韓国の旅三日目

石窟庵・仏国寺の観光  ②  (2011・6・6)

「倭から新羅を守る」その重要な防御地点の吐含山麓に建てられた、世界文化遺産に指定されている仏国寺は、現在もスケールの大きな寺院ですが、最盛期の8世紀には総2000間の60余棟の木造建物に成り立った壮大なスケールを誇っていたといいます。

伝承では、751年の金大城が創建、774年の完成以後も新羅の国の力で充実させ、80余棟の木造伽藍が立ち並んでいたそうですが、1593年の壬辰倭乱(文禄の役)で灰塵に帰し、石の建造物のみが残されました。

今ある壮麗な伽藍は30年前の復興によるもので、その歴史には、文武王が懸念したように東からの災厄の元凶・日本の与えた傷跡を意識しないわけにはいかないようです。 ・・・ソウルナビより


一柱門 一柱門とは、柱が一字の形で並んでいる門という意味だそうです。




天王門(チョンワンムン/천왕문)

天王門は、欲界六天の最下天にいる四天王のこと。四天王を奉安した門で、寺刹守護の機能を担当する四天王が彫刻されており、朝鮮後期の手法をよく表しています。東方-持国天王(琵琶を持ち)、南方-増長天王(剣を持ち)、西方-広目天王(竜を持ち)、北方-多聞天王は宝塔を持っています。


多宝塔(国宝第20号)




釈迦塔・三層宝塔(国宝21号) 多宝塔に向き合って立つ。




舎利塔の案内板の説明文を写した。




金銅阿弥陀如来坐像。




華やかなので写した。名前は??




「観音殿」




「羅漢殿」




寺院内  ①  名前は??




寺院内  ②





寺院内  ③




「極楽殿」  ① 屋根が素晴らしい




「極楽殿」  ②




「極楽殿」  ③





青雲橋・白雲橋(チョンウンギョ・ベッウンギョ/청운교・백운교)





蓮華橋・七宝橋




石段を横から  ①
共に33段ある二つの橋は仏教でいう33天を意味し、この石段を登ってをくぐると、そこはお釈迦様の彼岸世界である仏の国を表現する仏国寺の境内というわけであります。



石段を横から  ②  




石段を横から  ③




この寺は高い築台を築き、凡夫の世界と仏の世界を分け隔て、三十三段の階段(三十三天を意味)を通じて仏国の世界に至るようにした。




イノシシは皆さんの手でピカピカ




幸せを呼ぶ?  ベローナのジュリエット像を思い出しました。




大変な人気でした。




参道の風景が美しい。




もみじの木です。




プロペラ状の羽根が可愛い!




仏国寺の案内図・・・ 韓国観光ナビよりお借りしました。 広大な様子が判ります。 

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。たえこさん!!
お久しぶりです。ご無沙汰になってしまいごめんなさい~v-12
しばらく東北へ行っていました~。
海外へ行く前に日本でボランティアができてとても勉強になったし、被災地の方々とも会うことができて本当に私の財産となる経験ができました(^9^)

金のピカピカのイノシシが印象的です~
触りたい~!! 縁起がよさそうですv-10
最後の植物がとてもきれいですね。緑の中に赤があって、とてもいいです~
仏国寺ってこんなに広いんですね~

アリガト!

あおちゃん   コンバンワ(^ヮ^)

>しばらく東北へ行っていました~。

本当にご苦労さまです。 
あなたの様な専門家のて助けが貴重です。
みなさん喜ばれたでしょう~~

同じような画像ばかりですのに、コメント戴き嬉しいです。
有難う~~です。

おめでとうございます。

たえこさん、

大記録、おめでとうございます。
10万の大台、お越えになって、素晴らしいv-221
いかに、たえこさんの美しい画像を楽しんでいらっしゃる方々が多いか。そんな証拠の大記録、ほんとうにおめでとうございました。v-354v-359v-354

>幸せを呼ぶ?  ベローナのジュリエット像を思い出しました。

ホント、そうですね。
hiroshiメは、真っ先に、フィレンツェのロッジア新市場の、みんなが鼻先をなでるため鼻ピカの、あの「子豚ちゃん」イノシシを思い出しました。

あり

hiroshiさん  こんにち(^ヮ^)

>大記録、おめでとうございます。

まあ~~ 有難うございます。
本当に恐れ入ります。 ダブルカウントですからお恥ずかしいです。

>フィレンツェのロッジア新市場の、みんなが鼻先をなでるため鼻ピカの、あの「子豚ちゃん」
流石!! イタリア通!! 鼻ピカが有るんですか?

ジュリエット像は恋が叶う? おばさんたちが触ってどうする? でしょうか?v-432
プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索