プラハにて

プラハの観光 ③   (2010・21)

チェスキー・シュテルンベルグ城の様子です。

プラハから40km南方の森の中にあるチェコで最も古いお城の一つです。240年の歴史を持つシュテンベルク(Šternberk)家の貴族が、現在もここで生活を営んでいます。城内では、美術品や昔の貴族が所有していた貴重品などを見ることができます。


鍋にホットワインが有料で用意されて居ました。遅かったので飲めず残念でした。
どんなお味かしら?「イケる」って、どなたかが~ 


宮殿の見学に成ります。

城内の階段には鍵付の鉄の門があって、他のチェコのお城と違ってあまり観光地化されて居ない様に思われます。
内部は外見とはうって変わってとても豪華な様子です。

素敵な銀食器がセッティングされた食堂やフレスコ画の美しい部屋、パイプや銃などのコレクションなど、
沢山のの部屋を見学しました。
赤い内装のお部屋はアットホームな雰囲気です。



階段を上ります




明り取りから明るい光が差し込む渡り廊下を静かに進みました。




お城らしい豪華な室内ですが、上品です。




白を基調の重厚な室内です。




煌びやかで無いのが素敵です。




歴代の城主の肖像画が有ります。




貴重品を入れる物でしょうか?




祭壇でしょうかね!




祭壇を大きく写した。




天使の像のお城らしい装飾です。




お城の絵画が飾られてます。





客間ですね~ どの様なお客さんが見えたのでしょうか? 




ダイニングはこじんまりとして宮殿の様な雰囲気では無いがアットホームな感じと思います。




赤い壁紙です。




暖かい雰囲気が良いですね!




アットホームな雰囲気で優しいお部屋でした。




事務机でしょうか?




優しいお顔の城主の肖像画です。




このお人形が目を引きます。母子像は豪華な衣装を纏って居ます。




木製の細工が贅沢なお品です。活き活きとした調度の木目に細工がスゴイ!




陶器の暖炉です。 
ストーブの後ろに薪を燃やす別部屋があって、使用人が火を絶やさないようにしていて、陶器製のストーブを暖めた放射熱で部屋を暖めるそうです。部屋全体が暖まるのに、24時間かかるそうです!



銃が有ります。 護身の為に大切な物でしょうね~




長い銃です。狩猟用かな?




狩りで射とめたのでしょう~ 色んな角が飾られて居ました。

これで終わり城外に成ります。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

たえこさん、

今回もまた、画像が、画像がv-341v-342v-341
まるで美術書の写真のようです。
画像にゆがみがないのも素晴らしいv-354e-343v-354
広角レンズをお使いではないですね。何ミリぐらいでお撮りなんでしょう。

掲示板では、お疲れ様でした。
皆さん、お喜びのことと思います。
たえこさんのおかげです。

調べました!

hiroshiさん オバンデス(@^^@

>広角レンズをお使いではないですね。何ミリぐらいでお撮りなんでしょう。

詳しくないんですが~ボデーはニコンのD80です。
レンズはタムロンのAF 17~50mmです。 少々広角・望遠・接写出来ます。
ただ写す素人です。

掲示板の事は本当に良かったです。
予想しない成り行きにヤッターでした。  v-238

No title

たえこさん こんばんは。

珍しいお城の中の写真をたくさん見せていただき、ありがとうございます。
仰る通り、豪華だけど落ち着いた雰囲気なんですね。
特に面白いと思ったのは、陶器の暖炉。
陶器でできている外観だけでも珍しいな~って思いましたが、隣の部屋でずっと薪を燃やしている使用人がいるなんて!想像もつかない世界です。

ところで、藤原さんの掲示板で何か魔法を使われたのでしょうか?
さすが、たえこさん。素敵過ぎます!!

お節介かな?

まゆきさん こんばんわ~

年金生活者は、 お忙しい現役の皆さんに感謝です。

>ところで、藤原さんの掲示板で何か魔法を使われたのでしょうか?

暇人は、お節介したんです。  優良サイトだからですよ~
下に広告が入るのがミソなんです。   v-353  v-353

>珍しいお城の中の写真をたくさん見せていただき、ありがとうございます。
そう言って戴いて有難うございます。
長々載せて恥ずかしいんですよ~
プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索