スウェーデン(ストックホルム)

六日目(六月二十日) スウェーデン観光 ⑤


20070730161736.jpg




ママたちランチで~ 遊んでいました。やんちゃそうな 赤ちゃん♪
20070730161959.jpg



可愛い♪
20070730162022.jpg



海岸通り
20070730161914.jpg



帆船
20070730161643.jpg



ヨット
20070730161841.jpg



小型船   ①
20070730162123.jpg



小型船   ②
20070730162200.jpg



船のレストラン 海賊船の雰囲気  ① 
20070730162225.jpg



船のレストラン 海賊船の雰囲気  ②
20070730162242.jpg



対岸の様子。
20070730162437.jpg



コンステレーション号が見えている。
20070730162359.jpg



海岸通りに近い崖
20070730165823.jpg



カーフェリー(お隣の岸壁に居た)
20070730165854.jpg




カーフェリー 乗船口が面白い。大きな鳥のくちばしを連想。
20070730190305.jpg



ぐる~と回り、船に帰ってきた。(船体は後方の姿)
20070730165952.jpg

スウェーデン(ストックホルム)

六日目(六月二十日) スウェーデン観光 ④

旧市街ガムラスタンへ。王宮を出て、石畳の通りを歩いて聖ジョージと龍の像、
そしてノーベル博物館がある中央広場まで行きました。その後、幸運を呼ぶアイロンボーイ(鉄の少年)に立ち寄りました。


大聖堂 (Storkyrka) の塔  (旧市街ガムラスタンの観光)
20070728132141.jpg




聖ジョージと龍の像
20070728133403.jpg




並んで横に有ったブロンズ像 (名前が?)
20070728133339.jpg




旧市街ガムラスタン (中世そのままの通り) 
20070728133428.jpg




旧市街ガムラスタン  
20070728133528.jpg




清楚なリースでした。
20070728134109.jpg




お店の飾り「のれん?」 
20070728132211.jpg




ウインドウのお人形 (有名なのだが名前?)
20070728143927.jpg



凝った看板  (これは裏からでした)
20070728133141.jpg



アイロンボーイ (鉄の小年)
20070728133253.jpg




アイロンボーイのプレート (鉄の小年)
20070728133309.jpg



つづく~



スウェーデン(ストックホルム)

六日目(六月二十日) スウェーデン観光 ③

二十世紀の名建築と言われる市庁舎である。最も有名なのが12月10日に開かれる、
ノーベル賞受賞祝賀晩餐会です。

この階段がドレスのご婦人が、最も歩き易いので有名です。
20070726201213.jpg




階段の所は、観光の人でいっぱい。
20070726201250.jpg



二階の大きなモザイク画  ①
20070726204444.jpg



二階の大きなモザイク画  ②
20070726201307.jpg




二階の大きなモザイク画  ③
20070726201326.jpg



大時計
20070726201353.jpg



壁画の金箔のモザイクを接写
20070726201657.jpg



市庁舎前のメーラレン湖畔  ①
20070726204049.jpg



市庁舎前のメーラレン湖畔  ②
20070726204144.jpg



市庁舎前のメーラレン湖畔  ③ (韓国の観光客)
20070726210613.jpg

スウェーデン(ストックホルム)

六日目 (六月二十日) スウェーデン観光 ②

ストックホルムの夏は20時間近く照りつける太陽の下、人々は芝生の上で日光浴を楽しみ、
ヨットを走らせ~爽快で健康的な日々である。
しかし、冬は午後2時半には、日が落ちて凍てつくガムラ・スタンは、陰鬱なシベリウスの世界に成る。

港の奥には旧市街(ガムラ・スタン)が見える。
20070725113951.jpg



旧市街方面を少しアップ
20070724135541.jpg




ストックホルムのチボリ公園の遊園地が見える。(本家は、オスロのチボリ公園)
20070724135601.jpg




船が行き交い賑わいが増してきた。
20070724135414.jpg




船が接岸した。
20070724135254.jpg




接岸した船からはツアーに行くバスが来て待っているのが見える。
20070724135322.jpg




ツアーに行く二階建てバスが来て待っている。
20070724135346.jpg




下船の為順番を待つ人々。
20070724135431.jpg




観光バスはツアーの人で満員でした。(ここは崖の上の展望ポイントです。)
20070724135636.jpg




王宮・大聖堂・ドイツ教会などの、高い建物が見える。(スームアップしたので近くに見えるが実際ははるか向こうでした)
展望ポイントで写した。
20070724135509.jpg




まず、市庁舎の横から入った。
20070724135658.jpg




市庁舎のアーチからメーラレン湖が綺麗!
20070724140105.jpg




市庁舎を背に、鮮やかなメーラレン湖!
20070724140127.jpg




蔦に覆われた市庁舎の内側
20070724140037.jpg


スウェーデンス(トックホルム)

六日目 (六月二十日) スウェーデン観光 ①

バルト海の終日航海の翌朝、鏡のような海面を静かに入港。

スカンジナビア半島の東側半分を占める北欧最大の国スウェーデンの首都ストックホルムです。
かつてはバルト海帝国を築き、ロシアやデンマークと周辺の覇を競い合ったヴァイキングの末裔たちの国で、
ストックホルムは14の島から成るまさに水の都「北欧のヴェニス」ともいわれ、水の涼やかさと緑の心地よい街並みが
目を楽しませてくれます。
ノーベル賞の受賞者の晩餐会を行う市庁舎を訪れます。美しい庭園から中に入り、まずは青くない青の間へ。
続いて受賞者も通る一段一段が低い階段を上って黄金の間に。この広間には約10kgの金箔が使われています。
その後、旧市街ガムラスタンへ。王宮を外から見て、石畳の通りを歩いて聖ジョージと龍の像、
そしてノーベル博物館がある中央広場まで行きましす。その後、幸運を呼ぶアイロンボーイ(鉄の少年)に立ち寄り、 
私たちは、バスで帰る方と別れて、徒歩で船に帰った。


早朝の海  ①  霞んでる湾を滑る様に静かに航行。
20070722154650.jpg



早朝の海  ②  遠くに船の姿
20070722154350.jpg



早朝の海  ③  人家もある。
20070722154635.jpg



早朝の海  ④
20070722154705.jpg



早朝の海  ⑤ 赤い屋根の人家が見えてきた。
20070722154835.jpg



早朝の海  ⑥ 美しい森林
20070722154717.jpg



早朝の海  ⑦ カルガモの親子もゆったりと泳いでいた。
20070722154731.jpg



早朝の海   ⑧  赤い屋根がキレイ。
20070722154820.jpg



早朝の海  ⑨ 人家が沢山に!
20070722154751.jpg



早朝の海  ⑩ 賑やかになって~
20070722154915.jpg


つづく~

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索