マレーシア(マラッカ)にて



マラッカの観光  ラスト


多彩なマラッカはこれで終了です。
華やかな色彩で溢れかえった予想外の様子を見れたのは旅の醍醐味です。
私にとって、とっても未知の国だったとつくづく感じました。 世界は未知の事がいっぱいです。


malac-tae 253
子供たちがカワイイ♪ 顔は日本人に似てるネ~ 




malac-tae 250
乾麺の横に「へちま」が置いて有って楽しい♪ 




malac-tae 249
乾麺の種類は多いのね~




malac-tae 251
お菓子屋さん




malac-tae 252
お饅頭?




malac-tae 255
何の木?




malac-tae 256
マラッカに別れを告げました。




malac-tae 258
暑かった観光がウソのようにマラッカは霞んでいます。




malac-tae 261
夕焼けは望めなかった。


マラッカの観光が終わります。 次はクアランプールに成ります。
その前に旅行社のパーティーの様子にしょうかな?

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

マレーシア(マラッカ)にて

マラッカの観光  ⑩

チェン・フー・テン寺院の様子
1646年に建てられた、マレーシア最古の中国寺院。このお寺は、明の永楽帝の命を受けマラッカ大航海を支持した「鄭和」を称えて建てられた寺院です。 中国南部の建築様式を取り入れ、屋根には陶磁で出来た繊細な中国の美しい装飾が施されています。寺院の内部にも様々な装飾が施されています。

malac-tae 247
中国仏教寺院。寺院の名は、その昔中国からマラッカへ向かう途中嵐に遭い沈没しかけた交易船を救った魚に由来するそうです。船体にできた穴にその魚は命と引き替えに体を張りつけ穴を防ぎ沈没を防止したと言い伝えられています。




malac-tae 234
素晴らしい屋根  ① 見事なので屋根ばかり写しました。




malac-tae 232
素晴らしい屋根  ②




malac-tae 231a
素晴らしい屋根  ③




malac-tae 227
素晴らしい屋根  ④




malac-tae 230
脇からの入り口




malac-tae 248
二階に廊下が有ります。




malac-tae 238
中国仏教寺院らしい雰囲気です。




malac-tae 240
仏さまのお顔が優しい




malac-tae 244
正面から~




malac-tae 239
華やかなお供え物  ①




malac-tae 242
華やかなお供え物  ②




malac-tae 245
華やかなお供え物  ③  蝋燭(キャンドル)に火が点けられてる!




malac-tae 246
すかして見える彫り物

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

マレーシア(マラッカ)にて

マラッカの観光  ⑨

観光客と地元の人で賑やかな通りです。 迎えの観光バスが入れない。
お店を見ながら美しい商店街を歩いた。 
提灯が美しいのでいっぱい写した。

malac-tae 202
ジョンカーストリート?  ①  提灯の通り  




malac-tae 204
ジョンカーストリート  ②




malac-tae 205
ジョンカーストリート  ③





ジョンカーストリート  ④  アブチロン (チロリアンランプ) みたい♪




malac-tae 213
ジョンカーストリート ⑤




malac-tae 214
ジョンカーストリート  ⑥




malac-tae 216
ジョンカーストリート  ⑦




malac-tae 222
ジョンカーストリート  ⑧




malac-tae 218
華やか~




malac-tae 221
提灯が有ってよけい綺麗 !!




malac-tae 223
楽器でしょう!




malac-tae 224
可愛いマグネット?




malac-tae 226
土産用の小物屋さん




malac-tae 225
提灯のお店  エンタープライズ(enterprise)って有る?




malac-tae 208
マラッカ名物、サイドカー仕様の人力車 「トライショー」




malac-tae 210a
人力車 「トライショー」  ベンツのマークに似てるなあ~




malac-tae 229
「トライショー」・・重いかな?

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

マレーシア(マラッカ)にて

マラッカの観光  ⑧

ジョンカー通りはマラッカのメインストリート。通りの両側にはアンティークショップやレストラン、 カフェなどが建ち並ぶ、最も賑やかな通り。土曜の夜はナイトマーケットも開催 されます。

「ショップハウス」は主に1階が商店、2階が住居となっている建物で、マラッカの街でもよく見かけますが、実はこのショップハウスも時代によってさまざまな様式が存在します。マラッカでは初期のオランダ様式から近代スタイルのものまで実に様々なスタイルのショップハウスを見ることができます。建物の中にもヨーロッパの列強国や、大陸から渡ってきた中国人の歴史を見てとることができます。ショップハウスを見ながらマラッカの歴史を探訪するのも面白いかも知れません。 ・・・ 検索にて




malac-tae 182a
オランダ広場にて  ①  暑いから一休み!




malac-tae 183
オランダ広場にて  ②  みんな明るい~




malac-tae 185
オランダ広場にて  ③ Ⅴサインも遠慮がち♪




malac-tae 184
オランダ広場にて  ④  みんな可愛いなあ~




malac-tae 187
オランダ広場にて  ⑤  みんな行きすぎました。 「変ななおばさん」 って聞こえた様な?
    



malac-tae 188
「ショップハウス」二階の様子  ①
「ショップハウス」は主に1階が商店、2階が住居となっている建物で、マラッカの街でもよく見かけますが、実はこのショップハウスも時代によってさまざまな様式が存在します。



malac-tae 189
「ショップハウス」の二階の様子  ②




malac-tae 190
「ショップハウス」の二階の様子  ③




malac-tae 192
欧米風な看板なのにコリアで面白い。 おしゃれです。




malac-tae 193
提灯 年代物ですね!




malac-tae 200
扉の細工が素晴らしい。




malac-tae 197
アンティークな物でいっぱいの家具屋さん? 




malac-tae 196
骨董屋さんかな?




malac-tae 195
掘り出し物有りそう!




malac-tae 199
お店の仕切りが面白い!



↓ 参考にさせて頂いたサイトです。

http://tonyjsp.com/melaka/index.html

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

マレーシア(マラッカ)にて


マラッカの観光  ⑦


セントポールの丘から マラッカ観光メインのオランダ広場に行きました。
噴水を中心に、教会や時計台、旧総督邸等オランダ時代の建物が並ぶ、マラッカ一のシャッターポイントです。

malac-tae 150
丘からの眺め  ① ツアー仲間は先の方の階段を下りて居ます。




malac-tae 144
丘からの眺め  ②




malac-tae 146
丘からの眺め  ③




malac-tae 167
ハイ! チーズ♪




malac-tae 173
可愛いお土産屋さんをパチリ!




malac-tae 177
ビクトリア噴水、オランダをイメージして作られた風車。




malac-tae 176
丸く剪定された木の向こうに見える建物の、左がスタダイス博物館、右はクライストチャーチ。
スタダイスとはオランダ語で「議事堂・市役所」の意、ポルトガルから支配権を奪ったオランダが1650年に完成させたビルディングで
18世紀まで使われていたそうです。



malac-tae 174
キリスト教会(クライストチャーチ)
1753年に完成したオランダ建築の代表例とされる木造のプロテスタント教会です。 赤色の壁に純白の十字架が印象的!




malac-tae 179
暑さの中の観光で、この噴水から涼を頂いて~!




malac-tae 178
ヨーロッパ風の噴水。左がスタダイス博物館、右はクライストチャーチ。




malac-tae 157
名前が判りません。




malac-tae 145
南国の木々  ①ゴールデンシャワー (マメ科) (和名:ナンバンサイカチ)でしょうか? 不確かです。




malac-tae 154
南国の木々  ②  レッドサラカ  (和名:タイピンアソカ) ??



 
malac-tae 172
南国の木々  ③




malac-tae 169
南国の木々  ④イエローフレーム (マメ科)  (和名:黄炎木)  ??

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

マレーシア(マラッカ)にて

マラッカの観光  ⑥

マラッカ州は三つの行政区分に分割されています。中央に位置するのがヒストリカル(歴史的な)シティとして市政都市「マラッカ」。東側がアローガジャ(Alor Gajah)地区、そして西側がジャシン(Jasin)地区です。マラッカ州の北東部はネグリセンビラン州、西南部はジョホール州となっています。

中心部マラッカシティ地区の観光です。

malac-tae 115
独立記念博物館
イギリス占領時代、マラッカに英国人将校たちの社交クラブとして1891年に創設された「マラッカ倶楽部」。1912年、会員たちの集うクラブハウスが建設されました。英国風の洋館はマラッカの古き良き時代を彷彿させてくれます。


malac-tae 112
独立記念博物館前の賑わい





malac-tae 113a
派手なトライショーがいっぱい待ってる。




malac-tae 120
マラッカの人でしょうか?




malac-tae 123
サンチャゴ砦




malac-tae 152
セントポール教会跡のあるセントポールの丘は、マラッカの街を見渡せるベストビューポイント。




malac-tae 160
フランシスコ・ザビエルの像がありました。




malac-tae 138
セントポール教会跡の中にて  ①




malac-tae 141
セントポール教会跡の中にて  ②  ギターを抱えたストリートミュージシャンの演奏が~




malac-tae 136
セントポール教会跡の中にて  ③ 
 
高さ2メートルの墓石がズラリと並んでいます。この墓石に刻まれているのは同じキリスト教徒でもプロテスタント派の功績者・信者さんたちです。
イスラム教徒とキリスト教徒の死後の世界に対する価値観が相反するため、マレーシア政府は墓地の撤去を宣言し、格調高い庭園建設工事に取りかかろうとしました。この情報をキャッチしたクライストチャーチ信者たちは、墓地撤去に抗議しましたが、マレーシア政府はこれを拒絶。墓地の代替え地も見つからないまま困っていたその時、カソリック教会が救いの手を差しのべました。
せめて墓石だけでも保存したい!というプロテスタント派の信者の気持ちをくみ取り『キリストの名において』カソリック派の信者が撤去工事の進む現場でチカラを合わせて墓石を、このセントポール教会史跡に運び込んだのです。 ・・・  Tony's Net Home>マラッカガイド> より

malac-tae 133
セントポール教会跡の中にて  ④ 古木




malac-tae 125
真っ青な空!




malac-tae 126
マラッカ スルタン・パレスが奥に見える。




malac-tae 122
マラッカ スルタン・パレス 王宮を再現した建物(マラッカ王宮博物館)・現在は文化博物館となって居る。




malac-tae 129
セントポールの丘からの眺め  ①  遥か沖にコスタ・アレグラが見える♪




malac-tae 130
セントポールの丘からの眺め  ②




malac-tae 131
セントポールの丘からの眺め  ③





malac-tae 128
アブラヤシ、アフリカンオイルパーム (前にNHKのニュースでは「パームヤシ」と呼んでいました。




malac-tae 121
ピンク・テコマ(Pink tecoma) 




malac-tae 127
八重のハイビスカス。


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

マレーシア(マラッカ)にて

マラッカの観光  ⑤

「カンポン・モルテン」の見学後、サンチャゴ砦・セントポール教会跡・フランシスコ・ザビエルの像などポルトガル、オランダの支配の歴史を大きく反映した植民地時代の面影が残る場所に参ります。

malac-tae 091
立派なお家ですね~




malac-tae 094
マクドナルドのお店も!!




malac-tae 108
タビビトノキ(旅人の木) 別名 オウギバショウ(扇芭蕉)




malac-tae 109
サンチャゴ砦が見えて来ました。 後で観光します。




malac-tae 106
人力車「トライショー」で観光してます。




malac-tae 103
木陰で屯す若者たち。




malac-tae 085
お馴染ブーゲンビレア




malac-tae 101
熱帯の樹木  ①




malac-tae 095
熱帯の樹木  ②




malac-tae 096
熱帯の樹木  ③




malac-tae 104
熱帯の樹木  ④




malac-tae 086
レインリリィー( ゼフィランサス) 雨が降ると咲くのでこの名前が有る。




malac-tae 087
アデニウム (別名:砂漠のバラ、デザートローズ、キョウチクトウ科)・・・ 又写しました。
  



malac-tae 082フリーセア ポエルマニー
ジンジャーか? フリーセア ポエルマニー




malac-tae 100a
ベンガルヤハズカズラ(ベンガル矢筈葛)  ローレルカズラ ?
 
ツンベルギア・ラウリフォリア(Thunbergia laurifolia) 別名を ブルートランペットバイン?




malac-tae 097s
ブルートランペット(キツネノマゴ科)?

ベンガルヤハズカズラ(ベンガル矢筈葛)  ローレルカズラ  どれも似てます。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

マレーシア(マラッカ)にて

マラッカの観光  ④

引き続き 「カンポン・モルテン」 の観光の様子です。 マレーハウスは家の真ん中の天井が開けられて風の通りも良く明り取りでも有ります。
一年中真夏のマラッカですがこの様な工夫で過ごしやすい。

マレーシアは、行政的には13の州、それに連邦特別区の首都クアラルンプールとラブアン島に分けられます。このうち、西マレーシアの王様のいる9つの州から、各王様が5年周期で、この王宮に住みます。1回りするのに5×9=45年掛かります。州の王様は世襲制です。


malac-tae 060
庭の様子   ①  ランプが飾られて~




malac-tae 061
庭の様子   ②  鉢が多いから水やり大変かな?




malac-tae 062
庭の様子  ③




malac-tae 065
風の通り道で涼しいかな?




malac-tae 059
天井から明りとり




malac-tae 063
空が見えますね~




malac-tae 072
王様の写真でしょうか?




malac-tae 066
お部屋の様子   ①




malac-tae 071
お部屋の様子   ② 




malac-tae 074
お部屋の様子   ③




malac-tae 075
お部屋の様子   ④




malac-tae 070
古い家庭道具が有りました。アイロンは昔日本でもありました。




malac-tae 078
ヤシの実を加工してる様子 何をしてるのかな?

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

マレーシア(マラッカ)にて

マラッカの観光  ③

「カンポン・モルテン」と呼ばれる、風致地区マレーハウスを続けます。
観光名所ですが、普段も此処で生活されています。 

malac-tae 054
マレーハウス  ① 内部を見せて頂きました。




malac-tae 057
マレーハウス  ②




malac-tae 056
マレーハウス  ③  この家の坊やです。




malac-tae 058
マレーハウス  ④




malac-tae 055
マレーハウス  ⑤




malac-tae 077
現地ガイドは日本語が上手で明るい。 日本にも来て観光したそうで、温泉に入った時のまず驚いたのが「まっ裸」だった事だそうです。




malac-tae 050ムサ・ヴェルティナ
バナナの花




malac-tae 040
アデニウム (別名:砂漠のバラ、デザートローズ、キョウチクトウ科)




malac-tae 044
アリアケカズラ (アラマンダ)  キョウチクトウ科 アリアケカズラ属




malac-tae 042
ヘリコニア・ロストラータ  バショウ科




malac-tae 046
赤いカンナ




malac-tae 047
ゼリーの様なお菓子を頂きました。




malac-tae 048
甘かったです。




malac-tae 051s
ここの持ち主の若い親子です。

???  タイトルの文字が青く成らないです。


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

マレーシア(マラッカ)にて

マラッカの観光  ②

東南アジアの中心に位置するマレーシアは、マレー半島とボルネオ島の一部・サバサラワク州から成り立っています。国土面積はマレー半島部分とボルネオ島部分を合わせ、33万338平方キロメートル。日本の面積の9割弱の広さの土地に、日本の16%の人口が住んでいることになります。そして国土の約60%が熱帯雨林で覆われています。人口約2500万人のマレーシアは、マレー系・中国系・インド系、そして多数の部族に分けられる先住民族で構成される多民族国家です。それぞれの民族が持つ宗教、生活習慣の融合は独特な文化を生み、マレーシアの魅力の魅力を創り出しています。また、のんびりとくつろぐことの出来る砂浜、南国の熱帯雨林、魅力的な島々、神秘的で荘厳な山々など自然美に溢れる国です。・・・ 検索にて

まずバスで観光しました。
マラッカ中心部北部に広がる「カンポン・モルテン」とう地区には、マレーハウス(高床式の住居)が建ち並びます。
風致地区マレーハウスの様子です。

malac-tae 023
とても沢山の花鉢が並んで居ました。




malac-tae 025
お家の周りは華やかに飾られて居ます。 




malac-tae 021
ペチュニアのハンギングが有りました。 洋花が珍しいでしょうか?




malac-tae 024
家の周りにいろんな植物や置物が有ります。




malac-tae 027
花キリンがイヤに大きい。




malac-tae 030
鉢や置物が沢山飾られて居ます。




malac-tae 031
手入れは大変ですよネ~~




malac-tae 029
手前はミニチュアの建物ですね~




malac-tae 033
家の飾りは賑やかです事!




malac-tae 020
普通のお家かな?




malac-tae 037
植物の様子   ①




malac-tae 036
植物の様子   ②




malac-tae 035
植物の様子  ③ 




malac-tae 034
植物の様子  ④ 




malac-tae 039
植物の様子  ⑤ 




malac-tae 038
植物の様子   ⑥

追記
インドネシアのスマトラ島より渡来した王子パメスワラ(後の初代国王)により1396年に建国された「マラッカ王朝」の首都『マラッカ』です。大航海時代以降ポルトガル、オランダ、イギリスに植民地支配を受け第二次世界大戦中には日本に占領された過去を持っています。

「マラッカを知らずしてマレーシアを語るべからず」がマラッカの観光フレーズだそうです。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索