暮れのご挨拶♪


お世話になりました!! 




如何お過ごしですか?今年も無事に年越し出来そうです。
本当にお世話になりました。 感謝です。 

大掃除に買い出しに~ お忙しいでしょうか?
私も、普段手抜きの網戸の掃除? 外から水かけて誤魔化して~

お仏壇のお掃除も念入りに~
くわいの芽を傷めないように慎重に煮たり、茶碗蒸しの用意をしたり、
新年の用意に頑張りました!!

来年も変わらないお付き合い頂けたら嬉しいです。
良い新年をお迎えください。

テーマ : ごあいさつ
ジャンル : その他

ミティリーニ島 にて~

ミティリーニ島の観光  ③

愈々珍しい建築郡になります。

リモノス修道院の外側には、小さな礼拝堂が沢山立っている。
この修道院で願掛けをした人が、祈願成就のお礼に建造したとか?不明ですが~~
廃墟にみえますが、世界遺産に何れは指定になる予感です。


まあ~沢山あります!!




十字架も見えます。



3a
使われてる様にも見えますが~




アーチ型の作りです。




鐘楼もありますね~~




黒ヤギさんが来ました。まだ幼い?




こちらは沢山寄せ合って建てられています。




修復もされています。




違う角度でパチリ




よく見れば住居?




少し違う感じの建て方にも見えますが? 同じ? 




ヤギと飼い主の姿が見えますね~~




ヤギさんがいっぱい来ます。




ヤギさんの家族が沢山います。毛の色は色々で面白い!!




ガラス窓もあるんですね~




頑丈に出来ています。




修道院の近くに建てられています。どの建物にも、白い十字架が立てられて居ます。




この辺のは、新しい物に思えます。




自由時間を撮影に使い、買い物はしなくて~~
集合時間が来たのでバスに急ぎました。それにしてもスゴイ人の数です。
迷子にならないように急ぎました。

次回はビザンティン・ジェノヴァ城塞です。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ミティリーニ島にて

ミティリーニ島の観光  ②

レスヴォス島中部ダフィアという村の近くにある修道院が、リモノス修道院です。
愈々修道院の中庭に入りました。
最盛期には150人もの修道士が暮らしていたが、現在はほとんど人が居ないそうです。

本当に多くの信者が訪れて賑やかです。
祭壇には入りきれないようでした。 祈祷(祈り)の大きな声が聞こえて居ました。
混雑の人の間を、ツアーガイドさんに着いて行くのも大変です。
しかし、博物館の方に入れば観光客だけでした。

修道院は、 1526年、後にミティムナ主教となる聖イグナティオス(ヨハネス・アガリアノス)が創建したものだが、それ以前、ビザンツ時代にはすでにここに教会があったらしい。イグナティオスが創建した当時にはタクシアルヒス(大天使ミカエル)に捧げられていたのだが、イグナティオスが聖列されると、聖イグナティオス修道院となった。しかし、その後、リモノスの名前で知られるようになる。牧場を意味するleimonasから来ているらしいが、その由来については、修道院の周りが牧場だったからという説と、修道院が精神の牧場であったからという説の二つがある。  ・・・・ギリシャの扉さんより


建物は立派で、広い敷地ででした。




6世紀に聖イグナチオによって構築された、リモノス修道院(Limonos修道院)です。




訪れた信者と、観光客でしょうか?




子供達の姿もありますね~




祭壇室に続く廊下に多くの人が居ります。




我々ツアー客は通過も難儀な事でした。




アアッ イケナイ我々が迷惑おかけしてるんですね~




大きな瓶には驚きました。




広いんです。




瓶はいっぱい有るんですね~~




中庭の様子です。




人の姿は少なくなりました。




博物館の石の廊下です。




農機具が飾ってありましたね~




脱穀機の一部かなあ~~




博物館に入りました。 撮影は禁止なので中の様子は写せませんでした。




入口の外に有ったものです。




メガネのエルトンジョン似の人は船の人で、ディスクジョッキー(DJ)のマイケルさんです。
お世話になりましたね~~ シャイな方でした。




バラも咲いていましたね~~




ラッセリア  ① 和名 ハナチョウジ (花丁字)




ラッセリア  ② 花は癒しです。




ラッセリア  ③

次回は目的の建物達です。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ミテイリーニ島にて 

ミティリーニ島の観光  ①

レスヴォス島(ミティリーニ島)と言う名前は今度のクルーズで初めて目にしたんです。 
何も知識は無いし、ブログでも見たことがない。

調べてましたら、不思議な建築が点在してるそうで、此処は是非行きたい!!
アルベロベッロ(イタリア)の特異な建築にとても驚いたものですが、それに匹敵? 楽しみでした。
ギリシャで三番目に大きな島です。 これは船のツアーに参加と決めてまず此処だけは予約した。

前もって予約したら天候が悪くても参加する事の心配はありました。
でも決めたのは「不思議な建築に会いたい」でしたね~

レスヴォス(ミティリーニ)島は古代ギリシャの女流詩人サッフォーの出身地です。サッフォーは女性への愛を歌った女性詩人であるため、女性同性愛者は英語でレズビアン(「レスボス島の」という意味)と呼ばれるようになった。
レスヴォス島住民はこれを嫌い、島の名前を、島の首都と同じ名前ミティリーニに変えてしまった。このため、ギリシャにおけるこの島の公式名称はミティリーニである。しかし、英語や日本語では古い名前のまま知られている。ちなみに、「レスボス」は古代ギリシャ語読み、「レスヴォス」は現代ギリシャ語読みである。・・・「ギリシャの扉」さんより


ミティリーニ島の日の出  ①  大きな島ですね~




ミティリーニ島の日の出   ②

   


ミティリーニ島の日の出  ③ 




街の家々が見えています。ブルースターフェリーの姿もあります。




今日も晴天です。




やっぱり大きな島ですね~




大型船の停泊に適した埠頭が無いんですかね~




テンダーボートが慌ただしく成りました。




テンダーボートで下船です。




タラップとデンダーボートです。 この様な様子を写したいんですね~




テンダーボートからQEの船体は逆光なのでシルエットでした。隣には手前なので大きく見えるけどブルースターフェリーです。




屋台店の様子   ① ツアーバスで観光に出かけました。着いたのはリモナス修道院の参道の賑わいでした。




屋台店の様子  ② 観光客相手と参拝者も多いからこの様な出店が並んでるのでしょうか?




屋台店の様子  ③ 神社の屋台とよく似てます。




屋台店の様子  ④




屋台店の様子  ⑤  焼き栗も売っていました。 ガイドさんはお菓子を買って~~ ご馳走になりましたね~




屋台店の様子  ⑥  お子様向けのもあるようです。




栗の実と西洋梨やりんごですかね~




洋梨ですね~~




たくましい女性は、現地ガイドさんです。




栗の説明をされていました。




レスヴォス島:リモノス修道院の門です。 ここから入ります。




1526年に作られたんですね~




修道院の敷地の中に立っているキオスク。




修道院の前庭です。




大きな瓶が置かれています。

 


とてもユニークな蛇口です。


次回は修道院の中の様子です。 あの不思議な建築は、まだまだ後です。


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

エーゲ海クルーズ (ミコノス島)

ミコノス島にて~  ⑤ 

疲れたから一休みしょうか~ カフェは何処に? 夫とココンさんはすかさず彼処でしょう~~
その場所がこの素晴らしいブーゲンビレアの大きな棚の有るお店でした。
目の付け所が同じ!!  私は気が付かなかった場所でした。 

花だけに気を取られてカフェって思わないぼんやりの私でした。
私はトマトジュースを頂いた。 美味しかったです。
ここのブーゲンビレアの棚ほど美しい様子を見たこと無いと思います。(前々回にも載せてる花の棚です。)

ハラハラ散る様は今でも目に焼きついて居ます!!!!


ブーゲンビレアの姿  ① ハラハラ散る姿も有って見事でした!!    




ブーゲンビレアの姿   ② のんびり過ごしたい場所です。 




ブーゲンビレアの姿   ③  
  



ブーゲンビレアの姿  ④  大きな幹です。樹齢は?




カメラを横に、一休み!  わたしは、トマトジュースをオーダーしましたね~ 美味しいジュースでした。




ミコノス港の付近  ① 八百屋さんの移動販売?




ミコノス港の付近  ②  街歩きは終わり船に戻ります。




ミコノス港の付近  ③  港にはいろんなクルーザーが停泊中です。もう~ベストシーズンは終りだそうです。




ミコノス港の付近  ④ 鳩と戯れる少女です。




ミコノス港の付近  ⑤ 可愛いね~~




ミコノス港の付近  ⑥




ミコノス港の付近  ⑦ お孫さんとでしょう~ね




ミコノス港の付近  ⑧ 碧い海が眩しい~




ミコノス港の付近  ⑨ こんな岩もありました。
左奥に有るのが 朝に停泊のお船の ”アザマラ の「Azamara Journey」?”でした。




ミコノス港の付近  ⑩  オーシャニア・クルーズ[リビエラ]でした。(訂正)
朝には遠くに見えていました。この船だったんですね~ 同じと思って確認しないでコピペした侭でした。




ミコノス港の付近  ⑪  クイーンエリザベスが待っています。




ミコノス港の付近  ⑫  3隻を入れました。



ミコノス島の街歩きは終わります。 次回はレスポスになります。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

エーゲ海クルーズ (ミコノス島)

ミコノス島にて~  ④

エーゲ海の真珠、アートの街の様子をまだまだ続けます。
おしゃれのセンスも素晴らしいものがあります。驚きました!!

教会もあります。
 

レストランの飾りはアート  ① お年寄りのキスはほのぼの~~




レストランの飾りはアート  ②  恋人同士?   




レストランの飾りはアート  ③花嫁さんを三輪自転車で~~ 




レストランの飾りはアート  ④ ほのぼのがいっぱいでした!!!




レストランの飾りはアート  ⑤  ↑ は、このお店の飾りでした。




このお店も可愛い飾りがいっぱいです。




ピノキオでしょう~~ 




銀行の前だった? オフィス? と記憶は怪しいですが、遊びこころがステキ!!




こんな飾りも有ったり~~




目を引きます!!




光る飾りも有って~ こだわりがスゴ~~イ




もう~~ スゴイ!!




お船の飾りもお見事!! 手作りなのが素晴らしい!!




ピアスとお人形が目を引きます。




chez maria?とあります。 門扉の細工もオシャレ~




何気ない路地にアートが溢れています。




こだわっていますね~~




夏には木陰で過ごすによろしい場所ですね~




アートの八百屋さんでお買い物されていました。 頑張るおじいさんの後ろ姿です。




この路地も素晴らしい!!




大きな教会です。




名前が?hiroshiさんはご存知かも!!




碧空に白い塔が眩しい。




旗の姿が~  ①  教会前のこんなに沢山の旗が~??




旗の姿が~  ② 何かの用意?




旗の姿が~  ③ 教会を訪れる人が居ませんでした。




旗の姿が~  ④   管理人さん? ドアを開けていました。 




旗の姿が~  ⑤ 丸いドームが臙脂色です。




教会の中を~  ①  シャンデリア  開られたドアーから、チョットパチリ!




教会の中を~  ②  教会内をそーつと写して~ 誰も居ませんね~




教会の中を~  ③  祭壇です。 管理の男性の姿だけでした。




教会の中を~  ④  マリア像に飾られた二本の旗です。 

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

エーゲ海クルーズ (ミコノス島)

ミコノス島にて~  ③

ブーゲンビレアの咲き誇る魅惑の街歩きは続きます。 白壁が美しいから、花も装飾もイキイキです。
空にはイワシ雲で秋近し? しかし真夏の様な気温ですが、カラッと過ごしやすい良い気候です。
三人それぞれ良いテンポで散策&撮影タイム!
美しいので言葉も交わさずの街歩きでした~~ 


行き交う人も多くないから撮影には丁度良い!




お洒落な靴屋さんと行き止まり?の路地。




皆さん、船の人かなあ~?




いろんなお店が~~ 何処でお買い物?迷うね~




いいですね~ 路地の姿!!




可愛くレイアウトされて~ ここでのランチも良いかなあ~?




お店の飾りです。




雰囲気の有る素敵な後ろ姿です。




画廊もあります。




店頭も失礼して~ 素晴らしい!!




前衛画の疾走の馬と少女? スゴイ~~




此処は八百屋さんですが、ペイント画もアートのお店みたいですね~~




門扉もアート!!




持ち主のこだわりが素晴らしい!!




ランチしながら何語る? 経済危機のこと?




塔の先の雰囲気はミコノスらしい? 電柱も~~




美しいブーゲンビレア  ①




美しいブーゲンビレア  ②




美しいブーゲンビレア  ③




美しいブーゲンビレア  ④




美しいブーゲンビレア  ⑤ 見事でしたね~




美しいブーゲンビレア  ⑥


魅惑の街歩きはまだ続きます。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索