ハンガリーにて~

ドナウ川クルーズ   (2010・10・25)

最後の観光に成る。観光のハイライトはドナウ川イルミネーシヨンクルーズです。
ドナウ川には7本の橋が架かっていますが、もっとも歴史が古いのが世界遺産くさり橋です。
暗くなってのクルーズより暮れなずむ方が情緒が有って好きです。


乗船しました。 船内では、ワイン・シャンペン・ジュース・紅茶など好きなものが供されます。





国会議事堂  ① ライトアップされています。ブレてしまいました。




国会議事堂  ②  議事堂前を、ゆっくり通過します。




国会議事堂  ③ ブタベストでは最も大きな建物




くさり橋  ①  夜に見るくさり橋です。




くさり橋  ②




くさり橋  ③




くさり橋  ④




くさり橋  ⑤ 流石に、美しい世界遺産の橋です。




王宮  ①




王宮  ②




王宮  ③ 

 


エルジェーベト橋  ①




エルジェーベト橋  ②




エルジェーベト橋  ③




ダヌビウス・ホテル・ゲッレールト  ①




ダヌビウス・ホテル・ゲッレールト  ②




自由橋  ①




自由橋  ②




自由橋  ③




コニカミノルタですね~




国立劇場は新しい建築です。




ゲッレールトの丘には、シュロの葉を掲げた自由の女神像は、1947年にナチスからブダペストを解放したソ連軍の慰霊のために建てられました。自由像の台座には、ソ連軍兵士の銅像が建てられていましたが1989年の東欧革命後取り除かれました。



ヒースロー空港です。

これで中欧の旅は終わります。
長々本当にお付き合い戴き有難うございました。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ブタペストにて~

旅最後のディナー    (2010・10・25)

ブタペスト最後のディナーはハンガリーの民族舞踊付でした。
少々年カサの踊り手も居られましたが、中々ステキでした。
沢山の画像ですが、写したの全部のせました!!

日本語の歌も有りましたが~忘れてしまいました~~
この後まだ、ドナウ川ナイトクルーズが有りました。 次回はその画像です。



































































⑭  楽団の人は客の間を回り、チップを所望です。




⑮ 旅仲間の一番お若い女性が呼び出されて参加!!

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ハンガリーにて~

ブタペスト市内にて~ ⑧   (2010・10・25)

市内の大きな市場に行きました。

ブダペスト市民の台所「中央市場」です。
教会のような建物に、二階と地下一階の大きな市場です。
おいてある商品は、果物、魚介類、お肉類、お酒、野菜から、お土産物まで有ります。



赤いレンガ作りの市場見学です。




一階ホールです。




お土産の品々でしょうか?




香辛料ですね~




ハロウインの飾りが愛嬌です。




お野菜は日本と同じ様な品々です。




並べ方は無造作です。 日本ではパックされてるのが多いですが、




新鮮なフルーツ達




真っ赤なミニトマト!




パプリカ




ラズベリー(キイチゴ)




ホアグラ?




お馴染みソーセージ




びん詰めのピクルスかなあ?




きのこの標本? もしや? 毒キノコの見分け方?


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ハンガリーにて~

ブタペスト市内にて~ ⑦

エステルゴムとセンテンドレの様子です。

エステルゴムは、ハンガリー北部にある、ブダペストから40km北西に有る都市である。コマーロム・エステルゴム県の首都。人口はおよそ3万人。市内にハンガリー・カトリック教会の総本山の大聖堂があることで知られる。

センテンドレは、旅好きの方の好みにぴったりの町です。店やレストラン、商店の看板、歴史的文化財の街、家々の装飾、どちらを向いても一服の絵となる風景が広がっています。
曲がりくねった通り、7つの尖塔、色鮮やかな家並み、入り組んだ狭い路地、地中海地方に行ったような雰囲気、ドナウベンドで一番人気の高い観光スポットです。また、お土産ショップも多い。


ランチのお店で写した。素敵なランプシェードです。




皮製かなあ?




小さなランプシェードが可愛いな~雰囲気があるシヤンデリアは手作りでしょうか?




エステルゴムの街  ① 驚きのビルです。大急ぎで写した。豊満な女性の裸体が突き出て居ます!!エエッ




エステルゴムの街  ②




エステルゴムの街  ③




エステルゴムの街  ④ 旅仲間のラストを歩いて~ 


ここからは、センテンドレの観光に成ります。



センテンドレ散策  ①  盛りだくさんの観光、道路の渋滞で予定は遅れて~ 暗くなっての観光になりました。




センテンドレ散策  ② 暗くなった街の違った顔がステキでした!




センテンドレ散策  ③




センテンドレ散策  ④




センテンドレ散策  ⑤




センテンドレ散策  ⑥




センテンドレ散策  ⑦




センテンドレの町並みの模型です。綺麗ですね~




現地ガイドの日本人男性をパチリ!

 

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ハンガリーにて~

ブタペスト市内にて~ ⑥

エステルゴムはスロバキアとの国境の町です。
川を挟んで、左がハンガリー、対岸がスロバキアです。
写真にある橋が架かったのはつい最近でそれまで対岸のスロバキアが拒否してきたのです。
それは、ハンガリーが、ハプスブルグ帝国時代に帝國の一部で、、スロバキアはハンガリーに占領されていたのです。


エステルゴムの景色





落ち葉を踏みしめて~




エステルゴム大聖堂からの眺め~  ① ゆったり流れるドナウ川




エステルゴム大聖堂からの眺め~  ② ドナウに架かる、マリア・ヴァレーリア橋、この橋は第一次世界大戦時代ドイツ軍によっては破壊された。以来、2001年にしてようやく復旧、完成した橋である。



エステルゴム大聖堂からの眺め~  ③ 対岸がスロバキアです。




エステルゴム大聖堂からの眺め~  ④ 対岸は、スロバキア




エステルゴム大聖堂からの眺め~  ⑤




エステルゴム大聖堂の黄葉  ①  綺麗なので沢山写して~





エステルゴム大聖堂の黄葉  ②




エステルゴム大聖堂の黄葉  ③




エステルゴム大聖堂の黄葉  ④




エステルゴム大聖堂の黄葉  ⑤  見事な大樹の様子です。


何時までもハンガリー滞在で、お恥ずかしいです。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ハンガリーにて

ブタペスト市内にて~ ⑤

エステルゴム大聖堂に来ました。

エステルゴム大聖堂:マジャール人(ハンガリー人)が、9世紀にウラル方面からドナウ川流域に移動してきたときは、キリスト教徒ではなかった。しかし、955年ドイツ王オットー1世軍と戦って破れたのを契機として国王イシュトヴァーン1世は、キリスト教の文明度の高さを認め、キリスト教に改宗して、国内にキリスト教を広めたという。
その功が認められて、紀元1000年、このエステルゴム大聖堂で、ローマ教皇シルウェステル2世から王冠を授かり、ハンガリー初代の国王となった。


エステルゴム大聖堂です。
大聖堂は19世紀半ばに建てられたもので、ハンガリー最大の規模を誇っています。イシュトヴァーン王の建てた最初の礼拝堂は、12世紀末に火事で焼け落ち、その後再建、そして増築されたが、オスマン・トルコの襲来によって再び焼けてしまった。その後、建築が再開され1906年(明治39年にあたる)に大聖堂は完成した



エステルゴム大聖堂正面 をアップです。




イシュトヴァーン王の像?




大きなドームを下から写した。




美しい壇主祭です。




壇主祭「聖母マリアの昇天」絵画、 一枚のキャンバスに描かれた絵画としては世界最大級といわれる聖画です。




天井の絵画は素晴らしいです。




聖人のモザイク画  ①




聖人のモザイク画   ②




聖人のモザイク画  ③
 



聖人のモザイク画   ④




礼拝堂  後継者である王子イムレを失ったイシュトヴァーン王が聖母マリアに向って「ハンガリーの国をお守りください」と願っている絵だそうです。



聖堂を後に、次の観光になります。


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ハンガリーにて

ブタペスト市内にて~ ④

素晴らしいギフトショップの様子に致します。

ハンガリアン刺繍(カロチャ刺繍)のお店でお買い物です。美しいハンガリーの刺繍は世界的に有名です。
古くから刺繍やレース編みなどの民芸品が盛んで、柄や文様には土地に根付いた文化が伝えられている。
カロチャ村で作り始められたという「カロチャ刺繍」!!

ハンガリーが世界に誇る高級陶器 ・「ヘレンド」もありました。


ハンガリーが世界に誇る高級陶器・「ヘレンド」です。




高級陶器 [ヘレンドのホームページ]




ハンガリアン刺繍(カロチャ刺繍)  ①




ハンガリアン刺繍(カロチャ刺繍)  ② 
 



可愛いお人形  ① カロチャ刺繍のお洋服です。 可愛いです。 




可愛いお人形  ②




可愛いお人形  ③  こちらの刺繍はビーズで作られています、とても高級と思いますが~?




可愛いお人形  ④




可愛いお人形  ⑤  人形好きは沢山写した!!




お針子さん  ①




お針子さん  ②




お針子さん  ③

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ハンガリーにて

ブタペスト市内にて~ ③

街の真中にゲッレールトの丘が有ります。みな歩いて参りました。

観光の合間に、お土産屋さんに行くために、ゆっくり歩きます。
その時に写しながらの、市内の様子です。
観光にとても便利な美しい「ブダペスト・ヒルトンホテル」が有ります。
新旧の建築の対比が面白いんです。ホテルを沢山写しました。


黄色い色が印象的ですね~




ハンギングバスケットが綺麗~~




マーチャーシュ教会の美しい塔が見えます。




ホテルの前を行きます。




ブダペスト・ヒルトンホテルの様子  ①  プレートに書かれてるのは不明です。
ドナウ河と旧市街をのぞむキャッスル・ヒルにある豪華ホテル。中庭の史跡を利用した野外スペースでオペラやコンサートが開催され、レストランでは、ハンガリー料理や各国料理などが楽しめる。


ブダペスト・ヒルトンホテルの様子  ②  歴史を刻む素晴らしい壁面です。




ブダペスト・ヒルトンホテルの様子  ③  アップに写しました。




ブダペスト・ヒルトンホテルの様子  ④  左の建築は古くて素晴らしいです。右は新館の方です。




ブダペスト・ヒルトンホテルの様子  ⑤  新館です。




ブダペスト・ヒルトンホテルの様子  ⑥
ヒルトン・ブタペストは王宮地区のマーチャーシュ教会に隣接し、窓から漁夫の砦を望み、ドナウ川を挟んで対岸には国会議事堂とペスト地区の眺望が楽しめる。石畳の道を辿り、漁夫の砦など、対岸の国会議事堂も望める。



かわいい郵便ポストでしたね~




マチ針の針山がデザインの看板です。 流石! レース編みのお店らしい看板!!




素敵なお土産屋さんに入ります。 次回に載せます。


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ハンガリーにて

ブタペスト市内にて~ ②

ブタペストは、世界でもっとも美しい町の一つと言われて居ます。
人口200万人のこの町は、大河ドナウによって丘陵地帯のブダと平坦なペスト地区に二分されています。
ドナウ河畔の美しい景観は、ユネスコの世界遺産に登録されています


市内の様子  ①  移動しながら写したものです。




市内の様子  ② 遠くの丘に朝の光~ 晴れそうです。




市内の様子  ③  子供たちは課外授業?




市内の様子  ④ レストランは開店の用意?
 



市内の様子  ⑤  歩道も綺麗ですね~



<
美しい、くさり橋  ①




美しい、くさり橋  ② ゲッレールトの丘、漁夫の砦に行くためくさり橋を渡ります。




美しい、くさり橋  ③



中欧にて 1792
美しい、くさり橋  ④




ゲッレールトの丘に有る、マーチャーシュ教会です。




ゲッレールトの丘には、シュロの葉を掲げた自由の像が立つ。アップにしたので画像が鮮明でないのが残念です。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

ハンガりーにて~

ブタペスト市内観光  ①

まず、英雄広場に来ました。

英雄広場の左側には西洋美術館、右側には現代美術館があります。
美術館の建物も神殿風で素敵でした。

大天使ガブリエルの塔を中心に、14体の英雄像が半円状に飾られています。初代国王イシュトヴァーンや、ハンガリー繁栄期を築いたマーチャーシュの像もこの広場に建っています。


英雄広場の英雄像です。歴代の国王、独立戦争の指導者、芸術家など、ハンガリーの英雄が並んでいます。英雄達の足元のレリーフには彼らが勇敢に戦うシーンや活躍の場面がそれぞれ描かれていました。



この広場は、ハンガリー建国1000年目にあたる1896年から建造が開始され、1929年に完成しました。




騎馬像35mの塔の下には、ハンガリー国民の基礎を築いた7部族の部族長がマジャール族長アルパドを筆答に居並びます。迫力あるこの騎馬像はパリの万博でグランプリを取ったそうです。




何処からか? バイオリンの音が~




チップを頂くのですね~




現代美術館です。 立派です!




西洋美術館です。  ハンガリーで随一を誇る、重要な美術コレクションを所蔵する国立西洋美術館だそうです。




西洋美術館です。
この巨体の画像を見た旅仲間の女性(彼女も立派な体格)が「こんなの見るとホッとするわ~」って~爆笑でした。




アートショップ? 手の込んだ細工の建築ですね~。




英雄広場には現代美術館があります。美術館の建物も神殿風で素敵でした。




立派な建築です。バスからの画像です。




バスの窓から~




オペラ座です。1875~1884年にかけて建設され、グスタフ・マーラーが常任指揮者をつとめたことで有名です。




英雄広場に行く道路は真っ直ぐでした。


下記は、ウィキペディアより

ハンガリーはヨーロッパのほぼ中央、東ヨーロッパの山岳地帯の中でドナウ川中流に盆地状に開けた平原を国土とする。この盆地は冷涼で乾燥した草原が広がり、遊牧に適した地理的条件を有するため、中央ユーラシアのステップ地帯から繰り返しヨーロッパに侵入したアジア系遊牧民集団の多くは、ここに根拠地を置いた。彼らはやがてキリスト教世界の一員になり、スラブ人などの周辺民族や、オーストリア・オスマン帝国などの周辺諸国の影響を受けつつ盛衰を経た。冷戦の時代には、社会主義圏にあっていち早く民主化を進め、東欧革命の芽を蒔いた。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索