ノルウェー(オスロ)

四日目(六月十八日) ① オスロ港に入港した。


首都オスロは1000年の歴史を持つ古い街です。古い街並みと新しい設備、公園の緑が調和したとても美しく気持ちのよい街です。バスにて市内観光。船の隣の歴代王族が眠るアーケシュフース城からスタートし、車窓から国会議事堂、国立劇場、オスロ大学、王宮などを見学、オスロのシンボル・フログネル公園へ。
彫刻家ヴィーゲランの作品によって構成されている公園で、生前のヴィーゲランとオスロ市の間で交わされた契約により無料で開放されています。また、彼は作品に解説をつけていなかったので、見る人によって解釈が全く変わってきます。人間の人生をモチーフにした彼の作品、特に丘の上に立つ121人の老若男女の像で構成されているモノリッテン(人間の塔)は圧巻でしたね。その後、ヴァイキング船博物館へ。8~9世紀のヴァイキング船が3艘展示されていた。


東の空が明るくなって来た。
20070712165755.jpg



段々陸地が近づいてきた。
20070713090407.jpg



ヨットが一隻静かに走っていた。
20070712165708.jpg



港に沢山の施設も有る。天気は良さそう♪
20070712165731.jpg


これから観光です。少々お待ちを~~明日に!


コメントの投稿

非公開コメント

素晴らしい! きれいな写真ばかり!!

この後、観光写真を見られるるのですね?
王宮はでるのかな? オスロ中欧駅は? カール・ヨハンス通りでお茶されました?

あの歩行者天国を、また歩いてみたいです。
早く写真を見たいです。楽しみにしています!

残念でした。

hiroshiさん ツアーでいっぱいのスケジュールでした。

>カール・ヨハンス通りでお茶されました?
その様な、優雅な事ば有りませんでした。 残念
忙しく~でした。
王宮は行きましたよ~ フログネル公園で~子供達の写真有ります。
賑やかな画像は私の得意分野です。
プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索