イスラエルにて 

エルサレムの観光   ①

イスラエルで一番大きい港アシュドットに着きました。
アシュドットはイスラエルの重要な商業港です。

略史
ユダヤ民族の歴史は聖書の創世記に始まる。紀元前10世紀古代王国が栄えるが、やがて王国は北と南に分裂し、各々アッシリアと新バビロニアに滅ぼされる。その後、ギリシャ、ローマの勢力下におかれ、最終的にローマの圧政に反乱を起こすが、鎮圧されて古代ユダヤ史は幕を閉じる。以後2千年近くにわたりユダヤ民族は世界各地に離散。19世紀末欧州で勃興した反ユダヤ主義を契機としてシオニズム運動が起こり、20世紀初頭よりユダヤ人のパレスチナ移住が増大。1947年国連総会はパレスチナをアラブ国家とユダヤ国家に分裂する決議を採択、イスラエルは右決議を受け入れ1948年独立を宣言。1948年、1956年、1967年、1973年と周辺アラブ諸国と4度にわたり戦争。その後、1979年にエジプトと平和条約を締結。現行和平プロセスにおいて、1994年10月ヨルダンと平和条約を締結。パレスチナ解放機構(PLO)とは、1993年9月、相互承認を行い暫定自治原則宣言(オスロ合意)に署名。その後、暫定合意に従い、イスラエルは西岸・ガザの主要都市から撤退し、代わってパレスチナ暫定自治政府による自治が実施されている。・・・外務省のホームページより

日の出の移り変わりです。同じ様な画像ですが太陽の様子に違いが有る。

10月13日イスラエル T 036
アシュドット港の日の出  ①  赤い太陽の変化をサンデッキを移動して眺めながら写して~





10月13日イスラエル T 038
アシュドット港の日の出  ②




10月13日イスラエル T 041
アシュドット港の日の出   ③




10月13日イスラエル T 043
アシュドット港の日の出   ④




10月13日イスラエル T 046
アシュドットの港日の出   ⑤




10月13日イスラエル T 051
アシュドット港の日の出   ⑥




10月13日イスラエル T 059
明るく成った港は林立するクレーンと客船も見えます。




10月13日イスラエル T 076
愈々です。 バスより




10月13日イスラエル T 077
バスでエルサレム観光に~   バスの中から~




10月13日イスラエル T 075
エルサレム市街の様子 バスより




10月13日イスラエル T 091
此処でバスを下りてエルサレムが見渡せるスポットで撮影タイム。




10月13日イスラエル T 074
黄金のドームが輝いてる、オリーブ山からエルサレムの旧市街。




10月13日イスラエル T 073
空は真っ青のエルサレム市街




10月13日イスラエル T 078
墓地です。




10月13日イスラエル T 079
沢山有ります。




10月13日イスラエル T 080
エルサレムは、地中海沿岸から40kmほど内陸に入った、標高800メートルの山の頂にある。
半円形にせり出した、バルコニーのような展望台、朝日を受けてきらきら輝く世界遺産の街並みが広がっている。
イスラム教・ユダヤ教・キリスト教の世界3大宗教の聖地。イエスが最後の晩餐をいただいた建物など、イスラエルを代表する景観です。
嘆きの壁もこの中に有ります!!


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お~~v-354

始まりましたかぁ。
hiroshiメにとっては、正座して見せていただかなければいけないイメージの国です。旧約聖書の世界ですものねぇ~。

パスポートにこちらの入国スタンプをもらうと、残るムスリムの国々にはなかなk入れてもらえず、白紙にスタンプを押してもらって入る、などという話を聞いたことがありますが。。。

中近東から北アフリカにかけてのムスリムの国でまだ行っていない国があるもので、死ぬ間際、最後に行ってみたいと思っていますが、果たして。。。??

次回以降、楽しみにしております。
嘆きの壁からヴィア・ドロローサ、ゴルゴダの丘、聖墳墓教会も~。

ほんと、楽しみです。ワクワクしています。

No title

たえこんさ~んv-222 こんばんは。
そしてそして!!お久しぶりです~ ご無沙汰してました。。。これからもどうぞよろしくお願いしますね。

きゃ~!!
とってもとっても綺麗な日の出のお写真v-10
やっぱりやっぱり心が明るくなります~
エルサレムの日中の青空もきれいなこと!!素晴らしですねv-344

これからも楽しみにしてます v-291

そうでしたか?

hiroshiさん  

お帰りに成られて、お忙しいのにコメント恐縮です。

>正座して見せていただかなければいけないイメージの国です。
まあ~ それはビックリです。 気を引き締めて作らないと!! e-413

入国スタンプが災いだそうですね? 
別の船の人の話しですが、日本人の子連れ船旅で、インドネシアの入国スタンプが見つかり、入国係官に色々聞かれて大変だった人も居たそうです。
スラウェシ島にダイビングだったそうです。 それだけなのに厳しく聞かれたそうです。

今回は船内で入国審査でした。 意外と簡単で助かりました!!

それからこの間調べましたが、パスポートにイスラエルのスタンプが無かったです。
アメリカの船に対しての配慮でしょうか? 

まあ~~ ようこそ

あおちゃん  本当にお久し振り!!  ♪*:・'(*⌒―⌒*))) スマイル*:・'♪

お元気そうで本当にうれしいです。
いずれ~~ ハワイの続きも見せてね!!  e-397

お仕事しながらブログは大変です。 ゆっくり無理無い運営で~
お付き合い戴けたらうれしいわ~

若い貴女のコメント頂くとババの気持ちが、若返ります。  e-420

日の出の画像にうれしいコメントです。

No title

フムフムです。

勉強になります。行く国も選ばないと・・ですか~~

イスラエル≠アメリカでしょうか~~

イスラエルのたえこさんの感想が楽しみです♪

お寒い~

mayumiさん   こんにちわ(^ヮ^

お忙しいですのに、コメント有難う!!

>イスラエル≠アメリカでしょうか~~
イスラエルは(米)英が作った国ですし、複雑な問題が、山の様な国で~
唯観光だけで恥ずかしいです。

ロシアのソチと似てたような?気がします。

藤原さんの提示板のエラワンさんのコメですが、
レジェンド98000円 9日間・・・(横浜・上海・韓国周遊クルーズ9日間 )
内側ですが安いのが有るんですね? 
私達は、個人手配では無理ですから~v-431 

安くて~ スゴイわ~  

No title

こんにちは。私もイスラエルのスタンプがあると入国拒否をする国があると聞いていたので、そわそわしていました。
さすが船旅、手慣れたものですね。
旅の予習が大好きなのですが、エルサレムはちょっと時間がかかりそうです。
でもお釈迦様や孔子はイエス様より500年も早く悟りを開いていたのかと思うと、アジアの懐の深さや大きさも無視できないな~と思うのです。

さて、レジェンドの最後の大安売り、10万円で込み込みだったんですよ!
カリビアンのサイトで直接申し込むより断然安いです。
しかも、最終日に値切ったら(一人一室で16万円か17万円)、迷惑そうに断られました。
一応上司に聞いてくれただけでもありがたいです。
でも一人で20万円はきつい。結局みつかりませんでしたが、これもいい体験だったなぁと思っています。
直前の9日間なんて日本人には無理ですよね。
続きも楽しみにしています。

ところで次はどちらへ?

呼んでる声がしましたか?

エラワンさん  ようこそ!!

藤原さんの方に、コメントしたかったのですが~ 何となく不幸の予感で辛くて・・・でした。

下記は次回に載せるので下書きにしてあります。
何時か行かれる時の参考にされて下さいね~

イスラエルの出入国を示すスタンプがパスポートに押されますと、そのパスポートでは下記の国々には渡航できなくなります(査証も発給されません)。出入国の際パスポート本体にスタンプを押さない形で手続きを済ませることができますが、係員が誤って押してしまうことがあるので注意が必要です。

【イスラエルのスタンプがあると渡航できない国】
イエメン、シリア、レバノン、リビア、サウジアラビア、
スーダン、オマーン



お仕事の有る若い方には長期は大変ですね~ 行かれたら又色々教えて下さい。
楽しみに待って居ます。

No title

たえこさん、イスラエルの日の出素晴らしいです。
日本で見る日の出も感動的なのに、
異国の地で見る日の出はとても感激するだろうなあ。
日の出って、命の息吹を感じます。
ほんのちょっとだけ見える太陽、胸を揺さぶられます。

アリガト!!

murmur1さん  ☆⌒(*^-゜)v Thanks!!

笑うとまだ痛いんですか? 元気にお花見で本当に良かったわ~

>異国の地で見る日の出はとても感激するだろうなあ。
本当に!! 日の出も~夕日も 美しいと感激です。
天使の階段が有ると尚更です。
だから~ 船に乗るのかも~

嬉しいコメントです。 i-194
プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索