リスボンにて


リスボンの観光  ①

終日航海の翌朝は、リスボン港に到着です。
リスボンは陸旅で2回・カナリア諸島クルーズと今回で合計4回目です。

日本語としてなじみが深い「コンペイトウ」「テンプラ」「パン」「ボタン」などといった日本語は、ポルトガル語が語源となって居るのはどなたもご存知です。 
親しみ深い国です。 何度行っても楽しい国です。

夫は、徒歩でロシオ駅に行くのが希望です。 
私はリスボン名物の路面電車で行きたいのですが~
まあ~ 良く歩いた。 
効率は良くなかったけどそれなりかなあ~~

DSC_5689.jpg
タグボートが待機です。



DSC_5686.jpg
朝焼けが美しい!!  タグボートがスタンバイ、間もなく入港~



DSC_5685.jpg
綺麗な雲の姿が~~手前の船が何とも言えぬ姿で目を引く~~



DSC_5690.jpg
リスボンに朝日が眩しい ① ベランダから外を見ると綺麗な雲一つない青い空・ビルに朝日が注いで~ 



DSC_5691.jpg
リスボンに朝日が眩しい  ② わが船の影が街に黒く日陰を~~



DSC_5692.jpg
リスボンに朝日が眩しい  ③ 出かけるのに文句ない天気です。



DSC_5693.jpg
リスボンに朝日が眩しい  ④ 大きなドームの有る建物は 「サンタ・エングラシア教会」 でしょうか? 手前は、波止場にメトロの駅も有る筈です。


DSC_5697.jpg
下船しましたネ~  自力でロシオ駅に行くと夫の希望です。  まず、海岸に沿って走る大通りを行きます。



DSC_5702.jpg
3両連結のトロリーバスが来ました。



DSC_5713.jpg
奥に見えるのが「サンタ・ジュスタのリフト」です。 これに乗りたい!



DSC_5708.jpg
リフト(エレベーター)。 通称「カルモのリフト」(Elevador do Carmo)です。 カルモ広場の登り坂で、バイシャ・ポンバリーナの通りとつなぐ、リスボンの観光名所の一つ。 しかし 乗り場は、待つ人の列が余りにも多いので諦めたのです。



DSC_5712.jpg
矢張り、ロシオ駅に向かいます。



DSC_5711.jpg
2階建て観光バスが来ます。



DSC_5706.jpg
ウインドウを写す  ① pet outlet のお店です。



DSC_5709.jpg
ウインドウを写す  ② 情けない様なあ~キモ可愛い白熊?のぬいぐるみがレイアウトされて~(^^♪



DSC_5704.jpg
ウインドウを写す  ③ お土産の商品満載のお店です。



DSC_5703.jpg
ウインドウを写す  ④ マグネットのお土産もビッシリ貼られて居ます。


テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索