プラハ(カレル橋)

カレル橋の観光  ②    (2010・1021)

カレル橋の下を流れるヴルタヴァ川を眺めながら~

スメタナ作曲、連作交響詩「わが祖国」の第2曲の「モルダウ川」として知られる。
私も大好きな曲なのが嬉しいです。

ヴルタヴァ川はチェコ国内最長の川である。ボヘミア地方を南から北に流れ、エルベ川に合流する。
ドイツ・チェコ国境に位置するエルツ山地(クルシュネー・ホリ)の、チェコ側にあたるシュマヴァ山地のチェルナー・ホラ山(Černá hora)付近や、ドイツ側のバイエルンの森に発する複数の川を源流とする。ヴルタヴァ川に建設されたダムのうち、最大規模の人工湖であるリプノ湖(Lipno)を経て、ヴィッシー・ブロトで大きく流れを北に変えた後、チェスキー・ブジェヨヴィツェ、プラハを経てムニェルニークでラベ川に合流する。・・・・ウィキペディアより引用



「モルダウ川」の眺め~  ①  スメタナの曲の「わが祖国 」でお馴染交響詩第2曲の「モルダウ」の風景がここに有る!!




「モルダウ川」の眺め  ②  最高の景色です。




「モルダウ川」の眺め  ③  良い眺めを堪能しました。




「モルダウ川」の眺め  ④  雲と空の青が綺麗です。




お船が居ます。 船から橋を写したら良さそう~~




左に見えるのが、聖フランシスコ・ボルゲンシス(1710年作)?




この小さな像も皆さんの願のタッチでピカピカです。




欄干に立ってる彫像  ① ヨーロッパに現存する最古の石橋。 30体の彫像が有る。ヤン・ネポムツキー像(1683年作)




欄干に立ってる彫像  ② ヤン・ネポムツキー像の台座を触ると幸せになるということで、みんな触っていました。 たくさんの人が触るのでそこだけピカピカに光っている。




欄干に立ってる彫像  ③ 聖アン(1707年作)カレル橋の彫像の中で唯一大理石で彫刻されたもの。




欄干に立ってる彫像  ④ 聖カルヴァリ(1629年作)
~十字架を背負うキリスト像。カレル橋の30体の彫像の中で、一番最初に造られたもの




欄干に立ってる彫像  ⑤  聖ギリルとメトディ(1928~38年作)




美しい対岸の景色  ①  綺麗なのでいっぱい写して~




美しい対岸の景色  ②  プラハ城の塔が見れました。
 



美しい対岸の景色  ③
 



美しい対岸の景色  ④




橋の上で会ったご家族!




おばあさまもご一緒に記念撮影!




ウェブサイトに載せて良い? 勿論了解でした♪




クレメンティヌムの聖サルヴァートル教会・(プラハで最初のイエズス教会)のファサードです。沢山の像が有るのね~




旧市街側の橋塔です。塔の中程、左からカレル4世、聖ヴィート、ヴァーツラフ4世の像があります。この橋塔は、1400年にペトル・パレーシュによって建設された美しいゴシック建築の門塔です。当時は、通行料を徴収したり橋を守る為に建てられたものです。


これでカレル橋の見学は終わりました。 沢山の彫像に驚きます!!

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

謹賀新年

たえこさん!!
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますね☆
大変新年の挨拶が遅くなりすみませんでしたv-292

新年からとてもきれいな写真をありがとうございます。
モルダウ川がきれいですね。空の青空がきらきらとしていてさらにきれいです。
最後の門すごいですね。迫力あります~
たえこさんの写真の撮り方、今年も勉強させていただきます。

末永くお付き合いさせてくださいね。
今年もよい一年にしましょうねv-290

ようこそ!!

あおちゃん  

明けましておめでとう御座います。
本年も宜しくお願い致します。 
 
ご挨拶戴き有難うございます。
お忙しいと思います。本当にご苦労さまです。 皆に代わって御礼申し上げます。

>末永くお付き合いさせてくださいね。
ハイ! こちらこそ宜しくお願い致します。

プラハは初めてでした。 本当に綺麗でした。行って良かったです。  e-420

青空の下

たえこさん、こんばんは~

青空の下、彫像が素晴らしく撮れていますね!
チェコの町並み歴史を感じさせますね~

旧市街側の橋塔が凄いです。
600年も前に建てられた建造物とは思えません。
何時も思うのですが、当時の設計のレベルが凄い凄いです。


ありがとう!

naoさん  ようこそ!

あおちゃん共々、お忙しい毎日本当にご苦労さまです。

チェコの観光がまだ続きます。 見て頂いて有難うございます。
黄葉の美しい時で良かったです。

鳥羽の様子スゴイ~~ 
お船にも乗られていっぱい美味しいもの召し上がり羨ましい事です。

日本食の画像が羨ましいです。
日本人に生まれて~ 幸せですよね~  e-419

No title

たえこさん、新年のご挨拶もこんなに遅れてしまいまして
すみませんです。
たえこさん、今年も、いえいえい、これからもず~~~っと末永くお付き合いを頂けましたらうれしいです。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。
スメタナの「モルダウ川」
私も好きな曲です。
その川がこの川なのですね。実際に目にする事って大切な事ですよね。
空のブルー建造物の美しさがとても際立っていますね。
イッッたことの無い街の画像、それもたえこさんの画像で見せて頂けるのは
凄く嬉しいです。

あけおめ♪

murmur1さん ようこそ!!

謹賀新年! 今年も宜しくお願いいたします。

>新年のご挨拶もこんなに遅れてしまいまして
お忙しいのにお出で頂くだけで嬉しいですよ~
その上我がサイトを紹介して頂いて~ 有難うございますデス!!
なんとも~ 恐縮です。

>これからもず~~~っと末永くお付き合いを頂けましたらうれしいです。
千の風に成るまで宜しくお願い致します(笑)

>スメタナの「モルダウ川」 私も好きな曲です。
ね~~ 良いですよネ~~!! ララララ~ ラッラ って音痴ですが~ 口ずさんでいます。

おひさしぶりです

たえこさん、

ご無沙汰しております。
夫にメールしてくださったのだと思いますが、もう使えなくなっております。
ホームページ、その他のコンピューター関係はすべて夫がしておりましたので、私は全く分からないので困り果てております。、
子供たちが最低限度のことはやってくれましたが、HP、その他のことは契約期限が切れたところで、閉めさせていただくつもりでおります。

胃がんでしたがそれなりに落ち着いていて、元気にクルーズを楽しんでりました。
急に悪化して、まことにあっけなく他界いたしました。
夫らしい死に方だったのかな~と思っております。
定年後の十年間はクルーズに出会ったおかげで、楽しく有意義な人生を過ごしました。
たえこさんを始め、多くの素敵な方々との出会いは、夫の人生を美しくにぎやかに彩ってくださって、感謝に耐えません。

老後に住む予定をしておりました老人マンションに移り住みました。
明石海峡を通過する船を毎日見ながら、のんびり過ごしております。

夫のいない暮らしは「寂しさ半分、気楽さ半分」ってとこでしょうか。
これからの人生、元気に楽しく過ごそうと思っております。
どこかの船で出会いましたら、よろしくお願いいたします。

                 井上 美恵子

ようこそ!!

みえこさん  先程の書き込みでお出で頂いたのですね?
嬉しいです。
お元気が何よりです。

みえこさんのホームページにあるアドレスからメールしましたがエラーでした。
実はあの掲示板の運営会社に問い合わせたんです。
返事が有ったので経緯をお知らせしたくて~

あのサイトが公表しないで欲しいそうなのでここでは書けませんが~
画像貼付が出来る様になりました。 良かったです。
優良サイトが何時までも運営されたら藤原さんのお喜びと思います。

お宅の掲示板は本人が削除しない限り無くならないそうです。
私もブログ(エキサイト)の運営会社に問い合わせた所、更新しなくても削除されないそうです。
私の生きた証ですから嬉しいです。

>HP、その他のことは契約期限が切れたところで、閉めさせていただくつもりでおります。
それは残念です。プロバイダー契約を止めたらでしょうが、貴女もお使いですから、それは無理でしょう?


>胃がんでしたがそれなりに落ち着いていて、元気にクルーズを楽しんでりました。
急に悪化して、まことにあっけなく他界いたしました。

そうですか? それは辛いお話しです。  何れ我が身なんです。
どちらが先に千の風? そんな時貴女の気丈な姿勢を見習います。
これからも宜しくお願い致します。
お出で頂いて嬉しいです。

>老後に住む予定をしておりました老人マンションに移り住みました。
明石海峡を通過する船を毎日見ながら、のんびり過ごしております。

理想的な事です。私の行方はそんなように出来ないでしょうね~

>夫のいない暮らしは「寂しさ半分、気楽さ半分」ってとこでしょうか。
気楽半分有って宜しいかな? 私もそうかも? ハハハ~~~

>これからの人生、元気に楽しく過ごそうと思っております。
>どこかの船で出会いましたら、よろしくお願いいたします。
こちらこそ、宜しくお願い致します。

こちらにお越しの時はみんなで、お会いしたいです。

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索