タリンの観光(エストニア)・・・最終章

九日目(六月二十四日)タリンの観光  ⑤

旧市内観光は終わります。ご夫婦で船に帰る人が居ました。帰り道の確認はお互いの地図を見せ合って致しました。
その人はセレブリティー社のレガッタ号の方でした。並んで停泊の高級船の方でした。

市内の様子  ①
20070913083644.jpg



市内の様子  ②
20070913083703.jpg



市内の様子  ③
20070913083726.jpg



市内の様子  ④
20070913083625.jpg



市内の様子  ⑤
20070913095857.jpg



市内の様子  ⑥  精霊教会の塔
20070913095907.jpg



市内の様子  ⑦
20070913100007.jpg



市内の様子  ⑧  聖・オレフ教会
20070913100105.jpg




太っちょマルガレータ近くの門 
20070913100232.jpg




太っちょマルガレータと言う名前の建物は海洋博物館です。1529年にタリン港の安全を守る為に造られた砲塔です。
1917年 ロシア革命時火災で焼失し、廃墟となっていた!
20070913083814.jpg



港に戻ってきた。
20070913083942.jpg



船着場の奥くまで行って写した。 コンステレーション号
20070913084012.jpg



エケロ・ライン(Eckero Line)が出て行った。
20070913084113.jpg



2隻並んでた姉妹船
20070913084215.jpg




港に咲いていた花 (石ばかりなのに元気でした。名前は調べ中)
20070913084236.jpg




港に咲いていた花
20070913084258.jpg



テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

タリンの観光(エストニア)

九日目(六月二十四日)タリンの観光  ④

ひきつづき旧市街をブラブラ歩いて居りました。 暑くも無く丁度良い気候でした。
胸にマークを付けた船の人に会いました。
お部屋担当のメイドのルナちゃんとも会いました。
お互いの右手をパチンと合わせて挨拶! ケラケラ嬉しそうに笑ってたルナちゃんでした。
デナーの時の隣のテーブルの方ににも会いましたのでお互い挨拶しました。

下記の画像は説明は要らないでしょうね!
20070910151419.jpg



20070910151356.jpg



20070910151223.jpg




20070910151159.jpg




20070910151126.jpg




20070910150940.jpg




20070910151303.jpg




20070910151317.jpg




20070910154035.jpg




20070910151336.jpg



まだ~続きます。お許し下さいませ~


タリンの観光(エストニア)

九日目(六月二十四日)タリンの観光  ③
高い塔が見え、その周りには赤い屋根を持った中世の街並みが広がっていました。
13世紀より始まったタリンは美しい姿でした。


20070908141037.jpg
ビューポイントで見た旧市街  ①



20070908141152.jpg
ビューポイントで見た旧市街  ②



20070908140927.jpg
ビューポイントで見た旧市街  ③ 聖ニコラス(ニグリステ)教会


 

20070908141106.jpg
ビューポイントで見た旧市街  ④ タリン市庁舎
 


20070908140809.jpg
旧市街の様子  ①

 


20070908140827.jpg
旧市街の様子  ②


 

20070908140852.jpg
旧市街の様子  ③

 


20070908141005.jpg
珍しいトイレ(穴倉で怖かった)



20070908140952.jpg
珍しいトイレ(ショップでお借りした)



20070908140740.jpg
お洒落なお店の窓


タリンの観光(エストニア)

九日目(六月二十四日)タリンの観光  ②

船のツアーバスで旧市街の観光に出かけました。
トームペア城とロシア正教のアレクサンドル・ネフスキー聖堂、プロテスタント・ルーテル派の大聖堂を見学、
展望ポイントからタリンの街のパノラマを見た。

20070906105401.jpg
旧市街の観光  ①



20070906105414.jpg
旧市街の観光  ②



20070906105435.jpg
旧市街の観光  ③ 看板




20070906105211.jpg
白鳥の泉  ①



20070906105236.jpg
白鳥の泉  ②



20070906105259.jpg
何のボックス?(ゴミ収集の箱かな?)



20070906105317.jpg
アリクサンドル・ネフスキーロシア正教会



20070906105644.jpg
アレクサンダー・ネフスキー大聖堂   ①



20070906105701.jpg
アレクサンダー・ネフスキー大聖堂   ②



20070906105720.jpg
アレクサンダー・ネフスキー大聖堂   ③



20070906105512.jpg
ショップ


20070906105523.jpg
エストニア演劇界の重鎮で、演出者。ヴォルダメア・パンソさんの博物館
(hiroshiが調べて戴てくださいました。本当に有難うございました。)


20070906105612.jpg
説明のプレート(内容は判らない。翻訳サイトで調べれるか??)・・・hiroshiさ~ん 有難う♪

つづく~~

タリンの観光(エストニア)

九日目(六月二十四日)タリンの観光 ①

バルト3国のなかで最も北に位置するのがエストニア。九州を一回り大きくしたほどの国土に約144万人が住む。
インターネット普及率は世界トップクラスでIT化が非常に進んでいるほか、伝統の薬作りを活かした、
バイオテクノロジー分野での成長も目覚ましい。
研究者の人件費が安く、法人税の優遇措置もあるため、外資も積極的に進出している。
EU加盟を果たし、今後が大いに注目される。観光面では、中世ハンザ都市の面影を色濃く残すタリンのほか、
地方では北国の清楚な自然や古城など見どころは多い。
なお、タリン歴史地区(旧市街)は1997年に世界遺産に登録されている。

20070904161529.jpg
日の出前 並走の船 ①



20070904161556.jpg

日の出 並走の船 ②



20070904161653.jpg

いよいよ日の出 ①



20070904161803.jpg

いよいよ日の出 ②



20070904161825.jpg

いよいよ日の出 ③



20070904161842.jpg

いよいよ日の出 ④



20070904161858.jpg

貨物船



20070904161923.jpg

早朝のタリンの街



20070904162033.jpg
隣に停泊の客船レガッタ号 30,300トン(Regatta Majuro in Helsinki) 
(元オーシャニアクルーズ 社 所有)・・・hiroshiさんに教えて戴きました♪



20070904162045.jpg

隣に停泊の客船レガッタ号



20070904162054.jpg

隣に停泊の客船レガッタ号とベランダの人



20070905112605.jpg

セレブリティー社の今は姉妹船コンステレーション号とレガッタ号が並んで停泊 
(レガッタ号は 元オーシャニアクルーズ社所有、ハンネルマークが有る)・・・hiroshiさんに教えて戴きました♪


20070904163017.jpg

船の姿



20070904163047.jpg

LE DIAMANT MATA UTU(ストックホルム ~コペンハーゲン) 内陸の船積の巡航(直訳)



20070904163059.jpg

 LE DIAMANT MATA UTU



20070904161952.jpg
>雨の港


20070904162017.jpg

接岸


プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索