イスタンブールにて

イスタンブールの観光  ④

「ブルーモスク」に入館です。入場料は、無料です。お心の寄付(お布施)をすれば良いのです。
それから、タンクトップや短パンで入ることは禁じられています。
高いドームの天井が迫力です!! 観光客だけです。 礼拝の時間では無いからですね~
静かに撮影でした。

イスタンブールが誇るオスマン建築の傑作、スルタンアフメットモスク(通称ブルーモスク)
オスマントルコ帝国当時のスルタン、アフメット一世が建設させたことから、正式名称の「スルタンアフメットモスク」という名前がついています。1609年にアフメット一世がミマール・シナンの弟子、メフメット・アーに建設を命じ、7年後の1616年に完成。アフメット一世自身はその一年後の1617年に亡くなったため、隣にある霊廟に妻や息子と共に埋葬されています。アヤソフィアのちょうど向かいに位置し、「ブルーモスク」の名の方がひろく知られるこのモスク、その云われは内部の壁、天井、柱を覆う文様がほんのり青を帯びていることから。昔は全体的にもっと青みが強かったものの、近年の改修で天井などはより抑えられた色彩になっており、全体的に優しい色調で覆われています。一方で昔から残っている壁のイズニックタイルなどははっきりとした青が美しく、これもまた見どころの一つです。・・・・All About より引用 (クルート・アバウトドットコム・ジャパン)


ブルーモスクの威容  ① 正面です。 ブルーモスクに6基のミナレットが有ります。これには、当時スルタンの命令の「アルトゥン(金)」を「アルトゥ(6)」を聞き間違えた建築家が、金のミナレットを建てる代わりに6本のミナレットを建ててしまったといういわれがあります。また、当時メッカの聖モスクが6本のミナレットを持っていたため、これにあやかる代わりにメッカの聖モスクにミナレット1基が献上されたという話も残っています。現在ブルーモスクには世界で唯一、ミナレットが6基ある。


ブルーモスクの威容  ②




ブルーモスクの威容  ③




ブルーモスクの威容  ④




ブルーモスクの威容  ⑤ 青空に伸びる美しいミナレット(尖塔)




此処が入口です。 靴を脱いで備え付けの袋に入れてそれぞれ持ちます。




ブルーモスクのドーム内  ① モスクの内壁や蛇腹は16~17世紀初頭に作られたイズニックタイルで覆われていて、計2万1043枚もあるそうです。




ブルーモスクのドーム内  ②




ブルーモスクのドーム内 ③




ブルーモスクのドーム内  ④




ブルーモスクのドーム内  ⑤ ドームの天井を写した。




ブルーモスクのドーム内  ⑥  大きいです!!




ブルーモスクのドーム内  ⑦




ブルーモスクのドーム内  ⑧




ブルーモスクのドーム内  ⑨




ブルーモスクのドーム内  ⑩




ブルーモスクのドーム内  ⑪ 絨毯に座ってお祈りする場所ですね~




ブルーモスクのドーム内  ⑫ お祈りしてる人もいますね~~




ブルーモスクのドーム内  ⑬




ブルーモスクのドーム内  ⑭ ステンドグラス

 


ブルーモスクのドーム内  ⑮  ステンドグラス




ブルーモスクのドーム内  ⑯ ステンドグラス




ブルーモスクのドーム内  ⑰




ブルーモスクのドーム内  ⑱




経文でしょうか? 絨毯で織られていますね~




モスクの撮影は終わり出口で靴に履き替えです。




モスクの外は明るい日差しに眩しい事でした。


まだ続きます。


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

ステンドグラス!

同じ台詞ばかりで何ですが~~。

どうして、こんなに雰囲気のある鮮やかな写真をお撮りになれるのか???
やっぱり、美的センスですかね~。持ってお生まれになった、優しい美的センスが、カメラをお構えになると、自然にほとばしるのでしょうね~。

隅っこの、色の違うじゅうたん部分は女性の場所だったですよね~。
昔、連れ合いと二人で、個人旅行でイスタンブールだけ。。。バスでちょっと絨毯作りの街まで日帰りしましたが。。。行った時は、その女性専用の席で、横になって天井を眺めているうち、二人して、1時間弱、いつの間にか眠り込んでいました。

まだ仕事をしていたころで、前日は夜遅くまで働いていて、ほとんど眠らず、徹夜状態で翌日朝、成田から飛行機に乗ったもので、疲れがでたんです。

今回の写真を拝見していて、そんな昔のことを思い出しました。v-290

エヘヘ~

hiroshiさん  (^_^)/おはよーゴザイマス!!

拙い画像に何時も嬉しいコメント頂き有難うございます。
それも、上京でお疲れなのに恐縮です。

>隅っこの、色の違うじゅうたん部分は女性の場所だったですよね~。

そうなんですか? 知りませんでしたよ~~ トホホ~~
奥様と過ごされて~ 1時間弱、いつの間にか眠り込んで~~
お若い頃の楽しい思い出の場所~~!!  e-266 v-439

本当はアヤソフィアに入りたかったです。
修復後のイスラムとキリストの両方混在のモザイクや壁画を見たかったです。

昨夜の地震には驚きました。 震源が北海道なのに揺れました。
関東直下型のも予想されて居ます。 原発怖いです。

美しい!

たえこさん、こんばんは~

16~17世紀に建てられた建物とは思えないです。
広大でとても美しいですね。
神聖な場所として相応しいですね。

ようこそ!!

naoさん コンバンワ~

早咲桜のニュース見ました。 もう過ぐ河津桜の便りも聞ける時期になります。
二月に成りました。 月日が早く過ぎますね~~

イスタンブール旧市街は、モスクの数が多い上似たような出来です。
よく見ると色んな特徴があるのですが、私は混同しがちです。
今日も検索しても判らないモスクが有って四苦八苦です。

間違った表示したら迷惑かけるから、ネットの世界の怖さを思います。v-432
プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索