コモド島にて

コモド島の観光  ③

コモド島を含む小スンダ列島は、激しい潮流がある海峡の中にある。これによって周りの島々から隔絶されていることが、美しい自然が残る大きな理由のひとつだ。澄みきった海に広がるサンゴ礁、そこに群がる豊富な魚類や甲殻類。海峡ではしばしばイルカやクジラ、ウミガメなどの姿をみることができる。

komo-tae 128a
立派なプレートです。世界遺産に指定された時のでしょう。 インドネシア共和国 は判りますが?

 

komo-tae 154a
赤い葉が目を引きます。



komo-tae 155a
こんなに若々しい赤い葉は綺麗ですから~パチリ♪



komo-tae 139a
決められた道をみんなで進む。



komo-tae 135a
大きな木の下は涼しい。



komo-tae 137a
真中の奥に有るのは、パームヤシ・椰子の一種でアブラヤシ・・・ バイオ燃料に利用されて居ます。



komo-tae 169a
ドラゴンが居そう?



komo-tae 187a
ジャガランダに似た葉の木 聞いたら「タマリン」だそうです。?



komo-tae 191a
バイオ燃料の原料となる ヤトロファ・カルカス というトウダイグサ科の木です。



komo-tae 194a
熱帯特有の着生蘭が見れます。



komo-tae 195a
シンガポールでは木に着生するよう縛り付けて有りました。



komo-tae 202a
ここでは自然に着生して~ 赤い蘭の花が見れました。 高いから大きく撮影は出来ないから残念でした。



komo-tae 202t
拡大してみました。



komo-tae 196a
この木は枝を縛って曲げて有りました。何のためかな? ドラゴン撮影の為の日よけ? (勝手に想像デス)

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。v-411

下から2枚目の蘭の写真。楽しませていただきました。v-341

私事で何ですが、40代ころから洋蘭の趣味に目覚めまして。。。今もまだ持っていますが、地面のない、コンクリートのハコの、ウサギ小屋住まいだったから、花と緑に恋焦がれたのでしょうけれども。。。で、畳一畳ほどの室内温室に、何種類かを細々と育てていました。
今も好きでして。。。

で、30分ほど、あの写真を、拡大して楽しませていただきました。バルブを持たないところや茎、葉の互生する感じなどから多分、バンダ属の一種だと思うのですが。。。残念。もう一つ、良くワカリマセンでした。上にある白い花は、熱帯アジア特有のシンピの剣状厚葉系?かもしれませんね。

大変楽しかったです。ありがとうございました。v-421

No title

たえこさん、おはよう ございますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

それにしても凄いところに行って来られましたね。
ジャングルとまではいかないのかもしれないけど、こんな山の中を一眼抱えて、写真を撮りながらでは、かなり体力が必要かと思います。
帰ってこられてから、カメラが重かったと仰っておられたのがよくわかります。

でも、植物の好きなたえこさんだったら、こんな場所を歩くのは楽しかったでしょうね。
私も、奄美に行った時に金作原という原生林を歩くツアーに参加しましたが、あそこはシダ類が多かったです。
コモドドラゴン、いよいよ登場ですかぁ~~?(ドキドキ)

蘭♪

hiroshiさん  コンバン(^ヮ^

蘭がお好きで又、お詳しい方にお見せ出来る画像が有って~良かったです。( ^-^)/★,。 ~~☆゛★♪
>バンダ属の一種だと思うのですが
蘭にはあまり詳しく無いのでhiroshiさんは凄いなあ~と感心です。 
3種類しかない我が家です。 シンビのあんみつ姫があの世に行ってしまいました。 その時は泣きました~v-406

>シンピの剣状厚葉系?かもしれませんね。
白いのも見つけて頂き感謝です。v-351

>30分ほど、あの写真を、拡大して楽しませていただきました。
エエッ~~ 30分ですか? 拡大はどの様にして? 私は元画像拡大して見て来ましたよ~
シャープに写って居ました。 花の所拡大して載せてみますね。 v-216

原生林は好きです。

まゆきさん   \(⌒日⌒)/こんばんわぁ

>一眼抱えて、写真を撮りながらでは、かなり体力が必要かと思います。

写している時は重いのなんて全然気に成らないくて~ 返って集中して、充実してます。
体調は自宅に帰ってから崩れます。 
何しろ買出し・お掃除・お洗濯 これが無くて~ぐっすり寝てられたら至ってさわやかにパソコン作業集中出来ますが~ トホホ~~

>奄美に行った時に金作原という原生林を歩くツアーに参加しましたが
まあ~~ イイナア~ お花は咲いてましたか? お花が有る所に行きたいです。
歴史的建造物の観光でも花を見てるおバカ私です。

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索