韓国の旅二日目

百済の都・扶余にて  ⑤   (2011・6・5)

白馬江を遊覧船で川下り、クドレの船着場から国立扶余博物館に行きました。

扶余博物館は、扶蘇山城の南側山麓、百済王朝の宮廷跡に建っています。
広い館内を歩いて行きます。アチコチに無造作に置かれてる、統一新羅時代の亀趺や、高麗のころの石仏・石塔などが並んでいます。さっさと行くのは勿体ない物が一杯有りました。 



扶余博物館に向かって歩きます。 綺麗なお屋根の建築を見ながら~




現地の観光客は子供が賑やかです。 そのあとに続きます。




大きな石の構造物です。華やかな建物の中です。 貴重な物と思われます。




文字が彫られて、上の方には何かの像も有ります。 写しただけで残念です。




広大な庭園の奥に扶余博物館が有ります。




扶余博物館が見えてきました。




行燈の様な新しい案内板です。




古代建築様式に模した建物の「国立扶余博物館」には、1万3000点余りの、先史時代以降の遺物、特に百済時代を中心とした遺物が展示され、仏教文化の花咲いた百済に触れることができます。



屋外展示品  ① 「石亀の像」です。




屋外展示品   ②  表情がとっても良い石像ですね!!!




屋外展示品  ③  灯篭では無いし?


次回は扶余博物館内の展示品に成ります。
コメント欄閉めています。次回によろしくお願いいたします。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索