ル・アーブルにて


ル・アーブルの様子  ④

次の目的のサン・ジョゼフ教会に行きました。

建築家オーギュスト・ペレの代表作で、5万トンのコンクリートを使い、1957年に完成しました。
無機質な外観と違い、内部は小さなステンドグラスの光で覆われています。
ル・アーブルは、オーギュスト・ペレの都市再建が評価され、2005年に世界遺産に登録されました。

DSC_5275.jpg
目的のサン・ジョゼフ教会が見えて来ました。 高い塔です!



DSC_5277.jpg
しかし 何だか予想を超えた無粋な建物に見えますけど?



DSC_5282.jpg
ステンドグラス用の窓なんですね~



DSC_5281.jpg
十字架も抽象的です。



DSC_5295.jpg
教会に入りました。 垂れ幕に、「Jubilé de la Miséricorde」 とある。 この時期は、特別な期間の様です。

フランチェスコ教皇により発表された特別聖年『慈悲(いつくしみ)の聖年』です。Anno Santo della Misericordia(伊)Jubilee ofMercy(英)。
期間は 2015 年 12 月 8 日から 2016 年 11 月 20 日まで約1年に渡り続きます。
聖年は 1300 年に始まり、基本的には 25 年ごとですが、今回のように特別に制定されることもあります。前回は 2000 年の大聖年でした。 聖年には信者が特別の赦しを与えられるとし、この期間中には、救済のための特別な扉である、聖なる扉(Porta Santa)が開きます。特に重要なのは、ローマの4大聖堂(バジリカ)である。  ・・ウィキペディアより

DSC_5301.jpg
黒いけど、母子像でしょうか?



DSC_5296.jpg
これも母子像ですかね~?



DSC_5291.jpg
個性的なステンドグラス  ① 今まで見てきた教会のステンドグラスはとはかなり趣が違い驚きました!!



DSC_5300.jpg
個性的なステンドグラス  ② ステンドグラスは、季節や時間によって、柔らかな色彩が微妙に変化します。



DSC_5290.jpg
個性的なステンドグラス  ➂ 大きなリンクは何?



DSC_5289.jpg
個性的なステンドグラス  ④  流石のパイプオルガン



DSC_5285.jpg
個性的なステンドグラス  ⑤ パターンは同じですね~ 綺麗です。



DSC_5299.jpg
個性的なステンドグラス  ⑥



DSC_5302.jpg
個性的なステンドグラス  ⑦



DSC_5288.jpg
美しい光彩   ①  壁に映し出される光彩が綺麗です。



DSC_5297.jpg
美しい光彩  ② ステンドクラスが作り出す美しい光彩です。



DSC_5298.jpg
美しい光彩  ➂ 淡い色の光彩も良いですね~



DSC_5287.jpg
塔を見上げて~  ①  ステンドグラスの多さが判る



DSC_5286.jpg
塔を見上げて~   ② 106mの高さがあり、四面を覆うステンドグラスは1万3千枚とのことでした。ステンドグラスは女性芸術家マルグリッド・ウレの傑作です。 



DSC_5293.jpg
塔を見上げて~   ③  現代的? 教会の内部とは思えないですがね~~ この様な構造は稀でしょうね~~ 流石の世界遺産です。

テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索