FC2ブログ

富山にて


富山の観光  ①

伏木港の船の前の混雑には驚きました。
 
シャトルバス乗り場に行くのも儘ならず、地元の案内嬢も何が何だか判らない状態でした。 
ジャパネット専用の無料シャトルが有りました。 一度に下船したのか? 人でいっぱい!!
この団体さん(1800人)が混雑の原因? 不明ですが? その時の写真写せば良かったのに~ 一枚もない!!

我々が乗れるシャトルの位置も不明で案内嬢も大慌てでした。 
初寄港のMSC」・・・北国新聞の記事
皆さん慣れないが頑張って居られました。

しかし、これでは何時乗れるか見当もつかない混雑でした。
仕方ないので、伏木駅まで歩くことにした。迷ったりして、30分位歩いて氷見線・伏木駅に~~
何とか歩けたが疲れましたよ~  

DSC_8955.jpg
歩き始めて振り返り写したMSCスプレンディダの船体



DSC_8958.jpg
途中何も無いので写したお寺です。



DSC_8959.jpg
無量山 法輪寺と有ります。



DSC_8961.jpg
伏木駅に近いお家です。 

この後の伏木駅の画像が無い、何故なら一時間に1本しか運行がない(ラッシユには2本)ので、今まさに高岡方面行きが入線で走って乗車した。 
切符も買わず待っててくれた電車に飛び乗った!! 
この年であんなに走ったのは久しぶり(^_-)-☆

DSC_8965.jpg
高岡駅に到着です。  高岡御車山祭が有名!!  夫の希望で「高岡御車山会館」に行きたい!!  
しかし駅の観光案内所で聞きましたら、今日火曜日は定休日だそうであきらめました。 
そして勧めて頂いたのが、「高岡市土蔵造りのまち」です。 此処に行く事にしました。

DSC_8963.jpg
大伴家持像  ① 駅の前に有りました。



DSC_8964.jpg
大伴家持像  ②  別の角度から「もう一枚」 【大伴家持像】 このリンクで由緒が判ります。


DSC_8966.jpg
駅からの地下道を渡ります。



DSC_8968.jpg
土蔵造りの街並みを目指す。



DSC_8969.jpg
案内図  ① 地下道の案内です。



DSC_8970.jpg
案内図  ② 案内マップです。



DSC_8973_201806271831102d7.jpg
アーケードが雪国らしい頑丈さです。 



DSC_8975.jpg
建築中のビルも~活気ありますネ~!!



DSC_8974.jpg
お洒落なお店をパチリ



DSC_8976.jpg
こちらこもパチリ


下記は、北国新聞の金沢の記事  参考までに

最大クルーズ船、観光スムーズに 13万トンのMSCスプレンディダ、金沢寄港
5/10(木) 1:02配信 北國新聞社
最大クルーズ船、観光スムーズに 13万トンのMSCスプレンディダ、金沢寄港
金沢港大浜埠頭に停泊して威容を誇る「MSCスプレンディダ」
 金沢に寄港した中で最大のクルーズ船となる「MSCスプレンディダ」(約13万8千トン)が9日、金沢港大浜埠頭(ふとう)に入り、乗客約3100人が県内外で観光を楽しんだ。前日に寄港した高岡市の伏木富山港では、長時間のバス待ちを強いられた乗客から不満の声が上がったが、金沢港では大きな混雑はなかった。金沢港振興協会は大型船への対応能力の高さを打ち出し、クルーズ船誘致を進める。

 MSCスプレンディダはパナマ船籍で、スイスのMSCクルーズ社が運航する。全長333・3メートル、全幅37・9メートル、海面からの高さは約50メートルある18階建ての大型船で、1600席を有する劇場やプール、カジノ、レストランなどを備える。乗客定員は3274人で、1330人の乗員が働く。

 日本への就航は2度目となった。今回は横浜発着の日本一周ツアーで、8日に高岡市の伏木富山港、9日に金沢港へ入った。乗客3100人の86%は日本人で、ほか英国、オーストラリアなど約30カ国からの外国人観光客も乗船した。

 大浜埠頭で下船した乗客は、兼六園や近江町市場など金沢市内観光や、加賀、七尾両市、岐阜県白川村を巡るツアーを楽しんだ。

 過去最大のクルーズ船に対応するため、金沢港振興協会はバス22台を用意した。大浜埠頭には行き先ごとにバスの受付場所を設けて乗客を誘導し、混乱を防いだ。兼六園などを友人と巡った愛知県の女性(70)は「富山では寒い中、1時間も並ばされて疲れた。でも金沢は観光客への対応に慣れており、楽しく過ごせた」と笑顔で船に戻った。

 同船で初のクルーズツアーを行う、通信販売大手「ジャパネットたかた」(長崎県佐世保市)のグループ会社「ジャパネットサービスイノベーション」も、1800人のツアー客専用のバスを18台運行した。イノベーション社の荒木辰道旅行サービス部長は「金沢へは、安心してクルーズ船旅行ができることが分かった」と評価した。

テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索