新潟の旅

日本スキー発祥記念館にて

この記念館はスキー発祥80周年を記念して建設され、平成4年4月にオープンした。

明治44年(1911年)1月12日、当時のオーストリア・ハンガリー帝国の軍人レルヒ少佐が、上越市において日本で初めてスキーの指導を行いました。これが日本のスキーの始まりです。
レルヒ少佐は軍事視察を目的として来日し、1年余りを高田で過ごした。
陸軍第13師団の長岡外史師団長らと、スキーの指導に力を注いだそうです。


記念の石碑




こじんまりしたお洒落な記念館でした。




記念館裏のゲレンデです。




スキーの歴史




等身大のレルヒ少佐




袴姿も凛々しい女性像。




初めは、一本のストックで滑ったんでしょうか?




展示品




スキー交流サロン、お洒落な内装です。




スキー交流サロン。




色んなスキーが飾られています。




古い板スキーです。




記念館の美しいステンドグラス!!

一般的に、日本の「スキー発祥の地」は、1911(明治44)年にオーストリア軍人、テオドール・レルヒ少佐がスキーを教えた、新潟県高田(現・上越市)となっています。しかし、ハンス・コラーが札幌農科大学にスキーを紹介したのはその3年も前のこと。なぜ、札幌が日本の発祥の地ではないのでしょう。
 実は大正時代に「スキー発祥の地」をめぐり、札幌か高田かで論争が起こりました。結論は、「確かに最初に滑ったのは札幌だ。しかし正式なスキー術を持ち込み、全国普及へのきっかけを作った高田こそ、発祥の地とすべきであろう」ということになり、高田に軍配があがったのです。  ・・・検索にて

テーマ : ちょこっとお出かけ写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

すご~~い!

来年でちょうど百周年ですか。
知りませんでした。高田市が発祥の地であったことなどは。

>しかし正式なスキー術を持ち込み、全国普及へのきっかけを作った高田こそ、発祥の地とすべきであろう

これも、もちろん知りませんでした。そんな論争も知らなかったです。
勉強になります。たえこさんのブログは。

自分が子供のころ、大人のスキーは、大人の背丈よりも高く、手を上に伸ばしたくらいがその人の適合スキーサイズと聞いたものですが。。。
学生時代のころは、スキーを買いに行ったら、「背丈よりもちょっと短く、肩の高さくらいで」。。。となっていました。

今はどんな具合なのでしょうね。
スキーは、子供たちが小学生であったころに泊りがけで行ったのを最後に、やったことがありません。
この歳でスキーをしたら、即、骨折で証ねぇ~(涙

そうですよ~

hiroshiさん  おはよう☆彡ございます♪

日本の「スキー発祥の地」・・・私も連れて行って頂いたから知りました。  
未知の場所ばかりでした。目を見張って居ました。
親戚に感謝です 。e-415

>スキーは、子供たちが小学生であったころに泊りがけで行ったのを最後に、やったことがありません。

ハイ!我が家も同じです。 夫は寒がりで宿で過してましたが~ 
私は若い頃にほんの少しだけ滑ってた経験がありました。
子供には体験させたくて連れて行きました。
長男は今でもスキーに行くので習わせて良かったです。 e-221  e-221


たえこさん こんにちは!

高田がスキー発祥の地だったのですか。全然知りませんでした。
そしてこんな素敵な記念館があるんですね。
確かに高田は雪深い場所ですから、スキーには適していたかもしれません。
それにしても、女性は袴でスキーとは!?
よく、こんな優雅な格好でスキーができましたね。
驚きの連続です。

スキーと言えば、子供の頃はまだ竹スキーもありました。
川の土手で滑ったこともあったなぁ~なんて。
いろんなことを思い出しました(^^)

オバンデス!

まゆきさん  オバンデス~~☆゛★♪

スキーはお上手でしょうね~ 
信州ではソリも楽しみましたよ~
スキーは数回しかして無くて~

>それにしても、女性は袴でスキーとは!?
ネッ スゴイですよ~ 転んだら~? うふふです。

キリッと美しい方ですよね~~ 良家の淑女?
 
プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索