラツァ通り近く





屋根の姿を写して~  ②  逆光で屋根の赤さが少ないんですね~





屋根の姿を写して~  ③





屋根の姿を写して~  ④ 





遊歩道をゆく人の姿が見えます。






いろんな生活が営まれて居るのが判ります。





赤い屋根が続きます。





城壁の外の山のがけが見れますね~~





城壁の遊歩道はまだこれからです。





ロピリィエナッツ砦  遊歩道からの素晴らしい景色です。





ロピリィエナッツ砦を再び城壁遊歩道から写して~

旧市街地のメモ

ドブロブニク旧市街地は周囲約2km(正確には1925m)の城壁で囲われている。城壁は街区から4~5m離し街を全体を囲っている。その厚さは場所によって3mから最大6mメートルと厚い。また高さだが、高いところでは23~25mにも及んでいる。

この城壁の上は万里の長城同様、遊歩道になっている。約1時間でひとまわりできる。城壁には旧市街への入口となる門が4カ所ある。それぞれ名前が付けられている。ピレ、プロチェ、プジェ、ポンテの4つである

ドブロブニク旧市街は、14世紀中頃から4世紀半にわって「自由都市」として独立共和国を維持できたのは、おそらくシタデル(要塞)としての機能を併せもつ、城壁砦があったからであろう。まさに専守防衛の要がこの城壁であり、砦であったのだ。

そのドブロブニクだが、1991年、かのユーゴスラビア内戦によって危機に瀕する。激しい内戦によってエーゲ海の真珠はあちことが破壊された。


次回に続きます。まだまだ写してあります。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索