コルフ島にて~

コルフ島の観光  ②

アヒリオン宮殿の様子です。

コルフ島が1864年イギリスから返還されギリシャ王国領となった後である1891年に建てられた。
1837年に生まれ、1854年にオーストリア皇妃となった建築主エリザベートの思いが詰まった別荘です。

「皇后・妻・母としての役目は全て放棄かつ拒否しながら、その特権のみほしいままに享受し続け、皇后としての莫大な資産によってヨーロッパ・北アフリカ各地を旅行したり法外な額の買い物をしたりする等、自己中心的で傍若無人な振る舞いが非常に多かった。」とのきびしい評価ですが、「ただしハンガリー統治に関しては非常な関心と情熱を傾けたため、過去に近隣の大国に翻弄され、分割・被支配と様々な苦難の歴史をたどったハンガリーが現在平和な独立国家となった礎を築いた人物として、今もハンガリーの人々には慕われている。」とされているので、数世紀経てばこの後段のみが記憶に残ることになるかもしれません。

専用の贅を尽くした船や列車を利用しての豪華旅行を繰り返していたエリザベートは、1898年に暗殺されました。生前ここを何度訪問したのでしょうか??


糸杉の木の向こうに美しい家々が見れます。





入館の前にまず、ワインの試飲をしました。





フランスパンも~





チーズ・サラミ・オリーブのピクルスです。ワインのお味は??





宮殿の周辺  ① 古木の根が歴史を表す!





宮殿の周辺  ② この建物の中でワインの試飲でした。
 




宮殿の周辺  ③ この白い建築はギリシャ風のカフェ?





宮殿の周辺  ④





宮殿の周辺  ⑤ ここから宮殿に入ります。





宮殿の周辺   ⑥





宮殿の周辺   ⑦





宮殿の周辺   ⑧ 宮殿前のバラを写したり~





宮殿の周辺  ⑨  ギリシャ彫刻もデ~ンといっぱいあります。





宮殿の周辺  ⑩ 柱の上に流石のギリシャ彫刻です。





入口に有るのは、ハプスブルグ家650年の歴史の中で、最も美しかったと言われる、オーストリア皇后エリザベートの等身大の像です。ウエストサイズは50?cmで、生涯これを維持したという。
 




花が盛の美しいブーゲンビレアです。





このブーゲンビレアは若い枝ですからまっすぐです。





ゴールデン・ワトル?  黄色のボンボンのような花が咲いていました。





ラッパの様な花はエンゼルトランペット





しまかぼちゃ?まくわうり? 何でか写したくなるのって変?





夕顔の実ですかね~?瓢箪ではないですよね~?





お馴染み~おしろい花が咲いていましたね~ 


次回は宮殿内の様子です。

続きを読む

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

コルフ島にて~

コルフ島の観光  ①

ギリシャ最後の観光地コルフ島に寄港しました。
イオニア諸島最北にしていちばんの中心地コルフ:Corfu(ケルキラ:Kerkira)島は、
ギリシャ的なものと西ヨーロッパ的なものが混在するイオニア諸島随一のリゾート地です。

1891年に建てられた、アヒリオン宮殿行のツアーに参加しました。
フィレンツェ風ルネッサンス様式です。 オーストリア皇后エリザベートの夏の離宮です。
オーストリア皇妃エリザベートは中欧の旅でも訪れて居ます。又帝国劇場のミュージカルでも楽しんだ場所です。

宮殿行きに先立ってオリーブと絨毯の加工の民家の観光になります。


コルフ島に入港間近?





優しい雲が浮かんでいます。





静かな朝の海はまだ暗いんです。パレオフルリオ要塞(ベネチア城塞)が見えています。





港はアドリア海の入口です。フェリーが出て行きます。






アップにで写して~~





タグボートとクリスタル・セレニイティーの姿が~~





クリスタル・セレニイティーの隣に停泊らしい!



ここからは、ツアーバスで出かけた街の様子になります。


ジュータン織りの様子  ①




ジュータン織りの様子  ②





ジュータン織りの様子  ③





ジュータン織りの様子  ④ パターンの図です。





ジュータン織りの様子  ⑤使い込んだ道具です。





オリーブ絞り  ① 古代ギリシア式の石臼、動物に引かせたのでしょうか?





オリーブ絞り  ②





オリーブ絞り  ③





オリーブ絞り  ④





鄙びた街の姿  ① 親しみを感じられる素敵な街の姿です。





鄙びた街の姿  ②





鄙びた街の姿  ③





鄙びた街の姿  ④





鄙びた街の姿  ⑤





オレンジ色・赤い壁の色が柔らかい雰囲気です。





壁とブーゲンビレアの色彩が素敵なハーモニィーをみせて~~





質素なキリスト教の祠です。

1453年、ビザンチン帝国が滅亡すると、1460年にはギリシャ全土がトルコ支配下に入る。
1463年にはトルコはエーゲ海に進出、レスボス島(イズミルの近く、ジェノバ領)を占領。1470年、ネグロポンテ島(現エウボイア島、アテネの近く、ベネチア領)を占領。
1500年代に入るとイオニア海に進出、レウカス島(コルフ島の南、ベネチア領)を占領。ここに要塞を建設、イェニチェリ軍団を常駐させ、海賊にも根拠地とさせた。この頃から、トルコは海賊の頭目にトルコ海軍の指揮を任せたほか、彼らの海賊活動を公認するようになった。ベネチアも対抗策としてキリスト教徒側を糾合、法王庁海軍を設立、レウカス島の支配権を奪回した。
このあと、頭目の出身地は様々になり、海賊はこれまでのようにサラセンの海賊と一括りに出来ないようになった。                       [ローマ亡き後の地中海世界 塩野七生著 から抜粋、引用]

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カタコロンにて

カタコロンの観光  ③

キャロルさんから譲られたツアー券でオリンピアの遺跡の観光です。
他人名義は心配でしたが何も言われず出かけました。
キャロルさんにパートナーさんの体調お聞きしましたら、回復されたとの事で安心しました。


皆さんに遅れないようについて行きます。





大きな糸杉ですね~~





遺跡跡はいろんな柱がいっぱいあります。





大きな基礎の石が沢山あるんです。





柱が林立しています。





重量が凄いから修復も大変ですよね~~





いろんな木が生い茂っています。





糸杉の樹の下で説明を聞かれています。





大きな説明のパネルです。宮殿跡?





相当大きな柱で凄い!





遺跡の石がゴロゴロいっぱいです。 規模の大きさが判る?





大木のオリーブです。





オリーブの実が~~






遺跡の真ん中まで来ました。





オリンピックの採火の場所付近です。





太陽の反射を利用して採火でしたね~~





パネルで想像しますが、広大な物です。





採火の説明のパネルです。四年に一度はこの様子は世界に発信される有名な場所に来てるのが不思議で凄いことです。




パネルの文章を理解出来ないから残念!!





遺跡はくまなく写して~~





こんなに広いとは知らないで来た愚か者でしたね~~





遺跡の石がゴロゴロしています。





パネルで想像するにパルテノン宮殿みたいかな~?





修復された柱は不安定な気がします。





反対側からも写して~~  写しすぎの声有り!





大きな柱ですが、組み立てた紀元前の人々の技術に驚きます。





パネルも参考になるから沢山写してきましたが、想像するだけの私です(´・_・`)





競技場に入るゲートです。





ゲートに来る人出てゆく人~~





古代オリンピック競技の行われたスタジアム。 紀元前700年に初めてのオリンピックがここで行われた。





競技場跡です。スタートライン地点の石です。ゴールラインまで距離192mだそうです。





遺跡に咲くシクラメン  ①





遺跡に咲くシクラメン  ②





遺跡に咲くシクラメン  ③





遺跡に咲くシクラメン  ④





遺跡に咲くシクラメン  ⑤  綺麗です~~~


  

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カタコロンにて~

カタコロンの観光  ②

丘歩きのあと港に戻りました。 
のんびり、ゆっくり歩いてバラを写して、一旦船に戻ります。
午後はオリンピアのツアーに参加します。


観光用車両もいましたね~






ユーカリだと思いますが随分大きいですね~





オリンピア行の列車が有るんですね~~





これで行っても良いワケです。





駅舎の看板です。「euro trade」って書いてある。





チケット売り場です。





手書きの時刻表が微笑ましい!!





山の方は、先ほど歩いたところです。





泳ぎに行くのかなあ~





馬車で観光もイイですね~~





満席かなあ~?




お店も賑やかです。





お土産の品々ですが買わないで写しただけ~





海岸沿いのレストランです。





「QE」が見えてます。





一旦「QE」に戻りランチにします。





バラ  ① 薔薇が綺麗でしたね~~~




バラ  ②




バラ  ③




バラ  ④




バラ  ⑤




バラ  ⑥




バラ  ⑦




バラ  ⑧




ポリガラ・ミルティフォリア?

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カタコロンにて~

カタコロンの観光  ①

カタコロンと言えば「オリンピア遺跡」ですね~ 

オリンピアはゼウス神の聖域であり、古代にはゼウス神に捧げた運動競技会が開催された場所です。
古代ギリシャ人にとってオリンピアの祭典はとても重要な祭儀であり、一週間に渡る祭典の開催期間には休戦協定が遵守された。また、オリンピア祭典の四年期は、ギリシャ人が年代を表現する際に用いられた。・・・「ギリシャの扉」さんより引用

終日クルーズが無くて観光続きで少々疲れて来ました。観光に行くのをどうしようかと思案中でした。
のんびりしたい感じ? 丘の方に散歩道に行くのは決めて、グランドロビーでウロウロしていました。 
ところが、そこに何やら困惑顔のキャロルさんと出会いました。

何か頻りに訴えています。 そこで日本人コーディネーターさんに通訳していただきました。
連れの方が風邪引いて、ツアーに参加出来ないから券を使って欲しいとのことでした。
午後からのツアーです。予定は丘に登る事でしたが、午後の予定はないから頂くことに~~
あららあ~ 急に忙しい事に!

まずは、相変わらずの日の出・入港・ハイキング(散歩)に出かけたその様子からです。


日の出を写して~  ①





日の出を写して~  ②





日の出を写して~  ③





日の出を写して~  ④





カタコロンに入港です。





バスが待っています。





鄙びた港街です。





青い空、今日も良いお天気です。





タグボートが待っています。





着岸作業ご苦労様です。





まもなく静かに着岸します。





下船して写した「QE」です。





住宅街を山の方に行ました。





丘から撮した「QE」 ①





丘から撮した「QE」 ②





丘から撮した「QE」 ③





丘の方のお家の庭(畑)です。





オリーブ林(畑)です。





オリーブの太木が有ります。





ピンクのシクラメンが自生してました。 珍しいです。





キリスト教の祠でしょうか?






ザクロはまもなく割れそう~~





白花夾竹桃です。





ピンクのガウラ(白蝶草)です。





お屋敷のお庭





それともホテル?




ディプラデニア (マンデビラ)と白蝶草





ディプラデニア (マンデビラ) 白と赤を混植されて~~





野生のシクラメンです。





ランタナです。 日本の冬も元気に越冬です。





ハイビスカス  ①





ハイビスカス  ②





ハイビスカス  ③





ハイビスカス  ④  





変わったひまわりですが、お家の人が指差してニコニコ!! 何やら自慢げです。余程珍しいのかなあ~?

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

サントリーニ島  ⑤

サントリーニ島  ⑤ ラストです。

まだ画像が有るので載せておきます。
小学生の旅日記に成りお恥ずかしいです。表現力が無いのです。

夢の様な白と青の街を堪能したサントリー島はこれで終わりです。
長々のお付き合いに感謝でございます。


水槽は何だと思いますか?





ドクターフィッシュ(Doctor fish)ですね~~
学名は「ガラ・ルファ」というトルコの温泉に生息する淡水魚。人の皮膚の古い角質をついばみ皮膚病を治すことから、ドクターの名がある。・・・・ウィキペディアより



なんのお店でしょう~?





もう~帰る時間です。 テンダーボートが見えます。





海を眺める人





「QE」が待ってます。





ロープウエイが来ます。





ロバに乗ってる人々も居ます。





ロープウェイのそばのカフェです。





これに乗って帰ります。





心配された混雑は無いんです。「QE」しか居ませんからね~~





テンダーボート乗り場です。





テンダーボートに乗船しました。





お洒落な帆船も~~





船から見たサントリーニ島  ①





船から見たサントリーニ島  ②





船から見たサントリーニ島  ③





船から見たサントリーニ島  ④





船から見たサントリーニ島  ⑤





船から見たサントリーニ島  ⑥





船から見たサントリーニ島  ⑦





テンダーボートの様子  ①





テンダーボートの様子  ②





テンダーボートの様子  ③ 忙しく往来です。





テンダーボートの様子  ④ 見飽きないです。





テンダーボートの様子  ⑤




テンダーボートの様子  ⑥




テンダーボートの様子  ⑦ 立ったままの人も~~ 迫力!!





テンダーボートの様子  ⑧





テンダーボートの様子  ⑨ 通船です。





島沿いに航行  ①




島沿いに航行  ②




島沿いに航行  ③




島沿いに航行  ④




島沿いに航行  ⑤




島沿いに航行  ⑥




島沿いに航行  ⑦




島沿いに航行  ⑧



テンダーボートの活躍の様子が迫力です。



船はカタコロンに向けて航行です。


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索