韓国の旅五日目  

宗廟 にて~    (2011・6・8)

静けさと荘重な雰囲気が漂う宗廟(チョンミョ)は、朝鮮王朝歴代の王と王妃、およびに没後に位を贈られた王と王妃の神位(位牌)が安置されている、王室の霊廟です。当時、国教とされた儒教の思想に基づき造られた建物は、霊廟らしく控えめな装飾で素朴な印象を与えます。しかし、訪れる者を圧倒する独特の空気感が存在するのは、約500年という朝鮮王朝の歴史がこの場所に集約されているからでしょう。1995年には、その優れた建築様式と歴史性の高さから、ユネスコ世界文化遺産に登録されました。
宗廟では毎年5月にある王室の祭礼儀式「宗廟大祭(チョンミョデジェ)」をはじめ、様々な儀式が今も厳粛に執り行われており、王の子孫らによって当時の伝統が受け継がれる様子を目にすることができます。

宗廟は1394年、朝鮮王朝が漢陽(ハニャン、現在のソウル)に都を移した際に着工され、翌年完工しました。同時代の単一木造建築物としては世界最大規模を誇り、東西に伸びる珍しい建築様式が目を引きます。こうした造りは、国王らがこの世を去るたびに位牌を安置する空間を一室、一室増築してきたため。宗廟制度の起源は中国ですが、横長の造りは韓国のみの独特なものです。
宗廟内には現在、正殿(チョンジョン)19室に49位、別廟である永寧殿(ヨンニョンジョン)16室に34位、そして正殿の前庭にある功臣堂(コンシンダン)には王のために功を立てた臣下の位牌83位の合計166位が安置されています。・・・・ 韓国コネストより


宗廟にて~  ①  ガイドさんは美しい日本語でした。 スケジュールが決められて居て、何回か行われる。




宗廟にて~  ②   斎宮(ジェグン)




宗廟にて~   ③  斎宮(ジェグン)




宗廟にて~  ④




宗廟にて~  ⑤




宗廟にて~  ⑥




宗廟にて~   ⑦  外大門(ウェデムン)
宗廟の正門で、蒼葉門(チャンヨンムン)とも呼ばれる。他の古宮の正門に比べ、丹青(韓国伝統の色彩を施すこと)や装飾は控えめなのが特徴。間口3間の「平三門」という造りで、正門の左右は宗廟を囲む石塀とつながっている。元々は正面中央に階段があったが、日本統治時代に行われた道路工事で地中に埋まってしまい、現在は基壇のみ残っている。・・・韓国コネストより

宗廟にて~    ⑧  正殿(チョンジョン)
宗廟の中心をなす建物で、最も西側に安置された太祖をはじめ、道徳に適った政治を行ったとされる19人の王とその王妃の位牌、計49位が安置されている。位牌が新たに安置されるたびに増築が重ねられ、単一の木造建築物としては世界最長(総101m)を誇る。
位牌が安置された各部屋の扉「板門(パンムン)」は、祭礼儀式の時以外は堅く閉じられているが、表面をよく見ると所々隙間がある造りになっている。これは魂が自由に出入りするためであるとともに、内部の湿度を調節するためである。 ・・・・ 韓国コネストより

宗廟にて~  ⑨
単一の木造建築物としては世界最長(総101m)を誇る



宗廟にて~  ⑩




宗廟にて~  ⑪




宗廟にて~  ⑫




宗廟にて~  ⑬  門の所に、韓国の国旗に有る、赤と青の2色からなる「陰陽」が使われています。




宗廟にて~  ⑭




宗廟にて~  ⑮




宗廟にて~  ⑯ オンドルの焚口が判りますか?




宗廟にて~  ⑰  カササギです。 韓国の国鳥なんです。




宗廟にて~  ⑱  カササギは、日本にも居ますが、百人一首には大伴家持の歌にも出てくる。
『かささぎの 渡せる橋に おく霜の 白きを見れば 夜ぞ更けにける』
カササギは万葉時代に、朝鮮から日本に伝えられたか、1592年から始まった朝鮮出兵で豊臣秀吉が持ち帰ったと言われている説がある。

宗廟にて~  ⑲  公衆電話ボックス写して終わり! 韓国の画像は終わりました。 ホッ!


次回はカナダの予定?です。

テーマ : トルコ旅行
ジャンル : 旅行

韓国の旅五日目

世界遺産昌徳宮の観光 ②   (2011・6・8)

朝鮮時代の宮殿は公式的な儀式の場である正殿(チョンジョン)、王の執務空間である便殿(ピョンジョン)、王と王妃の生活空間である寝殿(チンジョン)を備えていますが、昌徳宮もそれにのっとっています。多くの建物は丹青(タンチョン)という鮮やかな装飾や彩色が施されており、王宮ならではの貫禄が感じられます。 ・・・韓国旅行「コネスト」より


昌徳宮(チャンドックン)  ①




昌徳宮(チャンドックン)  ②




昌徳宮(チャンドックン)  ③




昌徳宮(チャンドックン)  ④




昌徳宮(チャンドックン)  ⑤




昌徳宮(チャンドックン)  ⑥




昌徳宮(チャンドックン)  ⑦




昌徳宮(チャンドックン)  ⑧




昌徳宮(チャンドックン)  ⑨




昌徳宮(チャンドックン)  ⑩




昌徳宮(チャンドックン)  ⑪




昌徳宮(チャンドックン)  ⑫




昌徳宮(チャンドックン)  ⑬




昌徳宮(チャンドックン)  ⑮




昌徳宮(チャンドックン)  ⑯




昌徳宮(チャンドックン)  ⑰


14世紀後半から20世紀まで続いた朝鮮王朝を現在に伝える古宮。その中でも保存状態に優れ、美しい自然と建築との調和で人々を魅了するのが昌徳宮(チャンドックン)です。韓国の五大古宮の中で唯一ユネスコの世界文化遺産に選定されており、4万3千平方メートルの広さを誇る敷地内は見どころが豊富です。

画像のみにて失礼いたします。

コメント欄閉めております。
勝手ながら、もし宜しければ掲示板の方によろしくお願いいたします。


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

韓国の旅五日目

世界遺産昌徳宮の観光  ①  (2011・6・8)

ユネスコ世界文化遺産・昌徳宮
1405年に景福宮(キョンボックン)の離宮として建立。壬辰倭乱(イムジンウェラン。文禄・慶長の役)で全て焼失した後、1615年に再建されました。約270年間正宮となっており、朝鮮王朝で王が最も長く住んだ宮殿で、王朝の生活様式・趣・思想などが伺えます。政務のための効率的構造に優れている景福宮に対し、昌徳宮は自然がひきたつ豊かな生活空間。中でも自然にあふれる庭、秘苑(ピウォン。正式には後苑ともいう)は韓国伝統庭園の真髄とも言われます。そうした景観の卓越や希少資料の存在などから、昌徳宮は1997年にユネスコの世界文化遺産に登録されました。


昌徳宮  ①




昌徳宮  ②




昌徳宮  ③




昌徳宮  ④




昌徳宮  ⑤




昌徳宮  ⑥




昌徳宮  ⑦




昌徳宮  ⑧




昌徳宮  ⑨




昌徳宮  ⑩




昌徳宮  ⑪




昌徳宮  ⑫




昌徳宮  ⑬




昌徳宮  ⑭




昌徳宮  ⑮


ソウルの観光はあと少しですが、 8日に出かけますので~取り急ぎ、画像だけです。 

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

韓国の旅五日目

ソウルの夜と朝   (2011・6・7)

水原を発ちバスで一時間半、ソウルに戻りました。 グランドアンバサダーに連泊します。
韓国をぐるり一周は忙しい!! それにバスに随分乗ったのに無事で良かった~~ 
 

此処で夕食を頂きました。




メニューサンプルが有ります。 日本と同じですね~




滝もお洒落なお店でした。




素敵なレストランでした。




美味しかった石焼ビビンバです。




グランドアンバサダー ホテル  ①  到着




グランドアンバサダー ホテル  ②




グランドアンバサダー ホテル  ③

 


グランドアンバサダー ホテル  ④  このお部屋で二泊です。




グランドアンバサダーホテル  ⑤ ホテルの窓から~




グランドアンバサダーホテル  ⑥  ホテルの窓から~




グランドアンバサダーホテル  ⑦  ホテルの窓から~




グランドアンバサダーホテル  ⑧  ホテルの窓から~




グランドアンバサダーホテル  ⑨  朝の散歩で、ホテルを見上げて~




グランドアンバサダーホテル  ⑩  ホテルの車寄せ前の道路です。
  



グランドアンバサダーホテル  ⑪  ハンギングバスケットが美しい!




グランドアンバサダーホテル  ⑫

まだ韓国の画像が有るのでアップします。 コメント欄閉めています。 もし宜しければ掲示板にお願いいたします。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

韓国の旅四日目

世界遺産水原華城  ②  (2011・6・7)

華城は、朝鮮王朝第22代王であった正祖が1794年(正祖18年)に着工し、2年9ヶ月後の1796年に完成しました。正祖は、党争に巻き込まれて王位につけず非業のうちに倒れた父親・荘献世子の墓を、楊州から水原の華山に移し、そこにあった官庁や民家を全部八達山の麓に移住させて城壁や塔、楼閣や城門を廻らして新都市を建設しました。これが華城です。日本には見られない平らな形をした城で、軍事的防御機能と商業的機能を兼ね備えていました。当時の朝鮮の城塞建設技術の粋を集め、そこに西洋の技術をも合わせたもので、城郭の築造に石材とレンガが併用されている点が特徴的です。2年9ヶ月の期間に、37万人の労力が投入されたといわれます(ウィキペディアより)。
1997年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。


華城の碑文




水原華城  ①




水原華城  ②




水原華城  ③

  


水原華城  ④




水原華城   ⑤




水原華城  ⑥




水原華城  ⑦




水原華城  ⑧




水原華城   ⑨




水原華城  ⑩




水原華城  ⑪




水原華城  ⑫




此処で弓を射るんですね~




的が有りますね~




お城の観光は終わります。




標識塔も写しました。


ソウルに戻ります。

画像羅列でお恥ずかしいです。忙しいので、コメント欄閉めています。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

韓国の旅四日目

世界遺産水原華城  ①   (2011・6・7)

安東を後にバスで3時間水原にきました。

華城は、朝鮮王朝第22代王であった正祖が1794年(正祖18年)に着工し、2年9ヶ月後の1796年に完成しました。正祖は、党争に巻き込まれて王位につけず非業のうちに倒れた父親・荘献世子の墓を、楊州から水原の華山に移し、そこにあった官庁や民家を全部八達山の麓に移住させて城壁や塔、楼閣や城門を廻らして新都市を建設しました。これが華城です。日本には見られない平らな形をした城で、軍事的防御機能と商業的機能を兼ね備えていました。当時の朝鮮の城塞建設技術の粋を集め、そこに西洋の技術をも合わせたもので、城郭の築造に石材とレンガが併用されている点が特徴的です。2年9ヶ月の期間に、37万人の労力が投入されたといわれます。・・・・(ウィキペディアより)。1997年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。


田園風景です。




田植えが済んだ田んぼです。 




ハスの田んぼです。




訪花隋柳亭(パンファスリュジョン・東北角楼〈トンプッカッル〉)
華虹門のすぐ横にあります。水原城随一の景観を誇る訪花隋柳亭は、もともとは見張り台かつ兵士の休息所ですが、他の建物と一風違っていて、小高い丘の上に建っていて、下には龍池を控えています。4月の初旬から中旬にかけて桜の花が咲き乱れ、夏には柳の緑が見る人の目を楽しませてくれます。水原城を造られた正祖大王が酒宴を開いたというのもここ、訪花隋柳亭なのです。

訪花隋柳亭の軒下をアップです。




華虹門(ファホンムン・北水門〈プッスムン〉)




水原華城からの眺め  ①




水原華城からの眺め  ②




水原華城からの眺め  ③




水原華城からの眺め  ④




水原華城からの眺め  ⑤




華城列車が来ます。




大急ぎで華城列車を写した!




華城列車・・・ バスですね~




この坂を登って城壁にゆきました。




城壁の長さは、5kmを越え、中国から西洋築城技術を輸入し、東洋と西洋の技術を融合させている。城郭の築造に石材とレンガが併用されている点が特徴的である。



うねるように城壁が続きます。




何だか派手な建物です。 判らずにパチリ!




懐かしい様な人形が沢山あるお店です。


お義理で留守にします。コメント欄閉めて居ます。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

韓国の旅四日目

韓国歴史村「安東・河回村」  ラスト

河回村は豊山・柳氏が600年あまり代々暮らしてきた同姓村です。儒学者柳雲龍と文禄の役の際の領議政(現在の首相に相当)であった柳成龍兄弟を輩出したことでも知られています。日本では韓流スター、リュ・シウォンの実家があることで有名です。村の名前は洛東江(ナットンガン)がS字を描くように村を囲みながら流れていることから「河回村」と名付けられたそうです。その様子は村から車で15分ほどの芙蓉臺(プヨンデ)から眺めてみるとよくわかります。・・・ ソウルナビより


科挙の試験をためにソウルまで旅をするソンビ(学生)への施し穴!?多少のお金が入れられていて、ソンビ達が旅の途中で困らないようにとの配慮から穴は子供の手が届かない位置で、農夫の手が入らない大きさに作られたらしい。



格式ある軒です。




門が高いほど家柄の良さを表しているそうです。




こちらは見学出来ました。




養真堂(立巌古宅)。柳雲龍の住居。河回村で最も古い家屋です。




なかなか立派なお家ですね~




馬小屋ですね~ 飼葉おけです。 門の内側に有ります。 馬は大切な家族でしょう~




お庭も広いです。




こちらのお家の門は幾分小さめです。




こちらは少し違うイメージです。




黒いレンガですね~




藁屋根が優しいイメージです。




畑に草が無いから、感心です。




初めて村人の姿が見れたんです。




門はないかなあ~  しっかりした建築です。




参神堂(サムシンダン)  ①  樹齢600年以上の欅の霊木。陰暦の1月15日に参神堂の村祭りが行われる。




参神堂(サムシンダン)  ②
河回村の建物は樹齢600年の御神木であるケヤキを中心に洛東江に向かって建てられており、瓦葺きの家の周囲を藁葺きの家が取り囲んでいるのが特徴です。127の家屋のうち12家屋が重要民俗文化資料に指定されています。スゴイ数のおみくじ? 願いを書いた紙を結んで来ました。内容はナイショ!


参神堂(サムシンダン)  ③ 余り多いから葉が隠れています。




参神堂(サムシンダン)  ④ 見事な古木ですね~




参神堂(サムシンダン)  ⑤ 古い彫り物!


次回は世界遺産水原華城の様子です。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

韓国の旅四日目

韓国歴史村「安東・河回村」  ②    (2011・6・7)

安東河回村(アンドンハフェマウル)は昔ながらの藁葺き屋根や町並みが残っており、両班(昔の貴族階級)の子孫が今でも生活している、韓国で最も韓国らしい街です。人気俳優リュ・シウォン氏の実家があることや、エリザベス女王が訪れたことでも有名です。

村全体の景観が保存されているので、村内を歩くだけでも、建築や歴史の知識とは関係なく、韓屋の雰囲気を楽しむことができます


人気俳優リュ・シウォン氏の実家  ①




人気俳優リュ・シウォン氏の実家  ②




人気俳優リュ・シウォン氏の実家  ③




イヤホンからガイドさんの説明を聞きながらゆっくり見学です。




お家の周りは立派な石積みの塀です。




破壊されずに残されて居ます。




人の姿は観光客だけでした。




旅仲間が先を行きます。




みんなが左折するのを待ってパチリ!




こんな様子が好きです。




可愛い女の子?




傘さして~ 暑いもんね~~




仮面のお店です。 仮面劇と共に伝承されてきた仮面は、高麗時代中期に製作されたと言い伝えられていて、喜怒哀楽の表情がよく目立つようにと、鼻を中心に左右が非対称的に作られているのが特徴的です。




仮面はお土産店で~ 小さなのを少し買いました。




仮面劇の雰囲気も有るお土産です。




韓国のお酒マッコリの空き瓶を並べて居ますね~




格式のあるお家で綺麗な薔薇が素晴らしい!!




木陰になでしこ(石竹)が咲いていました。四葉のクローバーがあると良いなあ~ 探す時間が無いけど~




日本語の看板はアチコチで見れます。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

韓国の旅四日目

韓国歴史村「安東・河回村」  ①   (2012・6・7)

慶州をバスで二時間半、安東に着きました。

安東は、韓国で最も韓国らしい美と伝統が息づく地。仏教とともに儒教文化の燦爛な花を咲かせた「韓国精神文化の故郷」であり、五千年の歴史が根付いた礼と学の故郷。韓国儒教の総本山として多彩な文化遺跡が残され、今でも儒教の影響が人々の生活様式に色濃く残っています。安東の見どころは、河回村と屏山書院、鳳停寺、陶山書院などあります。イギリスのエリザベス女王がここを訪問したことにより世界的な観光名所となり、観光客も年々増加しています。 ・・・・ ソウル観光公社より。


案内板を写した。




詳しい案内板です。洛東江に抱かれた河回村 中洲の様な安東村は見どころが多いです。・・・安東村情報ガイドよりお借りした。

 


記念館のパネルから~  ①  エリザベス女王訪問記念館に立ち寄りました。




記念館のパネルから~  ②  その時に饗されたケーキでしょうね~




記念館のパネルから~  ③  独特の食が目を惹きます。





記念館のパネルから~  ④




記念館のパネルから~  ⑤  お菓子の花です。 何で出来てるか良く見れば良かったな~ クレイで出来てる?




館内見学の少女です。 恥ずかしがってる様子が可愛い!!




安東河回村の家々  ①  愈々村のお家の見学になります。




安東河回村の家々  ② 世界遺産に住む人々は大変でしょう!




安東河回村の家々  ③




安東河回村の家々  ④ 野菜畑です。 普段の生活が営まれています。




安東河回村の家々  ⑤  藁ぶきの門です。




安東河回村の家々  ⑥ こちらはしっかりした瓦の屋根。




安東河回村の家々  ⑦ 誰も居ないんですが、普段の生活が想像出来ます。




安東河回村の家々  ⑧ 次に、土壁の家々に成ります。




安東河回村の家々  ⑨  土壁の家々は藁葺きなんです。優しい色彩で温かい雰囲気です。




安東河回村の家々  ⑩  土壁の家々は素晴らしいですね~




村の入り口にある。 魔除けだそうです。 なんだかコワ~~イ!!




出目の出っ歯の木彫りがスゴ~~イ!




木彫りが韓国独特です。まゆ毛の形など独特です。この様なお顔はお面に使われてる。




可愛いおばあさんです。




お嫁さんとお出かけなんです。 表に椅子にかけて待つ、もう一枚お願いした。
帽子を取ってハイポーズ!  ウェブサイトに載せるのは了解です。


安東の河回村が慶州の良洞村と共に韓国伝統歴史村としてユネスコ世界文化遺産に指定されました。ユネスコ世界遺産委員会(WHC)は2010年8月1日に、ブラジルのブラジリアで行われた第34回会議で、「韓国の歴史村・河回と良洞」の世界文化遺産登載を定めました。昨年、朝鮮王陵40基がいっぺんに登載されたのに相次いだ慶事であります。これで韓国は10番目の世界遺産を保有することになりました。
WHCは家屋と亭子、精舍(学問と休息の空間)、書院など伝統建築物の調和と配置方法および住居文化が朝鮮時代の社会構造と独特の儒教的両班文化をよく見せているとし、長年の歳月を維持している点が世界遺産にふさわしいと明らかにしました。朝鮮時代儒者たちの学術的・文化的成果物、共同体の遊び、歳時風俗及び伝統冠婚喪祭が伝え受け継がれる点も高く評価されました。・・・・韓国「慶州」観光情報ガイドより

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

韓国の旅四日目

普門湖周辺の散策

(2011・6・6)

慶州普門観光団地の開発計画により、慶州市の東にある明活山の城跡につくられた50万坪規模の人工湖で、周囲には国際的規模のホテルや慶州ワールドなどの各種娯楽施設や公園施設が整えられています。
普門湖は山道と自転車道が整備されており、ハイキングコースとしても人気があります。また、慶州では特定の場所だけに桜が咲いているのではなく、市内全体が桜で覆いつくされているのが特徴です。見渡す限り桜いっぱいの街ですが、その中でも特に普門湖は桜が美しいところです。風が吹けば花房が舞い落ち、こんこんと降り積もる雪を思わせます。こんな風景の中、桜の季節である4月には慶州桜マラソン大会も開催されます。・・・韓国観光公社のサイトより


コモドホテル慶州朝鮮  ①  翌朝ホテルを出て湖畔に向かいました。

コモドホテル慶州は長い間「ウェリッチ朝鮮ホテル&カジノ」として親しまれて来ましたが、2005年2月に「コモドホテル慶州」と改名され、釜山のコモドホテルの系列として運営されています。ここのホテルは普門湖に面しているため、お部屋のベランダから湖を見渡す眺望も素晴らしい。


コモドホテル慶州朝鮮  ② 

 


コモドホテル慶州朝鮮  ③ 中庭の薔薇のアーチです。




美しい普門湖周辺  ①お洒落な建物はホテルでしょうか?




美しい普門湖周辺  ② スワンのボートが居ますね~

 


美しい普門湖周辺  ③  桜の並木の湖畔です。 




美しい普門湖周辺  ④  穏やかな湖面ですね~




美しい普門湖周辺  ⑤  人工湖とは思えないです。




美しい普門湖周辺  ⑥




美しい普門湖周辺  ⑦




美しい普門湖周辺  ⑧ 




美しい普門湖周辺  ⑨ホテル現代慶州が見えてきました。




ホテル現代慶州 普門湖の湖畔に建つ慶州最大の国際的リゾートホテル、現代クループの リゾート地です。
1970年代に元朴正煕大統領が慶州普門観光団地開発の際にここのホテルで泊まり、執務と休憩を取った場所であります。ルームの中には当時の普門観光団地開発の指針及び指示事項親筆実写本、大統領日記、大統領が直接筆で書いた筆字、写真などが展示されています。


普門湖周辺の地図をお借りしました。(韓国「慶州」観光情報ガイド)




街全体に桜の木が沢山植えられて、春は美しいそうです。花の季節は終わり、可愛い実が生っていました。
早起きの我々は日が昇れば外にカメラ持って出たい習性が~ 湖畔をジョキングする美しい女性と、犬の散歩の男性が居ただけで静かな湖畔でした。

湖畔から戻りホテル前の水車広場に行きました。


コモドホテル 慶州  ① 正面を写して~~




コモドホテル 慶州  ②  朝日が当たってる。




慶州コンコードホテル   お隣のホテルも立派です。




水車の広場   ①  直徑13メ-トル、重さ80トンの韓国最大規模の水車と高さ12メ-トルの滝と池、挽き臼(牛馬が引く)など普門団地の象徴的な付帯施設を備えており、観光客の記念撮影及び待ち合わせの場所としてよく利用される所です。




水車の広場  ②  滝の水は無い、お休み? 人口の滝 (高さ12メートル)




水車の広場  ③  水車はなんと、直径が13メートル、重さが30トンも有る。


 

水車の広場   ④  朝は、観光客は居ません。 




大きな碾き臼(ひきうす)です。




碾き臼(ひきうす)の説明版です。




ハニーサックル(スイカズラ科)Lonicera?




ホテルの前庭にジキタリス(キツネノテブクロ)が咲いていました。




美しいものには、毒が有るかな? 強心剤としての薬効がある。うっ血性心不全の特効薬だそうです。
ただしジキタリスには猛毒がる。




案内板です。

慶州普門観光団地は慶州市にある国際的な観光団地です。

慶州市内から東に約6kmの距離にある普門湖を中心とし、約1,033 haにかけて作られた観光団地で、全地域が温泉地区及び観光特区に指定されています。ここは、1979年4月にオープンした総合観光休養地として、団地の入り口には 高さ12mにもなる人口滝が流れています。 また水車もあり、徳洞湖から流れてくる水を利用し、自然の水圧で回っています。
普門観光団地の中には国際会議場、観光センター、ゴルフ場、総合商店街、観光ホテルなどがあり、伝統的な韓国の建築樣式に合わせてデザインされています。その他、遊覧船の船着場やユクブ村、ソンジェ美術館、普門野外公演場、自動車劇場、慶州ワールドなどの娯楽施設もあります。
普門野外公演場では毎年4月から1月まで、韓国の伝統国楽公演を無料で観覧することができます。また、普門団地にある温泉からは約35.5度の温泉(非加熱)が湧き出ており、温泉も楽しむことができます。
湖に沿って長く広がる散策路は4月になると、桜で団地の中がピンク色に染まります。そよ風に揺られて舞い落ちるピンク色の桜雪は、見る人を思わず微笑ませる魔法使いです。・・・・ソウル観光公社より

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索