イスラエルにて

エルサレムの観光   ②

現在イスラエルはこの街を首都としている。しかし、日本をはじめ主要国はこれを認めていない。エルサレムの帰属は1967年の第三次中東戦争でイスラエルがエルサレム全域を制圧し自国領土としたことによる。1947年のもともとの国連決議では、エルサレムの西側がイスラエル領、旧市街のある東エルサレムはヨルダン領とされていた。

10月13日イスラエル T 161
バスから見たイスラエル市内  ①




10月13日イスラエル T 152
バスから見たイスラエル市内  ②




10月13日イスラエル T 134
バスから見たイスラエル市内  ③





10月13日イスラエル T 093
万国民の教会がみえます。




10月13日イスラエル T 133
万国民の教会に至る所で下車




10月13日イスラエル T 131
樹齢2000年を越えるオリーブの木です。庭園の奥に万国民の教会が建っている。




10月13日イスラエル T 104
万国民の教会の美しい壁画




10月13日イスラエル T 107
教会の入り口  ①




10月13日イスラエル T 129
教会の入り口  ②




10月13日イスラエル T 115
教会の入り口  ③




10月13日イスラエル T 118
教会のステンドグラス




10月13日イスラエル T 116
木彫細工が美しい。




10月13日イスラエル T 125
室内からはもっと美しい!




10月13日イスラエル T 117
教会内の一コマだけです。美しい教会内部の様子は、次回にまとめて載せます。



エルサレムa
エルサレム周辺の地図 アシュドット~エルサレム迄移動、緑のライン引いてみました。


イスラエルの出入国を示すスタンプがパスポートに押されますと、そのパスポートでは下記の国々には渡航できなくなります(査証も発給されません)。出入国の際パスポート本体にスタンプを押さない形で手続きを済ませることができますが、係員が誤って押してしまうことがあるので注意が必要です。

参考迄に~
【イスラエルのスタンプがあると渡航できない国】
イエメン、シリア、レバノン、リビア、サウジアラビア、
スーダン、オマーン

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

新約聖書の「ゲッセマネの園」に建つ教会の、ファサードのモザイクが見事ですね。

そうなんですよね。

>スタンプがあると渡航できない国

お書きになっている国々のうち、地中海圏で、まだリビアに行ったことがないんです。正式に入国禁止措置を明らかにはしていませんが、アルジェリアも入れてくれない、と聞いています。アルジェリアも行ったことがないんです。

昔、友人がイスラエルに仕事で赴任していました。
が、その時滞在は、お書きになっているとおり、国際的に首都、として認定されているテルアビブに滞在していました。

2~3年くらい前でしたっけ?
エルサレムをイスラエルとパレスチナ双方の首都に、と言い出した北欧のかの国をはじめヨーロッパ勢に、イスラエルが噛み付いていたのは。。。

恐縮です。

hiroshiさん  (*゜ー゜)_ぉは~ヨゴザイマス

>スタンプがあると渡航できない国
そうなんですよ~ 急いでパスポート見ましたがイスラエルのスタンプが無かったです。

船内での入国審査は簡単でした。
インドネシアのスタンプが有ったのに大丈夫でした。良かったです。
今度の添乗員さんもコモド島に行った時の添乗員さんでしたが~

イスラエルの査証、出入国スタンプが押してある場合、エジプト、ヨルダンを除くアラブ、イスラム諸国では入国を拒否されることが多々あります。・・・ 外務省のホームページにて

複雑な国に行けて、無事帰国が、今更乍ら、ホッとしています。

ごめんなさい~

エラワンさん

嘆きの壁の様子にコメント有難うございました!!

実は下書きでしたのに送ってしまいました。
③もまだでしたので、次々回の公開まで記事も、コメントも、隠しました。
少々お待ち下さい。 本当に失礼致しました。 v-421

No title

こんばんは、たえこさん。
教会の壁画、素晴らしいですね。
写真でこんなに迫力が有るのですから、たえこさんがその場でご覧になられた
時はどんな感激を受けられた事だろうと思いました。
それに木彫細工の美しさ。日本の欄間にも似た物を感じます。
どちらも素晴らしい技術です。
次回、もっと内部も見せて頂けるのがとても楽しみです。
たえこさん、元気になりました。お仕事も少しずつ始めました。
連休が明けたら普通通りの生活に戻ります。
寒いと、傷はまだ痛いです。笑っても痛いです。
でも元気になったから嬉しいです。
いつも心配して下さって本当にありがとうございます。
まんぷく2号の情報有り難うございました。
ほんの少しずつ、実も大きくなってるのかなあ、って感じです。
じ~~っと、我慢の子で大切に育てます。

No title

いえいえ、私が早まったようですね。
いいものを見せていただきました!!
当たり前ですけれど「祈りの場」であることを感じます。
すごいステンドグラスですね!
お天気でよかった!!日頃の行いの賜物ですね!
実際に見ると、その神々しさは言葉にできないでしょう!

個人行動が好きな私もさすがにイスラエル(に行けたなら)は、エクスカーションにします。
その時のために、たまには聖書を読まねば。。。
実は母に「一人で個人旅行禁止令」を出され困っています。
でも最近韓国でも事件や事故が多いので、時の運とは言え、天変地異も含め、
平和に自由旅行ができる時代は終わったのかなぁと思います。
ツアーで、連れがいればいいそうですが、連れはなかなかみつかりません!
クルーズなら、お許しが出るかな。。。

No title

たえこさん、今晩は!

イスラエルの歴史、置かれている立場等は、いろいろな国のからみがあり複雑ですね。
イスラエルにも周辺国にも、恒久的な平和が来ることを希望します。

きれいな教会ですね~~~
室内から撮影した画像がすばらしいですv-10

痛いの?

murmur1さん  沢山コメントアリガトウデス!!

>連休が明けたら普通通りの生活に戻ります。
大変でしたね! 無理すると傷などの直りが悪いでしょう?
医者に説法で~ でも、医者の不養生が~~心配です。  v-433

何処を切られたのかなあ~ 痛いんですか? 笑っても痛いのですか?
それは大変! 何時もころころ笑ってるんでしょう~~?? イタタタ^^^
咳してもだったり、 可哀相に~~~!!

>それに木彫細工の美しさ。日本の欄間にも似た物を感じます。
私もそう思いましたよ。 実家の古い欄間に似てます。 実家のは大したこと無いんですが~

まんぷくちゃん、実も大きくなってるの? スゴイ!!  筆で受粉? 楽しみ!! v-352

ゴメンナサイ!!

エラワン さ~~ん  本当にごめんなさいね~

見直さない悪いクセです。
折角のコメント隠してしまい~  しばしお待ちを~

>その時のために、たまには聖書を読まねば。。。
まあ~ エライ! そうか? そんな事も気がつかず、歴史の勉強も中途半端が恥ずかしいです。

>実は母に「一人で個人旅行禁止令」を出され困っています。
私は娘が居ませんが、居たらお母さんと同じ、断固反対です。

お母さんとご一緒に行かれて下さい。 それが一番ですよ~

お金が有って、夫が良いと言ったら貴女と同室も良いわ~ 
しかし、喧嘩別れに成ったりして~  うふふ~  v-431  
誰とも合わせられるけど~ 意外と難しいかな? 他人同士。 

コスタで同室の男性同士が、 やっと旅が終わり嬉しいと~~ 綺麗好きな人でしたから~ 難しいのかなあ~

ありがとう!

naoさん  (* ^-^)ノこんにちわぁ~

あおちゃんが元気で復活でした。良かったです。
皆さんのお仕事で生かされて居ます。感謝です。  e-420

今度の旅は、イスラエルが入って居たので心配でしたよ~
ネットで調べたら、何でもも無く帰国と読んで安心でした。
今の所紛争が無いから、何時、何が起きるかですよね~
運が良かったと思います。

>イスラエルにも周辺国にも、恒久的な平和が来ることを希望します。
本当に!! イスラムの国々の自爆テロは、何時までも続くのか?悲しいです。

教会の撮影はデジカメの威力です。 実際より綺麗に写りましたよ~


No title

たえこさん、こんばんは。

しばらくご無沙汰していました。
教会のステンドグラスが素敵です。
あまり色を多用せず、モザイクのような模様が好きです。
それと、教会に木彫り細工というのが珍しいように思うのですが。
私が知らないだけかもしれませんが、、、
こちらにも木彫りの盛んなところがあるので、親近感が沸きました。

有難う~♪

まゆきさん  おばんです!!

木彫り本当に珍しいと思います。 詳しく無いんですが?
細工が素晴らしいでしょう~~
風雨にさらされて居ますが、余計雰囲気有る様に思います。

>あまり色を多用せず、モザイクのような模様が好きです。
意外と質素なステンドグラスでした。
教会内のイコンが目立つ様な?雰囲気? 詳しく無いんです。恥ずかしですよ~
プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索