コルフ島にて~

コルフ島の観光   ④

宮殿の美しい庭園を散策、美しいエリザベートが過ごすに相応しく見晴らしも良いお庭を沢山撮影した。
その後、港に戻る。港の船を写したいので途中でバスから降ろしていただきました。
ガイドさんは快く降ろしてくれたんです。これは珍しい事だと思います。


大きな木がそびえるお庭に来ました。





アキレウスの像が建てられてます。エリザベートはギリシャ神話の中で最も好きだったのが英雄「アキレウス」だそうです。その名前をとって「アヒリオン宮殿」と名付けられたそうです。アキレス腱はアキレウスの挿話から来た言葉なんですね~




アポロンが放った矢に倒れるアキレウスの像が有ります。エリザベートはアキレウスの傍らに腰をかけてホメロスの『イリアス』を読んでいたそうです。




アポロンが放った矢に倒れるアキレウスの像を角度を変えて写した。矢が刺さってるのがわかります。エリザベートはギリシャ神話の中でもアキレウスの生きざまに惹かれていました。大好きなギリシャの離宮にアキレウスを感じる彫像を置きたい・・・。ベルリンの彫刻家エルンスト・ヘルターに依頼したのが写真の作品。
不死身の体のたった一つの弱点を矢で射抜かれた瞬間を劇的に表現しています。


美しい庭園内  ①  ピンクのブーゲンビレアは珍しい!!





美しい庭園内  ② アチコチ写して~





美しい庭園内  ③ 生い茂った木々の間に有る、いろんな像に会えます。





美しい庭園内  ④  アーチの有る庭です。





美しい庭園内  ⑤ ここを散策するエリザベートの美しい姿が見える様な場所!!





美しい庭園内  ⑥ 何気なく建つ美しい肢体です。





美しい庭園内  ⑦ 明るい光のあふれる芝生です。彼女は何を思い乍ら過ごしたのでしょう~





なんの競技?若々しい肢体!円盤投げ?徒競走?





肩車をした親子の像です。





「ミューズたちの庭」と呼ばれる中庭部分。並んでいる彫像は、竪琴を持った美神アポロンと9人のミューズです。





「ミューズたちの庭」は南国の光に満ちて~





美神の像は美しい肢体です。





見晴らしの良い庭からの眺め、はるかに海が見える。このあとツアーバスにて船に戻ります。





パレオ・フルリオ(8世紀ヴィザンチン時代の旧要塞)とネオ・フルリオ(16世紀の新要塞)?





まだ太陽が真上です。





坂の道です。





これもユーカリの樹々でしょうか? バスから降ろして頂いたのはこの辺だった?





港の景色  ① 船まで意外と遠かったので疲れても写す根性が有るんです。 テヘヘ~~~





港の景色  ② 海辺を撮影しながら「QE」に戻ります。





港の景色  ③ いろんな小船が居ます





港の景色  ④  海運のギリシャ、流石のクルーザー





港の景色  ⑤





港の景色  ⑥ 漁船?楽しむためのお船~?多いです。





港の景色  ⑦  観光船なのかなあ~?





港の景色  ⑧  クリスタルセレニテイ&「QE」です。





港の景色  ⑨  MSCアルモニアです。58,625トン





港の景色  ⑩ MSCアルモニアの船尾





港の景色  ⑪ ケルキラ・ライン(Kerkyra Lines ) カーフェリーですね~





港の景色  ⑫ 港の建物





港の景色   ⑬   これもカーフェリーですね~ トラックが乗りこむ所でした。





港の景色  ⑭ 「Sarris Cruises」?





港の景色  ⑮ これを撮す為に下車~~ なのに「QE」は手前のクリスタルセレニテイで隠れてる。 残念!!

カタコロンの港は、イタリアのブリンディシとギリシヤャのバトラを結ぶフェリーの中継点としても有名です。
港の賑わいは成る程でした。

メモ

① アキレスのメモ
アキレウスが生まれると母テティスは、息子を不死の体にするために冥府を流れる川ステュクスの水に息子を浸した。そのとき、テティスの手はアキレウスのかかとを掴んでいたためにそこだけは水に浸からず、かかとのみは不死とならなかった。その後、トロイア戦争ではここをパリス(一説にはアポローン)に射られてアキレウスは死に到ることになる。


② 要塞のメモ
シタデル(ベネチア要塞)
コルフ島はアドリア海を出て直ぐのところ、即ち海上交通の要衝にある。そこに、ベネチアは現在ベネチア要塞と呼ばれる城塞を築いていた。
1716年、トルコ軍の襲撃を受けたが防衛に成功。指揮官の重要性を知るベネチアはJohann Mathias von der Schulenburgという武人を招聘し、指揮を任せた。彼は負ければ死を免れない指揮官の任につき、責務を果たして名を残した。ベネチア海軍も総力を挙げて戦ったであろうことは、想像に難くない。
彼女はギリシャ語を学び原語でギリシャ神話を読んだと伝えられるほど神話好きであった。


次回は、ドブロブニクに成ります。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索