メトロポリタン美術館  ③

ニューヨークにて~ ⑧

中世ヨーロッパ絵画ギャラリー等の画像です。相変わらず翻訳サイトと検索によって調べて居ます。
正確さに欠けるのをお許しください。
コピペですから、意味不明の文章羅列です。推察されて下さい。
お判りの事がお有りの節は是非教えて頂きたいです。宜しくお願い致します。


「ダイアナ & キューピッド」「キューピッドの弓を壊すダイアナ」 ポンピオ Batoni (Pompeo Batoni )(Italian, Roman, 1708–1787)




「ドナーとその家族に囲まれたキリストの祝福」 ルドガー·トムリングエルダー (1575~80ドイツニーダーザクセン州の画家 )

 


「聖ヨハネ、洗礼の証人」 フランチェスコ作(イタリア、ヴィッラマーニャ 1469–1543 フィレンツェ)




「ヤコポ・ロブスティ ティントレット」  ヴェネツィア / ルネサンスの画家




ルドヴィコ・カルディ・ダ・チーゴリ/イタリア・フィレンチェ(1559年 - 1613年)




 ルドヴィコ・カルディ・ダ・チーゴリ/イタリア・フィレンチェ(1559年 - 1613年)
上の①と②は同じ盤のものです。



「Bullfight in a Divided Ring」「分割リングの闘牛」 ? 1816年 フランシスコ·デ·ゴヤ (1746~1828)
Attributed to Goya (Francisco de Goya y Lucientes) (Spanish, Fuendetodos 1746–1828 Bordeaux)  ・・メトロポリタンのホームページより



The Lacemaker Nicolaes Maes (Dutch, Dordrecht 1634–1693 Amsterdam)
レースを編む女 ニコラ ・ マース (オランダ、ドルトレヒト 1634–1693 アムステルダム)




「聖ヨハネのバプテスマの 説教」 バルトロメウス・ブレーンベルフ( Breenbergh )(オランダ語) ?
「The Preaching of John the Baptist」
Bartholomeus Breenbergh (Dutch, Deventer 1598–1657 Amsterdam) ・・・メトロポリタン(美)より




「ソクラテスの死」 ジャック・ルイ・ダヴィッド(1748~1825)

『ソクラテスの死』は、当時の美術愛好家トリュデーヌ・ド・ラ・サブリエールの依頼により1787年に制作され、同年のサロン出品時には大きな反響を呼んだ本作は、古代ギリシアにおける最も著名な哲学者のひとり≪ソクラテス≫が異神信仰を広め人々を堕落させたとの告発により、自身で弁明を試みるものの有罪は覆らず服毒自殺を命じられ、最後には毒人参の杯に口をつけ自ら命を絶ったとされる、弟子プラトンが綴った対話集などに記される有名な逸話≪ソクラテスの死≫を主題とした作品である。画面中央には弟子や牢番などソクラテスの支持者に囲まれながら魂の不滅についての演説を終え、今まさに毒杯を手にせんとするソクラテスが配されており、その天を指差す姿態は、宗教画における救世主の到来と悔悛を促す姿を容易に連想させる(※例:レオナルド・ダ・ヴィンチ作『洗礼者聖ヨハネ』)。また画面左側には目頭を押さえ悔し涙を隠しつつソクラテスへ毒杯を手渡す牢番と、ソクラテスに背を向け瞑想するプラトンが前景に配され、後景にはソクラテス自身が送り出したとされる縁者が部屋を出てゆく姿が描き込まれている。また画面右側には死を目の前にして冷静なソクラテスとは対照的に感情のままに師との別れを悲しむクリトンなど弟子らの姿が配されている。本作の主題選定に関しては様々に意見が出されているも、現在では当時の指導者らが犯していた不正に対する批判的精神が込められていると解釈される傾向にある。また逃亡し生き長らえるよりも、理想と信念のための崇高な死を選択したソクラテスの姿には、後のフランス古典主義における英雄的表現への展開の側面を見出すことができる。・・・・・サルヴァスタイル美術館 より


「ヤコポ ・ ロブスティ、ティントレット」  ヴェネツィア派を代表する画家。ティツィアーノの色彩とミケランジェロの形体を結びつけ、情熱的な宗教画を描いた。ヴェネツィアの染物屋の息子として生まれたため、「ティントレット(染物屋の息子)」と呼ばれるようになった。



「お風呂のバテ・シェバ」? ジュゼッペ ・ バルトロメオ ・ キアリ (イタリア、ローマ、1654â€"1727年)




「The Penitent Magdalen」 Corrado Giaquinto (Italian, Molfetta 1703–1766 Naples)
(イタリア、モルフェッタ 1703–1766 ナポリ)




Corrado Giaquinto, The Lamentation, 1740s
G Corrado Giaquinto ( 1703 ? 1765)
↑ を 翻訳 → ジョヴァンニ ・ バッティスタ ・ ペルゴレージ (1710年-1736 年)?? 


カナダ② 578
アンギエミシェル、1612年に(ノルマンディー、現在セーヌ=マリティーム県)に生まれ、1686年に亡くなった、フランスの彫刻家




「聖母マリアの死の受胎告知」 サミュエル・ファン・ホーホストラーテン生誕地、死没地はともにオランダのドルトレヒト




「羊飼いの礼拝」 ルドヴィコ  ジョンを軸受の証人洗礼者聖します。フランチェスコ ・ Granacci (イタリア、ヴィッラマーニャ 1469年か? 1543年




「バルコニーの下層階級の粋な娘」 フランシスコ・デ・ゴヤ Francisco De Goya (1746~1828)




「ドン・マヌエル・オソーリオ・マンリケ・デスニガ 」フランシスコ・デ・ゴヤ(1746~1828) 

ゴヤが1786年にカルロス3世の宮廷画家に任命された直後に、アルタミラ伯爵は、1784年に生まれたばかりの息子をはじめとする家族の肖像画を、この画家に依頼したと思われる。美しく着飾った子供は、中世以来ペットとして好まれたカササギをつなぐひもを手にする。背景には、3匹の猫が、いまにも飛びかかりそうにこの鳥を見すえている。古くからキリスト教美術においては鳥は魂を象徴するものとされた。ルネサンス美術では、幼子キリストは、しばしば糸に結ばれた鳥を手にしており、バロック期には、篭の中の鳥は無垢を象徴する。ゴヤは、明らかにこの肖像画によって、子供の世界が邪悪な力に侵されやすいことを示そうとしている。・・・(メトロポリタン美術館公式ガイドブックより) 
 

「ペピト コスタと Bonells?」  フランシスコ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス Bonnels、calledPepito。
ペピトの父王フェルナンド 七世の医者でした。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

拍手、喝采!!

素晴らしいv-424

良くお調べになりましたね~。ご苦労のほど、推察。同時に、感嘆しました。さすが、さすがv-221
頭が上がります。v-290

これは、完全にボケ防止の役目を果たしていますよね。ブログづくりで。
ホントに素晴らしい。感服しました。

hiroshiメも、見習わなければ。。。肝に銘じました。v-217

お暑い事です。

hirishiさん  オバンデス

キッと寝不足でしょう~~
お忙しいのに書き込み頂き恐縮です。

>これは、完全にボケ防止の役目を果たしていますよね。
そうです、そうです、 お陰さまで何とかキーボード打つことだけは大丈夫です。

エキサイトのコメントに~~  
こちらに入れず、ホームページに誘導ですか?
何故でしょうか? お手数お掛けしてスミマセン!!!   e-3

No title

王子がネコと一緒の絵に一票♪でネコが3匹居るような・・
どんな方法でヨーロュパ絵画がアメリカに渡ったのか、日本のもですが!?
たえこさんの情報収集にもhiroshiさん同様です。頭が下がります(#^.^#)
私もブログ頑張ります^^;

立秋?

ココンさん  お暑いね~~~

>王子がネコと一緒の絵に一票♪
うふふ  貴女らしいわね~~  3匹いますね~
あんなに広大な内部に、膨大な作品が有って驚きますね~ e-420  e-420

その後如何? いろいろごめんね~
掘り出し物捜したから考え中です。 もちろん添乗員付きのインサイドです。
如何なるかなあ?

No title

こんにちは。たえこさん!!
はあ~。とってもきれいな絵画ばかりですね~。キリストの祝福に満ちた優しい顔とかほんとに大好きです。

最後の2枚の子供。とても裕福な家庭の印象が強く出てますね。
どれも優しい感じで、こころが和みます~。

最近、仕事がとても忙しくなってきて。ありがたいことなんですけど。まだまだ言葉も中途半端で。
たえこさんのブログで今日は癒されて今から帰ります~。(@^0^@)

先日のコメントでウガンダにいた方のアドレス。もう一度添付していただいてもいいですか??お願いします~。

No title

たえこさん、こんばんは~

さながら、美術館にいる錯覚をするくらい、きれいに撮れていてビックリです!
絵心がないので誠に恐縮です。

これからなでしこが決勝です。
アメリカに勝って、堂々と金メダルを日本に持ち帰ってほしいです!
ガンバレなでしこ!!!



アリガトウ~~

あおちゃん  おはよう~

サッカーオリンピック決勝でアメリカ戦・・・ 早起きです。
接戦です!!  さてどうなるか?デス!!

>キリストの祝福に満ちた優しい顔とかほんとに大好きです。
そうですね~  コメントありがとう~~

>最近、仕事がとても忙しくなってきて。
本当に大切なお仕事です。くれぐれもお気をつけられてね~~ 応援してます。

>今から帰ります~。(@^0^@)
病院のパソコンからですか? ありがとうね~ e-266

>ウガンダにいた方のアドレス。もう一度添付していただいてもいいですか?
ハイ!  再度貼りました。見れると思います。

ガンバレ!!

naoさん  おはよう~

オリンピック観戦、お疲れ様です。レスリング吉田が金メダルですね~ v-354

>これからなでしこが決勝です。
>アメリカに勝って、堂々と金メダルを日本に持ち帰ってほしいです!
ハイ!  良い試合ですが~ 負けています。心配です。 ガンバレ~~~~~

残念でした。 銀メダルですが、輝いています!! v-20
プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索