ロッテルダム船内

船内の様子  

イスタンブールを、昼に出港です。欧米の方は、ゆっくりチェアーに寝転ぶ人が居ますが、
貧乏性ですね~ カメラを持って船内散策です。
船内の様子を載せます。

10月4日ボスボラス海峡通過 T 068
ビュッフェから見た海




10月4日ボスボラス海峡通過 T 060
ビュッフェの様子  ここでは随分お食事や、お茶でお世話に成った。




10月4日ボスボラス海峡通過 T 200
アンバサダーラウンジにて  ①  




10月4日ボスボラス海峡通過 T 197
アンバサダーラウンジにて  ②




10月4日ボスボラス海峡通過 T 195
アンバサダーラウンジにて  ③




10月4日ボスボラス海峡通過 T 201
クイーンズラウンジにて  ①  イベントを待つ人達。 




10月4日ボスボラス海峡通過 T 202
クイーンズラウンジにて  ②




10月4日ボスボラス海峡通過 T 213
クイーンズラウンジにて  ③ 




10月4日ボスボラス海峡通過 T 212
クイーンズラウンジにて  ④  パーティーでのスタッフの挨拶




10月4日ボスボラス海峡通過 T 209
クイーンズラウンジにて  ⑤  スポットライトでの人物撮影は下手ですねえ~




10月4日ボスボラス海峡通過 T 061
アチコチに飾られてるクラフトのお花です。




10月4日ボスボラス海峡通過 T 065
壁に使われてる布製で、美しい。




10月4日ボスボラス海峡通過 T 066
船室の通路




10月4日ボスボラス海峡通過 T 062
豆凧は日本製でした。  




10月4日ボスボラス海峡通過 T 070
アメリカから乗船の日系のご夫妻です。 奥様は一世・ご主人様は二世です。 
福岡・柳川出身で会えば嬉しそうに話しかけて下さいました。 同郷の北原白秋の事をお話されてました。
旦那さんは足が少し悪い様ですが、奥様をしっかりサポートされてました。


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おじゃまします。
スパムメールに判定されてしまいました。とほほ。

続き
~サモワールと紅茶~

長野のたえこさんとしては、お茶文化の話で議論がおこるかもしれませんが、
まさに、ロシア人も寒い時にお茶を飲みながら、えんえんといろんなことを話すのが
好きなのです。
長い長い冬を越えるために、絶対に必要なものです。
韓国ならオンドルかな?ものは違うけど。。。

ロシアは貧しいというイメージがあるかもしれませんが、
寒い国なので団地でも、高層ですし、暖房完備で、みすぼらしい建物はありません。
もともと文化や芸術には寛容な国なので、結構レベルは高く、
生活も豊かです。農業もですが、家庭菜園やダーチャ文化が根付いていますので、
これに懲りず、また、ロシアのいい面をみつけてください。

梅も咲き、木蓮も膨らんできました。
春はすぐそこですね!
お身体大切に!!
長々と失礼しました。
他もじっくり拝見します。

参考サイト
サモワールについて
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E3%82%B5%E3%83%A2%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB/

文化や生活について
http://www.spacelan.ne.jp/~matsui-km/vladi/vladi2.html

No title

やっぱり、いいですね。HALの船の雰囲気。

一見地味ですが、ゆったりと落ち着いた雰囲気が、自分は好きです。
といいながら、まだ一回しか乗っていません。とほほ。

向島の唐変木庵の豆凧シリーズですね。http://takoya1.hp.infoseek.co.jp/
がホームページです。これで3万円以上だとか。
自分も、小さなモノ1点だけ、まだ現役時代にある方からいただいて持っているのですが。。。江戸情趣があって、いいですよね。

恐縮です。

エラワンさん こんにち(^ヮ^)

>スパムメールに判定されてしまいました。とほほ。
まあ~ 折角のコメントが無くなったら辛いでしょう? ごめんなさいね~

サモワールと紅茶・・・ そうですね? コーヒーで無いのが面白いです。
美味しい紅茶でした。

信州ではオンドルの代わりにコタツですが、漬物に緑茶です。 
コタツはに入ったらそのまま信州の方言で 「づくなし」 になってしまいます。
オンドル・ストーブが良いですね~ 働く気に成れます。

>ロシアは貧しいというイメージがあるかもしれませんが、

いいえ~そんな事は思いませんです。 豊かですよね~ 芸術も奥深いですから~
貴女のお好きな「サンクトペテルブルグ」は特に、素晴らしかったです。

>これに懲りず、また、ロシアのいい面をみつけてください。
懲りては居ませんわ~ ハッハハ 自由に歩きたかっただけです。 
又行きたいですよ~ ツアーでしか行けない 情けない私達夫婦ですが~~ テヘヘ

船で行っても、ほんの 1~2日の滞在では何にも判らないんですよね~
知ったかぶってアレコレ言うのは恥ずかしい私です。

エラワンさん 面白いサイト教えて頂き有難う御座います。

紅茶に添えられたジャムは紅茶と交互に食べる のですね?
紅茶に入れる為と思って居ました。 私は砂糖を入れて飲み、ジャムはパンにつけて頂きました。
実際にすんで居られる方のお話は奥深いです。
 
そんな生活もう~無理ですが、若かったら色んな世界が有りますね!!
ロシヤ人としてフィギュアスケートに参加の川口悠子さんも素晴らしいです。

貴女も未来が有って羨ましいです。v-353

流石!

hiroshiさん   こんちは (@⌒ー⌒@)

>唐変木庵の豆凧
今あのサイト見せて頂きました。 
>東京港に外国客船などが来ると記念品として凧を送ります・・・ って有りました。

お陰さまです。 外国客船に送られるんですね~
そうだとすれば晴海にロッテルダム号が寄港したんですね~
沢山寄港するから、今ではみんなに贈呈は無理ではないかな?  なあ~んて~ v-431

hiroshiさんも一つお持ちでしたか? 流石に何でも、お詳しいです。 

No title

たえこさん、今晩は!

船内散策は楽しいですね~~~
終日航海はいろいろな楽しみ方ができますね!
ビュッフェはテーブルとテーブルのスペースが少し狭い気がしますね~~~
体が大きい欧米人は通る際に、お尻があたるかもi-198

No title

たえこさん、(。・ω・)ノ゙ コンバンゎ♪

船室の通路が黄色を基調とした明るい雰囲気で好きです。
「豆凧」の額は他の絵画のように船内のどこかに掛かっているのでしょうか?
珍しいですね。
スタッフの皆さん、体格の良い方ばかりですね。あの方々の横に行けば、私もさぞやスマートに見えるに違いない(笑)

船内では、ゆったりと優雅に過ごす。。私もずっと言い続けているのですが、いつになったら実現することやら。多分、永遠に無理でしょう(笑)

春めいて~

naoさん  こんにちわ(^ヮ^)

お仕事ご苦労さまです。
お忙しい皆さんにコメント本当に恐縮です。 v-352

>ビュッフェはテーブルとテーブルのスペースが少し狭い気がしますね~~~
この船は1998年就航です。 62,000トンですから、 狭いかな? 
朝食は早く頂くのでゆったり過ごせました。
又乗りたい船です。

ありがとう~

まゆきさん   コンニチワァ~~

「豆凧」の額は階段とエレベーターの付近の目立たない所に有りました。
見落さなかったから良かったです。 e-257

>体格の良い方ばかりですね。
本当に! 欧米(アメリカ?)人の大きい方は半端でないから~
私などの3倍は有ると思います。 私共は何時も、お肉が食べきれない訳です。
プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索