運河の様子です。

運河通過の様子

パナマ運河の通過はあと少しです。 余り変わり映えしないのですが続けます。
実を言うと日焼けか? かぶれか? 悲惨な顔になった私でした。
パナマ運河の強い日差しに疲れた私は部屋のベランダで過ごしました。
そこで少し写した画像です。

2段式多榮子 074a
並走のヴィーンダム
 


2段式多榮子 070a
3人の作業員が水槽の扉の上を歩いている。     


2段式多榮子 091a
水門の扉の開閉で 「く」 の字に


2段式多榮子 096a
牽引機関車の通るレール  


2段式多榮子 108a
すれ違ったタンカー
 

2段式多榮子 110a
これはコンテナ船?何を運ぶのでしょう?


2段式多榮子 114a
牽引機関車 何処製?(もしや?三菱製?)

 
2段式多榮子 033a
掘削現場の様子


2段式多榮子 035a
掘削現場近くのキバナイペー


2段式多榮子 037a
キバナイペーが鮮やか!


2段式多榮子 051a
ヘドロ・ミゲル閘門で通過終了


2段式多榮子 055a
ヘドロ・ミゲル閘門は少しで終わる。 


2段式多榮子 039a
つり橋が見えてる。


2段式多榮子 043a
ヘドロ・ミゲル閘門近くのつり橋


nida23d.jpg
アメリカ橋通過 太平洋に出ます。(夫の画像です)



次は終日クルージングです。

続きを読む

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

パナマ運河の様子

ひき続きパナマ運河の様子
ガトゥン湖に入って湖の様子を見ながら過した。

2段式多榮子 003a
ガトゥン湖の浚渫設備です。 初め見た時何かな?と本当に驚いた。
 

2段式多榮子 004a
ガトゥン湖の浚渫設備です。

  

2段式多榮子 007a
ガトゥン湖の浚渫設備です。 大蛇を連想しました。


2段式多榮子 011a
ガトゥン湖の浚渫設備です。ここでパイプは地上に上がっていた。


2段式多榮子 023a
通過中のガトゥン湖の景色
 

2段式多榮子 026a
通過中のガトゥン湖の景色


2段式多榮子 027a
 通過中のガトゥン湖の景色


2段式多榮子 028a
ガトゥン湖の水源のチャグレス川。上流にダムが造られ、ガトゥン湖の水位を保っています。乾季でも運河の通行を維持します。


2段式多榮子 030a
運河に平行してパナマ鉄道・貨物列車が走っています。


◇ガトゥン湖湖水路深底化プロジェクトについて


パナマ運河の浚渫について阿部 賢一さんのホームペーシより引用です。

このプロジェクトは、2002年に始まり、現在の湖水面の信頼性を維持するのが目的である。
深底化により、運河の全体貯水量を増大させるもので、ガトゥン湖、アルハジュエラ湖、マデン湖を含めて25%増量となる。これにより喫水管理がより効果的に行えるようになり、季節的な旱魃やエルニーニョのような気象現象に伴う水量不足の影響を少なくすることができる。

 約670万m3が浚渫されることになり、その工費は1億9千万ドルと見込まれている。2001財政年度で、1,390万ドルが支出された。運河庁は、二十世紀中に、7ヶ年水路深底化工事を承認したところである。

◇引き綱機関車群の増強と改善
パナマ運河庁はここ数年、三菱グループとの間で多年度にまたがる製造・供給契約を結んで、引き綱機関車の性能増強を図ってきた。最近、新機関車34両を発注したが、そのうちの16両はパナマで三菱とパナマ運河庁の職員が一緒になって現地組み立てするというユニークな契約条項付きである。三菱側にとって現地組み立てというケースは稀なことだが、この生産方式により、パナマ職員の技術向上と技術移転を目指す。新しい機関車は旧式のモデルに比べて、牽引能力を50%高め、戻りのスピードをより早くする。これにより、船舶の水槽内の滞留時間を短くする。機関車の重量は55トン、290HP2台の牽引ユニットで、311.8キロニュートンの牽引力を有する。

世界二大運河通航記 より

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

並走はヴィーンダム

ヴィーンダムと仲良く  閘門通過の様子!

パナマ運河多榮子 035a
多くの人がお互いデッキで運河通過を見つめる。 


パナマ運河多榮子 038a
 ヴィーンダム のファンネルが面白い。


パナマ運河多榮子 053a
ヴィーンダムの方が少し早いわ~


パナマ運河多榮子 056a
ヴィーンダムは間もなく出るかな?


パナマ運河多榮子 057a
水位の違いが判る。


パナマ運河多榮子 065a
ヴィーンダム先に湖面に出ました。


パナマ運河多榮子 078a
牽引機関車はここまで


パナマ運河多榮子 086a
湖面に出ました。後続の船が今上がってきた閘室に入っています。
その後ろには、はるか下に大西洋の海面が見えます。

パナマ運河多榮子 090a
ガトゥン湖に出ました!!


パナマ運河多榮子 099a
ガトゥン湖の様子  ①


パナマ運河多榮子 104a
ガトゥン湖の様子  ②  


テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

パナマ運河にきました。

いよいよパナマ運河の観光

パナマのクリストバルに入港し早朝ガトゥン閘門・ガトゥン湖・ペデロミゲル閘門・ミラフローレス湖・ミラフローレス閘門とパナマ運河を通過した。
大西洋側からは、3つの閘門を使って26メートル上昇して、ガトゥン湖に入ります。
この人造湖をゆっくりと航行し、ゲイラード水峡という13キロの掘り抜き水路を通り、
3つの閘門で太平洋と同じ水位まで下げて、太平洋に入ります。
工事中に掘削された土と岩の量は、これを貨車の積載すると、貨車の列は地球を4回転するという。

feab8f8a119d0b64c525ba46698833a0.png
パナマの地図 (ウィキペディアからの転載です) 私達は大西洋側から進みました。(Atlantic Ocean)


パナマ運河多榮子 001a
パナマ運河、大西洋側のガトゥン水門近くの様子  ①


パナマ運河多榮子 003h
ガトゥン水門近くの様子  ②


パナマ運河多榮子 013a
ガトゥン水門近くの様子  ③


パナマ運河多榮子 023h
ガトゥン水門近くの様子  ④


パナマ運河多榮子 005a
ガトゥン湖水門近くの様子とタグボート


パナマ運河多榮子 007h
ガトゥン閘門の様子  ① ホーランドアメリカ ・ ヴィーンダムが一緒に通過。
 

パナマ運河多榮子 011h
ガトゥン閘門の様子  ②

 
パナマ運河多榮子 014a
ガトゥン閘門の様子  ③


パナマ運河多榮子 024 s6
ガトゥン閘門の様子  ④


パナマ運河多榮子 027a
ガトゥン閘門の様子  ⑤


パナマ運河多榮子 033a
船を牽引する機関車

「パナマックス」 についての検索です。

船の大きさを示す用語として「パナマックス」という言葉がよく聞かれる。これはパナマ運河を通航できる最大船型という意味で、長さ900フィート(約274m)以内、幅106フィート(約32m)以内の船で、ばら積み船の場合は載貨重量トン(D/W)が6万~6万8,000トンクラスの船を指す。
 水平式のスエズ運河と異なり、パナマ運河は閘門式と呼ばれ、船をロック(閘門)で仕切られたチャンバー(閘門室)に入れ、チャンバー内の水面を上下させ、階段状に船を海抜26mのガツン湖まで上昇させたり、反対にガトゥン湖から海まで下降させる方式。このチャンバーに入ることのできる最大のサイズがパナマックスというわけだ。
 パナマックスという呼び方は、ばら積み船の大きさを示すときに使われることが多いが、実際には、コンテナ船や自動車専用船、外航客船なども、このサイズでつくられていることが多い。
 一方、これより小さい1万8,000~4万5,000D/Wのばら積み船は「ハンディサイズ」と呼ばれる。大きさが手頃で、世界のほとんどの港に入出港できる便利さからこの名がついており、世界のばら積み船船腹量の中でも最大の比重を占めている船型だ。逆に、パナマックスよりさらに大きく、パナマ運河が通航できずに希望峰回りとなる15万D/Wクラスの大型ばら積み船は「ケープサイズ」と呼ばれる。またタンカーの区分けとして、スエズ運河の満船通航が可能な15万D/Wクラスのタンカーを「スエズマックス」と呼ぶこともある。

テーマ : 海外旅行記
ジャンル : 海外情報

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索