ノルウェー(オスロ)

四日目  (六月十八日)④ オスロ市内観光

広大なノルウェーは、オスロだけでは物足りない、最高に美しいベルゲンの家々、これはもう~見事でした。また、
フィヨルド・フロム鉄道・(前回訪れたが)今度は無理でしたが、まだ数え切れない良いところが有る。ゆっくり回るのがお勧め!

天気は良く観光は盛りだくさんであった。
バスの市内観光は終って、途中下車して散策しながら~ 船まで帰ったのがのんびりで良かった。

皆で市内観光 ①
20070716145230.jpg



皆で市内観光 ②
20070716145141.jpg



途中下車して~ のんびり市内観光 
20070716145244.jpg



船の近所の大きな建物(陸軍博物館?)
20070716145406.jpg



近所まで帰って~
20070716145441.jpg



帰る人が多い
20070716145316.jpg



前に回って写した、コンステレーション号、大きいなあ~
20070716145336.jpg



チェックインの所で入船の人の列、
20070716145427.jpg



船のチェックインカウンターに近いところのインフォメーシヨンに有った妖精トロールの人形(トロル) 
「トロール」とは、北欧の特にノルウェーの伝承に登場する妖精の一種で手足の指の数は4本で鼻が高いのが特徴です。
ノルウェーの人の中では、現在でもこのトロールを信じている人が多く日常生活でふっと物無くなった際には「トロールのいたずら」と言われています。


20070716145539.jpg



船は静かにオスロを出港
20070718103320.jpg



港にぽつんと有った、建物。
20070718103222.jpg



レストラン?
20070718103246.jpg



オスロで開催された、冬季オリンピックのジャンプ台が、山の上に見える。
20070718103351.jpg

第6回冬季オスロオリンピック
参加国・地域 30
参加人数 694
実施種目 4競技22種目
開会式 1952年2月14日
閉会式 1952年2月25日
日本からは スキー7名 スケート6名 の参加でした。


釣鐘にんじん? ホシギキョウ? これも優しい花色で思わず、頬ずりしそう♪
20070716145557.jpg



可憐な一重の薔薇が船の近くに咲いていた♪
20070716145619.jpg


明日はバルト海終日クルーズでスエーデンのストックホルムに向かいます。


ノルウェー(オスロ)

四日目 (六月十八日) ③  オスロ市内観光

フログネル公園観光後、ヴァイキング船博物館へ~
そして、オスロ市900年を記念して建てられた市庁舎に行った。
この市庁舎は毎年12月10日にノーベル平和賞の授賞式が行われるところでもある。


ヴァイキング船博物館
20070714134453.jpg


市庁舎の正面
20070714134826.jpg



二階に行く階段
20070714134927.jpg



壁面の緞帳?
20070714135003.jpg



壁面の緞帳?
20070714134906.jpg



壁面の絵画
20070714134848.jpg


市内の風景  ①
20070714134735.jpg



市内の風景  ②  正面の丸い建物は国立劇場
20070714134755.jpg



市内で見たお花 ハマナス
20070714134704.jpg



市内で見たお花 バーベナ
20070714134623.jpg



市内で見たバラ花 Guraham Thomas・・・の名札
20070714134642.jpg



市内散策につづく~

ノルウェー(オスロ)

四日目 (六月十八日) ② オスロ市内観光

まず~フログネル公園観光に行きました。

旅行社のオリジナル観光で 3階吹き抜け中央に集合、バスに10人の仲間と観光に出た。 
ガイドはジュンコさん、車窓からアーケシュフース城・国会議事堂・国立劇場・オスロ大学・王宮などを見て、
オスロのシンボル・フログネル公園に行った。
彫刻家ヴィーゲランの作品によって構成されている。彼は作品に解説をつけていなかったので、
見る人によって解釈が全く変わってきます。人間の人生をモチーフにした彼の作品です。


広大なフログネル公園
20070713100055.jpg



人間の人生をモチーフにした彼の作品、特に丘の上に立つ121人の老若男女の像で構成されているモノリッテン(人間の塔)
20070713103400.jpg



噴水の周りは、船の観光客でいっぱい。
20070713100113.jpg



噴水が涼しく感じられる暑い日でした。
20070713100040.jpg



力強い彫刻
20070713095939.jpg



船の方々・・ツアーの印の番号が胸に貼られて居るから判る。
20070713100020.jpg



人気の「おこりんぼう」
20070713095955.jpg



若い観光客 ①
20070713100137.jpg



若い観光客 ②
20070713100204.jpg



若い観光客 ③
20070713100233.jpg



若い観光客 ④
20070713100253.jpg



子供達  ①
20070713100316.jpg



子供達  ②
20070713100337.jpg



左の子は中国からの留学生との事・・謝々
20070713100411.jpg


ノルウェー(オスロ)

四日目(六月十八日) ① オスロ港に入港した。


首都オスロは1000年の歴史を持つ古い街です。古い街並みと新しい設備、公園の緑が調和したとても美しく気持ちのよい街です。バスにて市内観光。船の隣の歴代王族が眠るアーケシュフース城からスタートし、車窓から国会議事堂、国立劇場、オスロ大学、王宮などを見学、オスロのシンボル・フログネル公園へ。
彫刻家ヴィーゲランの作品によって構成されている公園で、生前のヴィーゲランとオスロ市の間で交わされた契約により無料で開放されています。また、彼は作品に解説をつけていなかったので、見る人によって解釈が全く変わってきます。人間の人生をモチーフにした彼の作品、特に丘の上に立つ121人の老若男女の像で構成されているモノリッテン(人間の塔)は圧巻でしたね。その後、ヴァイキング船博物館へ。8~9世紀のヴァイキング船が3艘展示されていた。


東の空が明るくなって来た。
20070712165755.jpg



段々陸地が近づいてきた。
20070713090407.jpg



ヨットが一隻静かに走っていた。
20070712165708.jpg



港に沢山の施設も有る。天気は良さそう♪
20070712165731.jpg


これから観光です。少々お待ちを~~明日に!


プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索