アレキサンドリアにて

アレキサンドリアの観光  ラスト

長かった、アレキサンドリアにお付き合い戴き恐縮です。これで終わります。

その上、「クリスタルセレニティ」ばかりで、同じ様な画像にてごめんなさい。 
ブログネタ少ないから~ お許し下さいませ~
この後は終日クルーズの後、出発地のギリシャに向けて航海します。


「クリスタルセレニティ」  ① 少し暗くなったがまだ明るい船体です。




「クリスタルセレニティ」  ②  愈々出港が近いのでしょう~




「クリスタルセレニティ」 ③  タグボートが待って居ます。




「クリスタルセレニティ」  ④  好きな時間です。




「クリスタルセレニティ」  ⑤  何時の間にか、タグボートがぐるっと回り込んでいました。




「クリスタルセレニティ」  ⑥  それから又、前の方に~




「クリスタルセレニティ」  ⑦  横移動で岸壁を離れて~




「クリスタルセレニティ」  ⑧  静かに出港しました。




「クリスタルセレニティ」  ⑨  波の波紋が見えます。




「クリスタルセレニティ」  ⑩  お船は、何処に向かって居るのかなあ~ 
この時船のスタッフも出港を見て居ました。
「カメラの画像見たい」と言われて~ 見て貰いました。 「ナイス」って言ってくれました♪ 



「クリスタルセレニティ」  ⑪   すっかり暗くなって~~ 




「クリスタルセレニティ」 ⑫  もう一度アップで写して~~~ 別れを惜しんだ~




「クリスタルセレニティ」が居なくなって~、寂しい感じのターミナル、 向こう側に居るのは昼間見えなかったお船です。

この後船内に戻った。少し遅れてデイナーの席に~ 
添乗員さんが,「アレキサンドリア如何でしたか? 心配してました」
「ハイ! 楽しかったえす。 早めに帰りましたが、今出港のクリスタルセレニティを見送りして来ました。」 ってお話した。 
見送りを喜ぶこの気持ちは判らないだろうか~


ロッテルダム号は、23時、アレキサンドリア港を出ました。遅い時間でしたが見ている人はいた。




翌日はアテネに向けて終日クルーズです。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

アレキサンドリアにて

アレキサンドリアの観光  ⑨

此処は中々お目に係れない風景と人々の様子でしょう~
繁華街の歩道にヤギが居たり、ビルの間の空き地に生活してる?羊飼いが~ 
裏通りは危なかったかしら? 無事帰国出来て良かったです。 ハッハハハ~~


裏の通りにきました。 一寸心配な場所では有ります。





人もお店も大変混雑して居ます。無事通過出来ました。 
スリにも合わず(アレキサンドリアは、カイロと違うって怒られそう~~)





混沌として賑やかな裏通り!





羊さんは、毛を刈られてます。





お食事中の皆さん!





珍しい毛皮の羊さんですね~





ヤギさんは紙食をべた方が良いと思いますが~~





新鮮な魚は近くの地中海で釣れたのでしょうか~





卵を並べて居ます。自然飼育の卵かな? 養鶏場の飼育小屋の中で飼われてるものと違い美味しい卵でしょうねエ~~





ミンチを伸ばして居ます。





ナンの様な生地の上にミンチ乗せています。焼いて売るんでしょうか?


この後船に戻りホッとしました。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

アレキサンドリアにて

アレキサンドリアの観光  ⑧

綺麗なターミナルの撮影後、地中海の見える海岸に行こうと地図を片手に出かけた。
港に出る途中の賑やかな裏通りを抜けて行きます。
大丈夫かなあ~と心配も有りました。 

色んな匂いが満ちています。水たまりあります。 相棒と離れ離れで迷子の心配があります。
必ず目の端に確認しながら~ 撮影です。
無事に海岸に行く事が出来たのですが、キレイキレイの観光に無い庶民の姿が写せて満足でした♪


普段着の裏通りの様子です。





華やかな短冊の飾り~ 七夕? っておもいますよね~





果物です、左はマクワウリ? それとも野菜? オレンジにバナナに~





洋ナシかなあ?それともグアバ?





野菜の山です。





白いマクワウリ?レモン?





へちまです。 やっぱり身体洗うのかなあ?





おおっ 赤玉ねぎです。





自転車の上が野菜の陳列です。





パン焼いてました。






ソーセージの暖簾です。 こんな姿も日本との違いでしょう~





木製とプラスチックの洗濯バサミです。 どちらが安いかなあ~? 見れば良かったわ~

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

アレキサンドリアにて

アレキサンドリアの観光  ⑦

バスで途中下車出来なくて~ まず、ターミナル写してから市内に戻りました。
早朝に停泊してた、「クリスタルセレニティ」が居ます。 オオッこれを写さないなんて~考えられない。
急ごう~~ ハッハハ~~ 
夜まで居るのに、元気な足取りに成るから~ 不思議!!


クリスタルクルーズ の「クリスタルセレニティ」の雄姿!





ターミナルに行きましたが、暑い中頑張って歩いた。





クリスタルクルーズ の「クリスタルセレニティ」の前方、全体は、ここでは私のカメラには入らない。





ターミナルセンターの左右の、「クリスタルセレニティ」と「ロイヤル・プリンセス」ターミナルの向こうにもう~一隻居ますが、何処のお船か?判らなかった。





お土産屋さんも賑やか~





こちらのターミナルからは良い姿に写せなかった「ロッテルダム号」





大きなロータリーですねエ~





ターミナルに入るバス用の道路は整備されてる。





綺麗に作られてるターミナルです。 ロッテルダムの船着き場と随分違うなあ~~





左に、「クリスタルセレニティ」・右道路の先に、「ロイヤル・プリンセス」二隻を写して~





クレーンがまさに、林立です。





十字架が見える。 これはバスの中から写したものです。





さあ~ 市内に行きましょう~♪


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

アレキサンドリアにて

アレキサンドリアの観光  ⑥

アレキサンドリア図書館に併設の展示品の一部です。
集合時間が迫り少しだけ見たので詳しくは判りません。 
歴史的な素晴らしいものでしょうが、語学力無き故、説明出来ません、お許し下さい。


展示品  ①





展示品  ②





展示品  ③





展示品  ④





展示品  ⑤





展示品  ⑥





展示品  ⑦





展示品  ⑧





展示品  ⑨





展示品  ⑩





展示品  ⑪


詳しくは、こちらでお勉強くださませ~~

アレキサンドリア図書館公式日本語サイト

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

アレキサンドリアにて

アレキサンドリアの観光  ⑤

アレキサンドリア図書館の様子

1974年、アレキサンドリア大学で図書館復興案が提起され、1988年、大統領令により教育省の管轄下に置かれ、2001年国民議会によりムバラク大統領の直轄プロジェクトとして再建が進められ、総工費1億7,600万ドルを投じ、最新の建築技術を駆使して建てられ、2002年10月16日に開館しました。

77ヶ国から寄せられた設計デザインの中から選ばれた、ユニークで斬新な図書館は、建物のどこからでも海が見えるように後ろへ傾いた太陽円盤を象っています。薄く色付けされたガラス製の屋根を通して館内に入ってくる光により、来館者は時を知ることができます。



壁面には全地球上の文字が刻まれている。ユニークで斬新なデザインの図書館です。 ここから入館しました。





広い敷地は多くの観光客で賑わっていました。





超近代的な図書館はアレキサンドリアの自慢のものです。





館内は素晴らしいデザインです。





薄く色付けされたガラス製の屋根を通して館内に入ってくる光により、来館者は時を知ることができます。・・・これですかね?  とにかくエアコンが効いてて涼しい。




図書館と言うより観光客用?





観光客で賑わっています。





細長いブロンズ像ですね~





色んな展示品が有りました。





古い輪転機でしょうか?



古代の図書館は、エジプト・プトレマイオス朝の最後の女王クレオパトラ時代にローマ軍の放った矢で焼失し、その後一度再建されたが、キリスト教徒かイスラム教徒によって破壊されたとする古代図書館跡から東に数百メートルのところに建てられたという。ユネスコの協力を得て、世界中から集められた二億五千万ドル(約三百億円)の資金と十五年の歳月を通じ建設された、自然採光型の超近代的図書館です。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

アレキサンドリアにて

アレキサンドリアの観光  ④

円形劇場に隣接する場所には、水中で発見されたファロスの灯台の物と思われる石像など沢山展示されていました。

アレキサンドリア沖にあった世界の七不思議の一つに挙げられる「ファロスの灯台」は、大地震により倒壊してしまい、その姿を見ることはできません。しかし、1995年に行われた調査で発見された数々の彫像や石材は、ファロスの灯台の一部であると思われます。
無造作に置かれてるのは、宝の山なのに何故でしょうか?不思議です。
私が勝手に思うに、大切な物は良い場所に保管されたんでしょう!! スゴイ数の物が有るんでしょう~


展示品   ① 円い物何を表してるのか空想中です。





展示品  ②  顔なしの上半身ですが美しい体型です。





展示品  ③  これは何か?不明です。





展示品  ④  すっかりすり減って「顔」って判るのですね。





展示品  ⑤  象形文字は一般にヒエログリフ(聖刻文字)とよばれて居るそうです。





展示品  ⑥  古代エジプトのヒエログリフ(聖刻文字)が刻まれて居ます。



 

展示品  ⑦  引き上げの説明と写真でしょうね?





展示品  ⑧  巨大な遺跡の引き上げの様子。





展示品  ⑨  図解ですが、さっぱり判らない。写真で空想して下さい。





展示品  ⑩  スフィンクスと思われます。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

アレキサンドリアにて

アレキサンドリアの観光  ③

カーイトベイ要塞の観光後バスでローマ円形劇場に向かいました。
ローマ時代後期に建てられたとされるエジプトに現存する唯一の円形劇場で、1964年に発見されました。
現在も発掘が進められており周囲には、共同浴場なども見つかっています。この劇場は音響効果が優れている事から昔は、演劇、コンサートなどが行われていた様です。
劇場中心部に立ち、声を上げたり、拍手すると良くひびきました。


バスからの眺め   ① まあ~ 沢山船が出てます。 





バスからの眺め   ② 漁のお船? 観光のお船?





バスからの眺め   ③ ガラス越しでは青い画像です。





バスからの眺め  ④ 立派なビルを急いで写しました。





バスからの眺め  ⑤  海岸とビルの間には大きな公園(緑地帯)があります。





古代の円形劇場跡  ①  遺跡に到着しました。


 


古代の円形劇場跡  ②  市街地の中の有ります。





古代の円形劇場跡  ③  奥の方に修復作業に携わってる人がいます。





古代の円形劇場跡  ④  浴場跡も有るんですが~ 何処だったかな?





古代の円形劇場跡  ⑤ 通路でしょうか?





古代の円形劇場跡  ⑥





古代の円形劇場跡  ⑦





古代の円形劇場跡  ⑧





咲き残ってる火焔木(フレームツリー)は高い枝の上です。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

アレキサンドリアにて

アレキサンドリアの観光  ②

引き続きカーイト・ベイの要塞の様子です。

カーイト・ベイの要塞は、北の入江の先端にある。
アレキサンドリアの名所の一つです。かつてここには、頂上に ポセイドンの像を持つ高さ125mのファロスの灯台がありました。現在、この要塞はモスクと海洋生物 博物館を合わせ持ち、ここから市街と地中海の素晴しい景色を見ることもできます。

「ファロスの灯台」は、大地震により倒壊してしまい、その姿を見ることはできません。
しかし、1995年に行われた調査で発見された数々の彫像や石材は、ファロスの灯台の一部であると思われます。
1477年に建設されたカーイト・ベイの要塞は、このファロスの灯台跡に建てられました。


カーイト・ベイの要塞の正面です。





カーイト・ベイの要塞には錆びた大砲がある。





カーイト・ベイの要塞内の様子  ①  ミニチュア(模型)です。





カーイト・ベイの要塞内の様子 ②





カーイト・ベイの要塞内の様子  ③





カーイト・ベイの要塞内の様子  ④





カーイト・ベイの要塞内の様子  ⑤





カーイト・ベイの要塞内の様子  ⑥





カーイト・ベイの要塞内の様子  ⑦





ジャカランダ  ①





ジャカランダ  ②





ジャカランダ  ③




火焔木(フレームツリー)



kaitobay.jpg


カーイト・ベイの要塞の画像 【グーグルアース座標】 31°12'49.51"N 29°53'7.91"E

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

アレキサンドリアにて 

アレキサンドリアの観光  ①

早朝のアレキサンドリアに入港しました。

エジプトのアレクサンドリアは、ギリシアのマケドニア王であったアレクサンドロス大王紀元前332年によって建設された。
アレクサンドロスの死後は、その部下だったプトレマイオス1世がエジプトを支配し、古代エジプト最後の王朝であるプトレマイオス朝の首都として発展した。
一時は人口100万人を超えたともいわれ、そのため「世界の結び目」と呼ばれた。

古代のアレクサンドリアは世界の七不思議の一つに数えられる巨大なファロス島の大灯台(現カーイト・ベイの要塞)や、各地から詩人や学者たちが集まってきた学術研究所ムーセイオン、文学・歴史・地理学・数学・天文学・医学など世界中のあらゆる分野の書物を集め、70万冊の蔵書を誇りながらも歴史の闇に忽然と消えたアレクサンドリア図書館があり、ヘレニズム時代の商業(地中海貿易)と文化の中心地として栄えた。『幾何学原論』で知られる数学者のエウクレイデスや、地球の大きさを正確にはかったアレクサンドリア図書館長エラトステネス、アルキメデス、ヘロン、クラウディオス・プトレマイオスなどが活躍した。・・・ 検索にて~


アレキサンドリアの市街はまだ暗い!





港には、クリスタルセレニティの姿が有りました。





クリスタルセレニティ  ①  憧れの船です。


 


クリスタルセレニティ  ②  段々明るくなって~ 


 


クリスタルセレニティ   ③  すっかり明るくなった海に浮かぶ、クリスタルセレニティです。





着きましたね!!





ロッテルダム号の岸壁の向こうに、クリスタルセレニティが停泊の岸壁です。





大きな港です。 クレーンと貨物船





観光はカーイト・ベイ要塞からです。
カーイト・ベイの要塞は、北の入江の先端にあるこの要塞はアレキサンドリアの名所の一つです。
かつてここには、頂上に ポセイドンの像を持つ高さ125mのファロスの灯台がありました。




カーイト・ベイ要塞を横から写した。
この要塞はモスクと海洋生物 博物館です。ここから市街と地中海の素晴しい景色を見れます。





要塞のメインの建築、この中はこの後で見学しました。





要塞はとても広いです。





カーイト・ベイの要塞から、写しづらい、ビル街と地中海!





カーイト・ベイの要塞の屋上で過す人々です。少し奥からパチリ!



テストしました。    murmur1さん お陰さまでした♪  

デジブック 『 イスタンブールにて 』


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索