韓国の旅五日目

世界遺産昌徳宮の観光  ①  (2011・6・8)

ユネスコ世界文化遺産・昌徳宮
1405年に景福宮(キョンボックン)の離宮として建立。壬辰倭乱(イムジンウェラン。文禄・慶長の役)で全て焼失した後、1615年に再建されました。約270年間正宮となっており、朝鮮王朝で王が最も長く住んだ宮殿で、王朝の生活様式・趣・思想などが伺えます。政務のための効率的構造に優れている景福宮に対し、昌徳宮は自然がひきたつ豊かな生活空間。中でも自然にあふれる庭、秘苑(ピウォン。正式には後苑ともいう)は韓国伝統庭園の真髄とも言われます。そうした景観の卓越や希少資料の存在などから、昌徳宮は1997年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。


昌徳宮  ①




昌徳宮  ②




昌徳宮  ③




昌徳宮  ④




昌徳宮  ⑤




昌徳宮  ⑥




昌徳宮  ⑦




昌徳宮  ⑧




昌徳宮  ⑨




昌徳宮  ⑩




昌徳宮  ⑪




昌徳宮  ⑫




昌徳宮  ⑬




昌徳宮  ⑭




昌徳宮  ⑮


ソウルの観光はあと少しですが、 8日に出かけますので~取り急ぎ、画像だけです。 

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索