リスボンにて

テージョ川からの眺め~  ②

引き続きテージョ川の美しい眺めです。
天気も良く、懐かしい 「ベレンの塔」 「発見のモニュメント」 が遠目ながら姿を見れます。
しかし 「発見のモニュメント」は修復中です。

DSC_5839.jpg
4月25日橋を通過して、橋は後方に~~  



DSC_5846.jpg
4月25日橋近くの色んなヨットが~~



DSC_5853.jpg
4月25日橋の前を観光船が行く~



DSC_5833.jpg
テージョ川沿いの様子  ①  円錐形?の様な建物は何?



DSC_5838.jpg
テージョ川沿いの様子  ② 建物少しアップに~~  



DSC_5844.jpg
テージョ川沿いの様子  ③ 飛行機雲が~



DSC_5840.jpg
テージョ川沿いの様子  ④  面白い帆船が2隻~~  人の姿が判ります。



DSC_5841.jpg
テージョ川沿いの様子  ⑤  「発見のモニュメント」がみえます。  ただいま修復中でしょう~?  海鳥の姿も~



DSC_5854.jpg
テージョ川沿いの様子  ⑥  「ベレンの塔」が見えます。



DSC_5855.jpg
テージョ川沿いの様子  ⑦ 「ベレンの塔」を通過~



DSC_5842.jpg
テージョ川沿いの様子  ⑧  静かに~ゆっくり海に向かいます。



DSC_5835.jpg
テージョ川沿いの様子  ⑨  河口近くのヨットが可愛い~~



DSC_5856.jpg
河口近くの様子  ① 河口に向かいます。



DSC_5859.jpg
河口近くの様子  ② リスボンに別れを~~



DSC_5858.jpg
河口近くの様子  ③ 船はスピードを上げ始めて~



DSC_5852.jpg
河口近くの様子  カモメ? 海鳥の乱舞?  お見送り~? (笑)



メモ
4月25日橋を見ましたが、ヴァスコ・ダ・ガマ橋は停泊地の上流に有ります。
全長は17.2kmあり、ヨーロッパで最も長い橋として知られている。
リスボン国際博覧会開催直前の1998年3月29日に開通した。  

テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

リスボンにて


テージョ川からの眺め~  ①

メトロを出ると港に、我がノルゥエージャンスター その向うに「MSCスプレンディダ」の船体が~~  
 スプレンディダのメモ   総トン数 137,936トン・乗客定員・3,247名(2名1室利用時)  流石大きい!!

赤色の4月25日橋通過の様子が主です。
リスボンとテージョ川対岸のアルマダとを結ぶ、長さ2,277 mの吊り橋です。
此処をくぐる様子です。

DSC_5798.jpg
港には、ノルゥエージャンスターが待って居ます。



DSC_5802smcsplendidas.jpg
「MSCスプレンディダ」の船体が~  流石~大きいです。



DSC_5803.jpg
出港が、16:00です。 早いです。 早めに船に帰る人が居ますネ~



DSC_5805.jpg
テージョ川沿いの景色 ① 出港です。 船内からの眺め~



DSC_5806s.jpg
テージョ川沿いの景色  ② テージョ川の広さがスゴイ!



DSC_5807.jpg
テージョ川沿いの景色  ③



DSC_5808.jpg
テージョ川沿いの景色  ④  小さな船が行きます。



DSC_5809.jpg
テージョ川沿いの景色  ⑤  ヨットも気持ちよさそう~~



DSC_5810.jpg
テージョ川沿いの景色  ⑥ 運搬船も行きます。



DSC_5811.jpg
テージョ川沿いの景色  ⑦ カモメも一羽~



DSC_5819.jpg
テージョ川沿いの景色  ⑧ リスボン市内側も写します。



DSC_5820.jpg
テージョ川沿いの景色  ⑨ 橋の橋梁がスゴイ!



DSC_5826.jpg
4月25日橋の様子  ① 橋をくぐる様子です。 1966年8月6日に開通したのですから、50年前! 
橋の名は「4月25日橋」( pointe 25 de abril )です。 リスボンとテージョ川対岸のアルマダとを結ぶ、長さ2,277 mの吊り橋。 サンフランシスコ橋・オークランド橋・ベイブリッジの橋と同じアメリカン・ブリッジである。
開通した当初は、当時のポルトガルの独裁者アントニオ・サラザールにちなみ、サラザール橋と呼ばれていたが、1974年4月25日のカーネーション革命のすぐ後、革命が起こった日から名前をとって改称された。


DSC_5824.jpg
4月25日橋の様子    ②  段々近づきます。



DSC_5822.jpg
4月25日橋の様子  ③  無駄のない良いデザインです。



DSC_5827.jpg
4月25日橋の様子  ④ 重い橋によく耐えて居ますネ~~

 

DSC_5828.jpg
4月25日橋の様子   ⑤  赤い橋なのが判ります~



DSC_5829.jpg
4月25日橋の様子   ⑥  愈々~~~



DSC_5830.jpg
4月25日橋の様子  ⑦  真下です!!



DSC_5831.jpg
4月25日橋の様子   ⑧  通過~~


次回もテージョ川からの眺めです。

テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

リスボンにて


リスボンで見たお花

トックリ木綿  ・・・徳利木綿(トックリキワタ)の大木を見た時は大いに驚きました。
サクラの様でもあり、調べたら、ピンクのトックリ木綿の様です。 
見事な大木なので本当に珍しいです。!!

なかなか花に会えませんでした。 少しだけ写せた見事な花たちです。

DSC_5698.jpg
遺跡発掘の様です。 この場所の奥の方に咲いていたのです。



DSC_5701.jpg
トックリ木綿  ①  作業現場の塀の向うにスゴイ花が~~~



DSC_5701a.jpg
トックリ木綿  ② エエッ 何の花?? 



DSC_5700d.jpg
トックリ木綿  ③ 驚きの声を上げました!!



DSC_5701sss.jpg
トックリ木綿  ④ 上の方をアップに~



DSC_5701sフロスシルクツリーs  
トックリ木綿  ⑤  枝の先をアップに~~



DSC_5700ssパラボラチョss
トックリ木綿  ⑥  超アップにすればトックリ木綿なのが判ります。



81115_0282.jpg
トックリ木綿  ⑦ 宮古島の徳利木綿の画像をお借りしました。  見た目よく似てます。




DSC_6230s.jpg
トックリ木綿  ⑧ これは、葉の多いトックリ木綿です。  これはスペイン・カディスで写したもの~



DSC_5719s.jpg
ジャカランダ  ① 美しいジャカランダの大木に会えました。 この時期( 10月初旬) に咲くのは二度目? 狂い咲きは良くありますけど~ 



DSC_5721ss
ジャカランダ  ② 開花時期 5月から6月.で、ジャカランダは南米産のノウゼンカズラ科に属し、ホウオウボク、カエンボクと並んで世界三大花木の一つに数えられています。 日本では5月下旬から6月にかけて極めて美しいブルーの花を咲かせます。



DSC_5721
ジャカランダ  ③ 大きくしました。  ピントがイマイチです。  しかし キレイな青です。

テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

リスボンにて


リスボンの観光  ④

メㇳロに乗るの巻

市場近くのメトロの駅「カイス・ド・ソドレ駅」乗車、途中乗り換えてターミナル駅で船に戻りました。 
途中乗り換えが有ります。
メトロの地図を片手にがんばりました。 
行く先のクルーズターミナルを指し示すと皆さん親切に教えて下さいました。


DSC_5780.jpg
リべイロ・ノーヴァ市場の正面? 市場とは思えない建物です。 キレイ~~



DSC_5778.jpg
リべイロ・ノーヴァ市場付近の様子です。



DSC_5777.jpg
スゴイペイントの車ですね~~ こんなの見たら写します!  「olade conducao a maxima」  「Formulário de Pré-Inscrição」 ?? などとある。 意味が判らないワタシ  



DSC_5781.jpg
カイス・ド・ソドレ駅  ① 愈々メトロに乗ります!!  ここが乗車駅です。



DSC_5786.jpg
カイス・ド・ソドレ駅 ② 構内は賑やかです。



DSC_5787.jpg
カイス・ド・ソドレ駅  ③ エスカレーターと階段です。 ホームに向かいます。


 
DSC_5782.jpg
カイス・ド・ソドレ駅   ④ エスカレーターで移動

  

DSC_5783.jpg
カイス・ド・ソドレ駅  ⑤  女性は一人旅?



DSC_5788.jpg
カイス・ド・ソドレ駅  ⑥  大きな改札口です。



DSC_5784.jpg
路線図をパチリ



DSC_5785.jpg
baixa-chiado 駅 [バイシャ=シアード駅]で乗り換え  santa apolonia de サンタ・アポローニャ駅 下車 地下鉄ブルーラインの終点(始発?) これをカメラに写しました。 近くの人に見て貰い乗り換えを教えて貰った。 皆さん親切です。


DSC_5791.jpg
改札方面を写しました。



DSC_5789.jpg
ホームに到着~ 行き先はどちらのホーム? 案内板で確認します。 間違えなく乗れてホッ



DSC_5792.jpg
愈々乗車です。



DSC_5793.jpg
車内の様子です。



DSC_5794.jpg
昼間ですから~ 空いてます。 ラッシュは如何なのかな?



DSC_5795.jpg
車内の路線図を写して~



リスボン徒歩地図ライン付
市内を散策後にメトロに~  若草色が移動ラインです。 赤はメトロのライン・・・散策図を作りました。
港から徒歩~サンタ・ ジュスタのリフト~ロシオ駅~リべイラ・ノーヴァ市場~ カイス・ド・ソドレ駅からメトロ~港でした。
良く歩いた? 帰りはタクシーの方が良かったでしょうか? メトロも捨てがたいです。

Metro_Lisboa_Route_Mapあ
メトロの路線図です。 随分多いのです。 東京に比べれば少ないですが~
赤丸が乗車駅・乗り換え・下車駅の順です。



テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

リスボンにて


リスボンの観光  ②
  
ロシオ駅の様子と街歩きの様子です。

19世紀にネオ・マヌエル様式(※)で建てられた壮麗な駅。馬蹄型のアーチは細かい細工が施され、駅舎とは思えない豪華さだ。最上階の3階では、ケルースやシントラ行きの列車が発着している。駅舎横の広場には複数のカフェが入店しており、天気の良い日には多くの人がくつろぐ。※ネオ・マヌエル様式とは、大航海時代を象徴する海洋や天体の意匠をモチーフとして取り入れたポルトガル独自の建築装飾だそうです。

DSC_5732.jpg
リベルダーデ大通りには、スペインからの独立を記念した、高さ約30mのオベリスクが有ります。



DSC_5722.jpg
奥まった真ん中の建物がロシオ駅です。ロシオ駅は2つの馬蹄形の駅入り口など、周囲の装飾を始め、ふんだんにマヌエル様式を使った立派な美しい建物です。


DSC_5734_20170627185748974.jpg
ロシオ駅  ① 駅構内に~ ホームにはこのエスカレーターに乗りました。



DSC_5735.jpg
ロシオ駅  ② 壁の装飾です。



DSC_5736.jpg
ロシオ駅  ③ エスカレーターで上ると切符売り場?



DSC_5737.jpg
ロシオ駅  ④ ホームを写します。 近距離列車?



DSC_5738.jpg
ロシオ駅  ⑤ 豪華なホームですネ~



DSC_5739.jpg
ロシオ駅  ⑥ ホームの電光掲示板に発車時間が~ 9時48分?



DSC_5740.jpg
ロシオ駅  ⑦ 再びエスカレータにて外に出ます。



DSC_5723.jpg
リスボン街歩き  ① ロシオ広場の噴水と塔です。ブラジル帝国初代皇帝ペドロ1世(ポルトガル国王としてはペドロ4世)の像があることから、“ペドロ4世広場”とも呼ばれています。



DSC_5725.jpg
リスボン街歩き  ② 噴水が美しい! ロシオ広場にあった建造物は、1755年の大地震で全滅。 19世紀後半に華麗なロシオ駅も建てられ、今の姿となった。 今や交通手段も集中するリスボンの中心広場。



DSC_5718.jpg
リスボン街歩き  ③ 時計は9時半ですね~



DSC_5716.jpg
リスボン街歩き  ④ カフェはお客さんを待つ?



DSC_5754.jpg
リスボン街歩き  ⑤ トロリーバスが来ました。



DSC_5750.jpg
リスボン街歩き  ⑥ ホテル街? 綺麗な街並みです。



DSC_5751.jpg
リスボン街歩き  ⑦ 可愛い三輪自動車が珍しい!!



DSC_5752.jpg
リスボン街歩き  ⑧ 豪華なビルです。 思わず写します。



DSC_5744.jpg
リスボン街歩き  ⑨ 海岸の方に戻る道すがら~ 



DSC_5742.jpg
モデル嬢  ①  オオッ 美しいドレスの人が~~



DSC_5743.jpg
モデル嬢  ② モデルさんの撮影らしい?



DSC_5747.jpg
ウインドウ  ① 可愛い洋服のウインドウ(^^♪



DSC_5749.jpg
ウインドウ  ② マグネットのお店を又~パチリ!


次は市場に向かいます~

テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

リスボンにて


リスボンの観光  ①

終日航海の翌朝は、リスボン港に到着です。
リスボンは陸旅で2回・カナリア諸島クルーズと今回で合計4回目です。

日本語としてなじみが深い「コンペイトウ」「テンプラ」「パン」「ボタン」などといった日本語は、ポルトガル語が語源となって居るのはどなたもご存知です。 
親しみ深い国です。 何度行っても楽しい国です。

夫は、徒歩でロシオ駅に行くのが希望です。 
私はリスボン名物の路面電車で行きたいのですが~
まあ~ 良く歩いた。 
効率は良くなかったけどそれなりかなあ~~

DSC_5689.jpg
タグボートが待機です。



DSC_5686.jpg
朝焼けが美しい!!  タグボートがスタンバイ、間もなく入港~



DSC_5685.jpg
綺麗な雲の姿が~~手前の船が何とも言えぬ姿で目を引く~~



DSC_5690.jpg
リスボンに朝日が眩しい ① ベランダから外を見ると綺麗な雲一つない青い空・ビルに朝日が注いで~ 



DSC_5691.jpg
リスボンに朝日が眩しい  ② わが船の影が街に黒く日陰を~~



DSC_5692.jpg
リスボンに朝日が眩しい  ③ 出かけるのに文句ない天気です。



DSC_5693.jpg
リスボンに朝日が眩しい  ④ 大きなドームの有る建物は 「サンタ・エングラシア教会」 でしょうか? 手前は、波止場にメトロの駅も有る筈です。


DSC_5697.jpg
下船しましたネ~  自力でロシオ駅に行くと夫の希望です。  まず、海岸に沿って走る大通りを行きます。



DSC_5702.jpg
3両連結のトロリーバスが来ました。



DSC_5713.jpg
奥に見えるのが「サンタ・ジュスタのリフト」です。 これに乗りたい!



DSC_5708.jpg
リフト(エレベーター)。 通称「カルモのリフト」(Elevador do Carmo)です。 カルモ広場の登り坂で、バイシャ・ポンバリーナの通りとつなぐ、リスボンの観光名所の一つ。 しかし 乗り場は、待つ人の列が余りにも多いので諦めたのです。



DSC_5712.jpg
矢張り、ロシオ駅に向かいます。



DSC_5711.jpg
2階建て観光バスが来ます。



DSC_5706.jpg
ウインドウを写す  ① pet outlet のお店です。



DSC_5709.jpg
ウインドウを写す  ② 情けない様なあ~キモ可愛い白熊?のぬいぐるみがレイアウトされて~(^^♪



DSC_5704.jpg
ウインドウを写す  ③ お土産の商品満載のお店です。



DSC_5703.jpg
ウインドウを写す  ④ マグネットのお土産もビッシリ貼られて居ます。


テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索