ハンガリーにて~

パンノンハルマ にて~  ①  (2010.10・24)

アイゼンシュタット(ウィーン)の観光後、途中の街「ルスト」でランチ後、パンノンハルマ(ハンガリー)に行きました。
まず、ベネディクト会大修道院に入りました。

ベネディクト修道院として996年に建てられたものです。もう千年以上の歴史がある。
16世紀のオスマン帝国の侵攻やその後の世界大戦の時期に一時は要塞など別の用途に使用されたりもしたが、困難を乗り越えて、修道士達が修復しながら守り続けてきました。
現在も50人近い修道士がここで暮らしています。ハンガリーでは最古級の歴史的建造物であり、パンノンハルマ市では最も有名なランドマークでもある・・検索にて~


パンノンハルマの大修道院。現存する最古のキリスト教の教会だそうです。




パンノンハルマ修道院の付属教会への入口。美しいクジャクの彫刻です。




鷹でしょうか? 




マリア様の絵画




祭壇の様子。




修道院内聖堂、素晴らしい、マリア像とステンドグラスです。




聖堂のステンドグラス  ① ステンドグラスも、最古級の歴史的建造物の雰囲気があります。




聖堂のステンドグラス  ②




聖堂のステンドグラス  ③



中欧にて 1647
回廊のステンドグラス  ① 華美なデザインでないのが好ましいです。





回廊のステンドグラス  ② 外が見えてるんですね~~




回廊のステンドグラス  ③




回廊のステンドグラス  ④




回廊のステンドグラス  ⑤




1001年に奉献式が行われた地下聖堂です。暗い中に有るので雰囲気は怖い感じでした。




回廊の南扉口「ポルタ・スペツィオーサ」




回廊の南扉口「ポルタ・スペツィオーサ」 縦に写して~
十三世紀建造部分です。

※修道院内の見どころ
「ゴシック様式の星形リヴ・ヴォールト天井を持つ聖殿、礼拝堂、1001年に奉献式が行われた地下聖堂、ハンガリーで唯一完全な形で現存する中世の回廊、赤大理石の扉口ポルタ・スペツィオーサに残るルネサンス様式の彫刻、36万冊という世界最大の蔵書を誇るベネディクト会図書館と古文書館(ハンガリー最古の現存するハンガリー語文書である、1055年の日付のあるティハニ修道院Tihanyi Apatsagの創設趣意書はここに収められている)、学術・芸術コレクション」
(ハンガリー観光局HPステップ・バイ・ステップ・ハンガリーより抜粋)

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは、たえこさん。
綺麗なステンドグラス達。
うっとりしますです。
良いですね。
祭壇のお写真も素晴しいです。
たえこさんの所は原発の事でお困りな事はないですか?
東京も早々に真っ暗になっちゃって、とっても寂しいです。

有難う!

murmur1さん  こんばんわ~

まだ肌寒ですが、さくらも咲き始めて良い季節になりました。

>たえこさんの所は原発の事でお困りな事はないですか?
有難うございます。 やはり「放射能」「放射線」などの拡散の心配です。
若い方ほどこれからの人生に影響大です。 心配です。

われわれは十分生きて楽しんで居ますが、
若いあなた方のこの先の人生がこれ以上悪化しない様願うものです。

貴女も無理の連続でしんぱいです。 お身体をお大切に!!

No title

たえこさん、こんばんは~

余震は徐々におさまってきた感じがしますが、福島や茨城沖ではまだありますね。
たえこさんのお宅の方はいかがでしょうか?まだ体が揺れている感じがしますか?

教会のステンドグラスがきれいです。
ヨーロッパの教会のステンドグラスはどこもこのように美しいです。
写真がシャープで流石の撮影です。

今日も~

naoさん  コメント有難うございます。

>たえこさんのお宅の方はいかがでしょうか?まだ体が揺れている感じがしますか?
今日も2時前に、下から突き上げる様なのがありました。
頻繁に有るから、弱いのは知らせが有りませんね~

何時でも揺れてる感じが有るから違うかな?っ思いますが、気象庁のホームページ覗いたら
05日13時54分頃地震がありました。
震源地は茨城県南部 ( 北緯36.1度、東経139.9度)で震源の
深さは約40km、地震の規模(マグニチュード)は3.1と推定されます。・・・・ でしたよ~ハハハ~~~

何時までも同じ旅日記にお付き合い戴き感謝です。 v-421

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索