サンクトペテルブルグ(ロシア)

八日目(六月二十三日)サンクトペテルブルグ観光 ⑩
プーシキン市に有るエカテリーナ宮殿観光後バスでサンクトペテルブルグに戻った。
世界屈指大きさのドームを誇る聖イサク寺院の見学、続いて対岸に渡り、スパス・ナ・クローヴィ聖堂
ワシリー島にあるロストラの灯台柱や対岸のエルミタージュのパノラマを見た。 

スパス・ナ・クローヴィ聖堂(血の教会)
グリバエドフ運河のそばに立つスパス・ナ・クローヴィ聖堂。
1881年にアレクサンドル2世がテロに遭った場所に建てられたものです
20070902185505.jpg



聖イサク寺院の一部
20070902185154.jpg



聖イサク寺院の一部
20070902184838.jpg



世界屈指大きさのドームを誇る聖イサク寺院
20070902185025.jpg



対岸にエルミタージュ美術館が見える。
20070902185241.jpg



噴水が美しい。
20070902185223.jpg



市内をバスから~
20070902184811.jpg



市内をバスから~
20070902184923.jpg



市内をバスから~
20070902184950.jpg


 
市内をバスから~
20070902185611.jpg



市内をバスから~
20070902185557.jpg



市内をバスから~
20070902185434.jpg



美術館?
20070902185536.jpg



黄色の建物は、大きなスーパーマーケツトだそうです。
20070902184901.jpg


サンクトペテルブルグ(ロシア)

八日目(六月二十三日)サンクトペテルブルグ観光 ⑨
エカテリーナ宮殿はエカテリーナ2世(1729~1796年)の要望により、
ヴァチカンの宮殿にある回廊全体を模して造られ、1794年に完成しました。
そして、第2次世界大戦で破壊され、焼けてしまったそうですが、
1957年から再建され、シルクの壁紙も、保存されていたものを参考に、元どおりに復元したそうです。

大部分の画像は粘土と花(エキサイトグログ)の方にアップした。
明るい画像だけこちらに載せましたので見て下さい。

宮殿内部の装飾   ①
20070830132325.jpg



宮殿内部の装飾   ②
20070830132712.jpg



宮殿内部の装飾   ③
20070830132253.jpg



宮殿内部の装飾   ④
20070830132237.jpg



宮殿内部の装飾   ⑤
20070830132310.jpg



宮殿内部の装飾   ⑥
20070830132346.jpg



宮殿内部の装飾   ⑦
20070830132406.jpg



宮殿内部の装飾   ⑧
20070830132622.jpg



宮殿の裏も豪華でした。
20070830133156.jpg



宮殿の裏玄関
20070830133051.jpg



広い庭園
20070830133015.jpg


裏庭とは思えない。
20070830132923.jpg



宮殿裏のみやげ物店。
20070830132956.jpg

サンクトペテルブルグ(ロシア)

八日目(六月二十三日)サンクトペテルブルグ観光 ⑧

サンクトペテルブルグ2日目。サンクトペテルブルグ市の南のプーシキン市にあるエカテリーナ宮殿へ。
途中、サンクトペテルブルグで最も有名な劇場であるマリインスキー劇場で写真ストップ。
近くにはチャイコフスキーが校長を勤めたこともある音楽学校やグリンカの像、リムスキー・コルサコフの像もありました。
写した像の写真 名前が判りません。


グリンカの像?
20070828090142.jpg



バスの中から市内を写した。
20070828135442.jpg



バスの中から市内を写した
20070828090221.jpg



像は誰のか? 調べ中
20070828090237.jpg



バスの中から市内を写した
20070828135359.jpg



マリインスキー劇場を斜めから (バスより)
20070828090205.jpg



マリインスキー劇場  (バスより)
20070828090025.jpg



凱旋門  (バスより)
20070828135424.jpg



エカテリーナ宮殿   ①
20070828090252.jpg



エカテリーナ宮殿   ②
20070828090351.jpg



エカテリーナ宮殿   ③
20070828090331.jpg



エカテリーナ宮殿   ④ 華やかな宮殿
20070828090310.jpg



エカテリーナ宮殿   ⑤ エカテリーナ宮殿の入り口は演奏する楽団で盛り上がっていた。
20070828090406.jpg



エカテリーナ宮殿   ⑥ 待つこと1時間以上でしたが~ リズムに合わせて踊る人も居た。
20070828090419.jpg


建物など調べ中  お判りの方は教えて下さいませ!
豪華な宮殿の内部につづく~

サンクトペテルブルグ(ロシア)

八日目(六月二十二日)サンクトペテルブルグ観光 ⑥

サンクトペテルブルグ初日は終わりました。一度寝てから明るい海を見たら 美しい夕日が辺りを赤く染めていた。
明日も良い天気に成りそうです。

まだ日は高い。
20070824155453.jpg



太陽を見てはいけない!
20070824155432.jpg



明るいので写すのは無理なのに写した。
20070824155442.jpg



見つめてると眩しい。
20070824155501.jpg



だいぶ太陽は小さくなった。
20070824155544.jpg



まもなく地平線に消える。日の入りは23時25分である。
20070824155613.jpg


サンクトペテルブルグ(ロシア)

八日目(六月二十二日)サンクトペテルブルグ観光 ⑤

午後の観光後船に戻って、ベランダで過した。
小型船が、コンステレーション号の為の作業もしていた。
港でコンステレーション号と、並んでたクリスタル・シンフォニー号(クリスタルクルーズ 社 51,044トン)
コンパクトデジカメでは全体は無理でした。
日本郵船がロサンゼルスに設立した会社の船である。
アイーダ・オーラ号 の入港の様子も素晴らしかった。


コンステレーション号のタグボート何してるのかな?
20070822144819.jpg



コンステレーション号に近づいて作業していた船
20070822144904.jpg



クリスタル・シンフォニー号   ①
20070822144638.jpg



クリスタル・シンフォニー号   ②   
20070822144655.jpg



クリスタル・シンフォニー号   ③
20070822144714.jpg



アイーダ・オーラ号   ① アイーダクルーズ 社(AIDA・aura ・ドイツの観光船らしい!) 
42,289トン 乗客数・1300名 就航・2003年
こちらに向かってきた。 大きなのが来たのでカメラを構えた♪
20070822160311.jpg


アイーダ・オーラ号  ②  段々近づいて~
20070822144951.jpg


アイーダ・オーラ号   ③
20070822145009.jpg



アイーダ・オーラ号  ④ おおぜいの乗客が出ていた。とっても迫力でした。
20070822145023.jpg


アイーダ・オーラ号   ⑤    
20070822145035.jpg


アイーダ・オーラ   ⑥
デッキに出てきた賑やかな人々。 お互い手を振って挨拶を交わす。
20070822145048.jpg


アイーダ・オーラ  ⑦  静かに去ってゆく。
20070822145059.jpg


アイーダ・オーラ   ⑧ 右に回って行った。アップした。
20070822145109.jpg


大きな貨物船も通過した。
20070822144840.jpg



サンクトペテルブルグ(ロシア)

八日目(六月二十二日)サンクトペテルブルグ観光 ④

ピヨートル大帝・夏の庭園の観光からバスで市内に帰りました。
北のベニスは流石に運河が多くて美しい町並みをバスの中から写した。

対岸の景色  ① 渋滞の車がいっぱいでした。
20070820104757.jpg



対岸の景色  ②
20070820104953.jpg



対岸の景色  ③
20070820104824.jpg



対岸の景色  ④  橋の方に歩いて行くご婦人はコートを羽織っていた。 日ざしが無いと涼しくなる。
20070820104852.jpg



対岸の景色  ⑤
20070820104933.jpg



対岸の景色  ⑥
20070820105009.jpg



ショッピング街の広い歩道
20070820105034.jpg



美術館まえの広場はイベントの施設を設営中(夏至祭) バスを降りて
20070820105655.jpg



エルミタージュ美術館の玄関
20070820105622.jpg


つづく~

エルミタージュ美術館の撮影は夫がしたので無い!
↓こちらのブログに有ります。ご覧下さいませ~(カテゴリー・・・エルミタージュ美術館秘蔵絵画) 
http://nobuyasu.blog72.fc2.com/

サンクトペテルブルグ(ロシア)

八日目(六月二十二日) サンクトペテルブルグ観光 ③

引き続き広大な、ピヨートル大帝・夏の庭園の様子を~
金曜日でしたが、結婚式の人・海軍の方がとっても多かったです。

ピヨートル大帝の像
20070818094453.jpg



ピヨートル大帝・夏の庭園   ①
20070818094313.jpg



ピヨートル大帝・夏の庭園   ②
20070818094347.jpg



ピヨートル大帝・夏の庭園   ③
20070818094517.jpg



ピヨートル大帝・夏の庭園   ④
20070818094625.jpg



ピヨートル大帝・夏の庭園   ⑤
20070818094704.jpg



ピヨートル大帝・夏の庭園   ⑥
20070818101217.jpg



この日はアチコチで結婚式のカップルを見た。快く撮影に応じてくれた。
20070818094750.jpg



健康的な花嫁さん
20070818094812.jpg



若い介添人
20070818094826.jpg



何故かキスのシーンを撮影してた。heart2
20070818094848.jpg



カルガモの親子(まもなく新婦も良いお母さん!)
20070818094908.jpg



次は市内の様子。船は今夜は同じ港に停泊した。


サンクトペテルブルグ(ロシア)

八日目(六月二十二日) サンクトペテルブルグ観光 ②

高速艇を下りて~ いよいよ~ ピヨートル大帝・夏の庭園の観光です。
光のふりそそぐ噴水・緑の美しい庭園です。 
海軍の卒業式で若い海軍さんの姿がいっぱいでした。 嬉しそうなご家族で溢れていました。


美しい海
20070815155347.jpg



卒業式が終わり恋人と一緒!
20070815155326.jpg



ピヨートル大帝・夏の庭園  ①
20070815154456.jpg



ピヨートル大帝・夏の庭園  ②
20070815154854.jpg



ピヨートル大帝・夏の庭園  ③
20070815154728.jpg



ピヨートル大帝・夏の庭園  ④
20070815154511.jpg



ピヨートル大帝・夏の庭園  ⑤
20070815154635.jpg



海軍の学生
20070815154918.jpg



いたずら噴水 さて~ かかる人は? (添乗員・竹内さんも~)
20070815155018.jpg



いたずら噴水で大騒ぎの男の子♪
20070815155041.jpg



花壇と噴水
20070815155102.jpg



沢山の観光客で賑わう。
20070815154410.jpg



卒業式を終えた海軍学校の学生が多い。
20070815154436.jpg


まだつづく~

サンクトペテルブルグ(ロシア)

八日目(六月二十二日) サンクトペテルブルグ観光 ①

いよいよ「北のヴェニス」サンクトペテルブルグへ。

こちらも波も無く海とは思えない港でした。
サンクトペテルブルグは、1703年ピョートル大帝時代、スウェーデンの進入を防ぐための、
ペトロパブロフスク要塞の完成と同時に誕生しました。
その後、港が建設され1712年、モスクワから遷都し、1918年再びモスクワに遷都するまでの約2世紀のあいだロシアの
政治、経済、文化、芸術の中心でした。
たま、ロシア革命の発祥の地でもあります。第二次世界大戦時にナチス・ドイツによって街の大半が破壊されました
が、現在再び元通りに復元され、中心部の建物の高さも一定に制限し18~19世紀の雰囲気をそのままに伝えています。
街には運河が発達し、美しい街並みでもあるため、北のヴェニスと呼ばれ、歴史的・文化的遺産も多く、
モスクワに勝るとも劣らない観光スポットになっています。

遠浅の海に朝日がさして~
20070813075328.jpg



船体で日陰になった木々
20070813075756.jpg



海鳥が居る
20070813075808.jpg



優しい姿の小島
20070813075833.jpg



小鳥達が沢山いた。
20070813075908.jpg



いよいよ~ 岸壁 沢山のコンテナが有る。
20070813075842.jpg



century号(セレブリティー社)の横を通過して~
20070813075931.jpg



クリスタルシンフォニィー  クリスタルクルーズ社 (51,044トン)
20070813075947.jpg



下船した。 「ウエルカム」 元気な楽団の出迎え、 ロシア入国手続きは後の小さな建物でした。
20070813080206.jpg



高速艇に乗り、市内から西に約30km離れたピョートル大帝・夏の庭園へ向かいました。
派手な高速艇・・これに乗った。
20070813080657.jpg



高速艇の中から 
20070813080228.jpg



高速艇からエルミタージュ美術館が見える。
20070813080253.jpg



高速艇の中で会った坊や
20070813080306.jpg


おばあちゃんとお父さんと一緒でした。船で戴いていたチョコが有ったので上げたら美味しいそうに食べた。
おばあさんも嬉しそうでした♪
20070813081204.jpg


次はピョートル大帝・夏の庭園です。

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索