コスタビクトリア船内から~


大阪湾に驚き!!

大阪の観光を長々続けましたが、愈々港に帰ります。
出港して眺めたビックリぽんの様子です。
何の建物かなあ~ 凄い! 随分検索し、 苦心して調べました。
  

港に戻りました。 天保山大橋です。綺麗で大きな橋ですね~~  
この橋のすぐ近くには、世界最大級の水族館「海遊館」や、その海遊館を含む一連の商業施設「天保山ハーバービレッジ」、そして、関西を代表するテーマパークのひとつである「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」などがあり、それらと合わせてこの橋自体も、大阪の新しいシンボルゾーンとなっていて、この一帯のランドマークとなっています。


旅客ターミナルから見た天保山大橋。 この橋は、その技術の高さから「平成2年度 土木学会田中賞(作品部門)」を受賞しています。




ターミナルに、オシヤレな絵が描かれて居ます。 「 Welcome to the port of Osaka TEMPOZAN 」  「Passenger Terminal」 とある





「コスタビクトリア」も写します。





コスタは黒い煙を吐き、出港に備えて居ます。





 港大橋   ① 出港して見たのは綺麗な赤い橋です。





港大橋   ② 港大橋は、大阪府大阪市港区海岸通3丁目と住之江区南港東9丁目を結ぶ全長980mのトラス橋である。トラス橋としての中央径間510mは日本最長で、世界第3位の長さである。





港大橋  ③  赤くて綺麗な橋です!!





驚きの建物   ①  オオッ この建物は、何でしょう~~ ??  世界最大級の高さを誇る「大観覧車」は、天保山のランドマークになっています。





派手な建物は、 海游館 です。
海遊館のコンセプトは、イギリスの科学者ジェームズ・ラブロックの提唱するガイア仮説に基づきます。これは火山活動を持つ地球と生き物は互いに作用しあうので、一つの生命体である、という考え方です。

トンネル型水槽「魚のとおりぬけ・アクアゲート」で幕を開けた旅は、最上階の太陽の光が降り注ぐ「日本の森」を皮切りに、地上から海底へと続きます。館内には太平洋を模した広大な「太平洋」水槽を中心に14の展示水槽を備えており、この水槽の配置も環太平洋の地理関係を忠実に再現。つまり実際の地球環境にできるかぎり近づけて再現しているのです。

太平洋をめぐる海遊館の旅で、生命のすばらしさや尊さ、不思議さ、そして 自然環境の大切さを感じていただきたいと考えて居ます。 ・・・・・海遊館のホームペ―ジより


驚きの建物  ② またまた、タマネギタワーの様な、不思議な建物が見えて居ます。





お伽の国のような建物は、大阪市のごみ処理場です。 
舞洲スラッジセンター(下水汚泥処理場)です。これでも「ゴミ処理工場」なんです。 526ある窓のうち、393は装飾だそうです。 オーストリアのフンデルトヴァッサの設計だそうです。 朝日新聞にこんな記事が載って居ました。



驚きの建物 ③  細くて高いビルですね~~地図には、ワールドビュッフェ ・ホテルコスモスクエア・ 国際交流センター等々が有る。
   




細いのが「大阪府咲洲庁舎展望台」なんですネ~~  WTCコスモタワーのホームページです。  WTCコスモタワーは 高さ252mの高層ビル。最上階は360度をコスモタワー展望台(大阪府咲洲庁舎)(コスモタワーテンボウダイ(オオサカフサキシマチョウシャ))見渡せる展望台で、絶景をご覧になれます。・・とある。

 


華やかな建物に目が点、何だろうと写したんです。 





驚きの建物  ④  アジア太平洋トレードセンターです。 地下3階、地上10階建。地下2階 - 9階までファッション・雑貨・グルメ・アミューズメントなどのショップが170店舗以上揃っている複合施設です。




華やかなので、大きくしました!! 大阪南港エリアの複合型商業施設  建物左小さくATCと有る。それで検索出来ました。中々探せなかったんです。
  



驚きの建物  ⑤ 地球儀みたいな半円形の物は何??





大阪湾に浮かぶ巨大な半球。住之江区の「なにわの海の時空館」です。シャルル・ド・ゴール空港の設計も手がけた建築家ポール・アンドリューの設計。ガラスは4208枚。総工費176億円。
英国構造技術者協会から2002年(平成14年)に特別賞を受賞。エントランス棟とドーム型の展示棟があり、両棟は海底トンネルで繋がっていた。

こちらの施設はH25.3/10をもって閉館しました。


大阪湾に浮かぶ巨大な半円球を見て大阪に別れを告げる。





愈々外洋に向けて航行、横浜に向かいます。


メモ張

WTCコスモタワー「大阪府咲洲庁舎展望台」は、総事業費はなんと1,193億円。高さは256.0mあり、大阪市阿倍野区の「あべのハルカス」300.0m、横浜市の「横浜ランドマークタワー」296.3m、泉佐野市の「りんくうゲートタワービル」256.1mに次ぐ日本第4位を誇ります。
咲洲コスモスクエア地区に建設されたこの超高層建築は、大阪湾岸を象徴するランドマークとして1996年度・第16回大阪都市景観建築賞(大阪まちなみ賞)の大阪市長賞を受賞し、市民から愛されていることを証明したといって良いでしょう。
そんなコスモタワーの最上階にある展望台は1Fから52Fまで一気に上昇するシースルーエレベーターが話題です。
53Fからは全長42mのエスカレーターで展望台へ。まるで映画で観るような未来都市を彷彿させるそのメタリックな装いは、頂上へと期待感を馳せるには充分な距離。こうして訪れる大阪府咲洲庁舎展望台は、全面ガラス張りの壮大なパノラマが広がる展望スペース。
地上252mの天空からの眺望は遠く淡路島、明石海峡大橋、関西国際空港が一望出来、夕暮れ時は彼方に沈む夕陽を、そして夜にはロマンチックな夜景をゆったり楽しめる絶好のスポットです。
そんなムード溢れるデートを楽しむなら展望台の西側にあるボックスシートがおススメ。世界はふたりだけに存在すると錯覚させるひとときを満喫出来るはずです。

テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

大阪城にて~


大阪城の観光  ラスト

大阪城のラストです。
城内には色んな貴重な展示が有るのに、見る時間か無く残念でした。

大阪城パークセンターさんのサイトより拝借の記述多々あります。

2階 パネル展示・レプリカ展示など常設展 
3階 豊臣時代の本丸復元模型・黄金の茶室原寸模型・歴史資料など展示 
4階 特別展など約2ヶ月毎に展示替え
5階 大阪夏の陣図屏風の世界
6階 ??
7階 豊臣秀吉の生涯
8階 展望台

集合時間が来たので天守閣を後に、公園を横切りバスに向います。



天守閣を見上げて~




菊紋と、桐紋が有ります。桐紋は、豊臣秀吉の家紋(太閤紋)です。





残念石とある。
このあたりの山々では大坂城を築城するために大量の石が採取されていたという。別名=「残念石」。残念石とは、大坂城の石垣に選ばれながら、石垣になれなかった石のこと。運搬の途中に落ちてしまったりとか、なんらかの理由で大坂城に運ばれなかった石を、研究者たちはそう呼んでいる。実はこの残念石、大阪のあちこちで見かけられるが、石に残る大名の家紋やくさびの跡で見分けるとか? ・・・・大阪城パークセンターさんより


天守台の前に置かれている 「残念石」 。
両横に鎮座しているこの石は元和6年(1620)から始まる大坂城修復の時天領小豆島(香川県)で割られたまま、用材石としての念願かなわず、いまなお数多く残されていることから「残念石」と呼ばれている。
この大きな石は、筑前黒田長政の石切丁場でみつかり、小さな石は豊前細川忠興の手になるものである。
これらの石を小豆島青年会議所が創立十周年記念事業として、「島は一つ」 の社会活動の実践に、大阪青年会議所は商都大阪の復権を願い 「なにわの知恵」 の再考にと、両会議所が共同事業として当時を再現し、小豆島よりこの地に運び据えたものである。 昭和56年7月19日 (社)大阪青年会議所・小豆島青年会議所・・・・ 大阪城パークセンターさんより 




蓮如上人・袈裟懸けの松
豊臣秀吉が大坂城を築城する前、上町台地最北端のこの地に本願寺八世蓮如上人によって創始された大阪本願寺があったことは周知の事実である。本願寺時代の末期には織田信長が十年の歳月をかけても攻めあぐねたというだけあってよほど巨大な要害となっていたらしく、秀吉時代の本丸は本願寺時代の石垣、堀の多くを転用したものとする説さえあるほどだ。その後の複雑な歴史も相まって当時の遺構は何一つ残ってはいないのが実情だが、(伝承上のこととは言え)今の大阪城内で唯一、蓮如上人にゆかりがあるとされるのが、この石碑裏に残る松の根なのである。


「蓮如上人袈がけの松」 説明パネル





「玉造口定番邸跡」の説明パネル





木々が茂る 「玉造口定番邸跡」
青屋口から極楽橋の前を通り内堀にそって西に進むと右側に樹木の茂る一角がある。このあたりには江戸期に京橋口定番屋敷があったが全て戊辰戦争時の火災で焼失し、明治期早々には大阪鎮台による士官学校校舎が設置されていた。



暑いのか木陰で過ごす人々





園内には 大阪市立博物館が目立ちます。    
1929年2月に昭和天皇即位の記念事業(昭和御大典記念事業)として、大阪城公園の整備および大阪城天守閣の復興とともに、城内の各所に分散していた陸軍第四師団の司令部機能を集約するために、大阪市が事業主体となって司令部庁舎を新築することとなった。
昭和35年(1960)に大阪市立博物館としてオープンした。しかしいまは大阪歴史博物館として馬場町移り、今はイベント時の開催本部などとして時折使用される。

中世ヨーロッパの城館をイメージネオルネッサンス調の外見は実に豪壮な印象。



濠の有る景色  ① 大阪城 南外濠





濠の有る景色  ②





濠の有る景色  ③   南外堀から見る六番櫓





濠の有る景色  ④  南外堀




濠の有る景色  ⑤  桜の葉の有る風景





濠の有る景色  ⑥  南外堀から見る六番櫓




御堂筋  ① 大阪の大きな通りに  「筋」 と 「通」 が有る、 南北方向に延びている通:大正通、海岸通
東西方向に延びている筋: 御堂筋 清水町筋、周防町筋、八幡筋、三津寺筋、宗右衛門町筋




御堂筋 ② 此処の近くでバスに乗り帰ります。

テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

大阪城にて~


大阪城の観光  ③

愈々大阪城天守閣に成ります。

普通の観光客は長い待ち時間に成りますが、ツアーなので添乗員の案内で団体の入場口から入れます。
色々疎いので参考に成る文章をコピペ致します。

豊臣秀吉の大坂城
秀吉は天下統一の拠点として権威と権力を象徴する難攻不落の
巨城を築いた。豪壮華麗なその姿は「三国無双」と称された。

徳川幕府の大坂城再築
幕府は西日本支配を確立するために、大坂城と結びついた豊臣氏の
威光を完全に払拭し、より豪壮な新城を築く必要があった。

大坂夏の陣で廃墟同然となった大坂城は、家康の孫である松平忠明に与えられた。忠明は、大坂の町の復興に努めたが、この間、大坂城の本格的な再建はなかったと考えられる。
 元和5年(1619)大坂は幕府直轄領となり、翌6年(1620)2代将軍徳川秀忠により大坂城再築工事が起こされ、3期に渡る工事を経て3代将軍家光の時に完成した。

大坂城は、石垣の規模が格段に大きいだけでなく、堅くて良質の花崗岩からなり、しかも要所には、比類のない巨石が多く使われている城として全国の城郭のなかでも抜きんでた存在である。各大名の競争心に加え、築城技術の完成期に再築されたため、大坂城の石垣には高度に洗練された技術が見られる。

徳川製大坂城の竣工から幕末まで240年間、天下泰平の世と呼ばれた。
この時期の大半、大坂城に天守はなかった。

江戸時代の大阪城は 城主の訪れない城
徳川時代大坂城の城主は歴代の徳川将軍であるが、3代将軍家光が訪れた後、幕末動乱のさなかに14代家茂が入城するまで230年もの間、大坂城を訪れた将軍はいなかった。泰平の世に大坂城を守っていたのは、幕府から任命された城代をはじめとする大名や旗本たちの武士であった。

昭和の大阪城
大阪城は近代建築による復興天守閣の第1号である。豊臣時代の大坂
繁栄に寄せる大阪人の夢と願望を象徴する独創的な事業だった。
昭和3年(1928)当時の市長、関一(せき・はじめ)が天守閣復興を提案。議会の賛同を得て推進委員会が設置されると、市民から寄付の申し込みが殺到し、わずか半年で目標額150万円に達した。
大戦へ向かう重苦しい時代の中で、天守閣復興は大阪市民に熱狂的な賛同で迎えられたのだ。

上記の記述は
大阪城パークセンターさんより抜粋


DSC_2903_2016032711084766a.jpg
号砲  ①   1863年幕府の命により美作藩の鋳工・百済清次郎が鋳造し、大坂天保山砲台に備砲でありましたが、明治維新後大阪城内に移されたと伝えられます。全長148m、砲口の内径20cm、外形40cm、先込めの旧式砲で、材質は青銅の一種とみられます。明治3年(1870)から時刻を知らせる号砲として用いられました。・・・大阪城パークセンターより


DSC_2928_201603271111285e9.jpg
号砲  ②  横からもパチリ、 号砲の説明文も有ります。





入館して直ぐのエントランスホールからエレベーターで8階展望室に行けますが、長い行列なので頑張って階段を登りました。
疲れたあ~~





伏見茶帝の肖像画  寄贈・「大阪大手前ライオンズクラブ」とある。 家康かと思い写したんですが違って居ました。





基礎知識をパネルでお勉強? トホホ~写しただけです。



下記は八階からの眺めの画像羅列です。


8階展望台からの眺望  ①  地上50メートルから広大な大阪城と大阪のまちを一望出来ます。





8階展望台からの眺望  ②  お城を囲む沢山の高層ビル





8階展望台からの眺望  ③  NHK大阪放送局と大阪歴史博物館の近代的な建物が見えます。





8階展望台からの眺望  ④ 鉾の後ろ姿





8階展望台からの眺望  ⑤ 左の茶色(チョコレート色)が旧大阪市立博物館





8階展望台からの眺望  ⑥





8階展望台からの眺望  ⑦  鉾をいれて~





8階展望台からの眺望  ⑧ 大阪城本丸内 「忍屋」の青い屋根とイベントのテントが見えます。





8階展望台からの眺望  ⑨丸いドームは大阪城ホールでしょう~





8階展望台からの眺望  ⑩ 大阪城ホールの隣に大阪城野球場が有ります。





8階展望台からの眺望  ⑪ 大阪城野球場の照明塔も見えます。




8階展望台からの眺望の説明パネルです。 


テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

大阪城にて~


大阪城の観光   ②

引き続き大阪城の様子にいたします。
ガイドさんに連れられて~大阪城に向かいます。

大阪城は豊臣秀吉の築いた城であるが、大阪冬の陣と夏の陣に破壊された。
今回指定されたものはすべてその後德川氏により築造されたものであるとの事。


桜門です。


 


桜門から帰る人  ① イベント済んで帰るんでしょうか?





桜門から帰る人  ② 重いのは太鼓?太鼓を載せる台を持ってる人もいますネ~





【タイムカプセル】設置の丸い姿が見れます。





テントがいっぱい有ります。





大阪城天守閣  ① 前方に見えて来ました。 幟が沢山立てられています。





大阪城天守閣   ② 流石に賑やか~~





武者姿の人が居ます。観光客相手のイベント?何か有るのかなあ~





桜門枡形の巨石  ① 巨石No.1・蛸石(たこいし) 厚さ平均0.9mとして、重さは約130トンと推定される。蛸石という名は、 石の表面左端に酸化第二鉄による茶色い蛸の頭形のシミがあることから名付けられたものかと考えられている。 
大きいですネ~





桜門枡形の巨石  ② 他では見ることの出来ない巨石が数多く見られるのも大阪城の石垣の特徴の一つだそうです。





桜門枡形の巨石  ③ 説明文が有ります。





桜門枡形の巨石  ④






重要文化財・金名水井戸屋形付近  ① 

昭和44年(1969)の解体修理の際、棟木に「寛永三年十月吉日」との墨書が発見され、天守と同じ寛永3年(1626)に創建されたことが判明した。寛文5年(1665)の落雷による天守炎上、戊辰戦争(1868)の本丸炎上の2度の大火にも奇跡的に焼け残ったことがわかったのである。なお、江戸時代にはこの井戸は「黄金水」と呼ばれていた。


重要文化財・金名水井戸屋形 付近  ②
小天守台にある井戸を金明水といい、それを覆う建物を金明水井戸屋形といいます。井戸は水面まで約33m、井筒は一個の石をくり抜いたもので、外部の流しは4枚の大石を組み合わせて敷き詰めています。なお江戸時代までこの井戸は黄金水と呼ばれ、本来の金明水は天守閣の東側にありました。


重要文化財・金名水井戸屋形  付近  ③ 多くの人が覗き見して居ます。





重要文化財・金名水井戸屋形  付近  ④  立派な石作りの階段です。





重要文化財・金名水井戸屋形 付近  ⑤ 説明文


テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

大阪城にて~


大阪城の観光  ①

通天閣の後は大阪城に行きます。
大阪城も初めてです。広々とした良い景色を満喫でした。


大阪城公園にきました。





天気も良く木々も綺麗です。





右方向に大きな建物が見えてきました。





NHK大阪放送局です。右の半円形のモダンな建物が大阪歴史博物館です。





お濠の向うに千貫櫓と多門櫓が見れます。





大手門  ① 正面玄関である大手口に到着する。大手門は城の玄関口です。





大手門  ② 大阪城の正面玄関である大手口は江戸期の古建築が多く残る唯一の場所





大手門  ③  この門は寛永五年(1628)年、徳川幕府による大坂城再建時に創建されたものである。天明三年(1783)、落雷により多聞櫓が焼失した際にも類焼を免れた貴重な建造物




大手門  ④ 高麗門型式の門です。 美しい!!





大手門  ⑤ 空とベイニィーズグレイと白の美しさに感動🎶





木々の緑が落ち着いた景色に成ります。





濠の石垣が流石です。





巨大な石垣が置かれて居ます。





南仕切門跡・太鼓櫓跡





南仕切門跡・太鼓櫓跡 のパネル
仕切門とは城門を突破して侵入してきた敵勢をくいとめるために設けられた石塁につけられた城門のことで徳川時代の大坂城二の丸には五ヶ所の仕切門が設置されていた。



内堀(空堀) ① 大阪城の濠に水が無い所が有ります。

下記 調べたもの~
空堀は水濠に比べて、防御能力が弱いとお感じになるかもしれませんが、薬研堀などを駆使すると底部の通行が困難になるほか、本丸方向を急斜面にし、その上部には鉄砲狭間や、櫓を設けると上から攻撃がしやすくなります。伏見城の空堀などがら推定すると幅は30mという壮大なものではなかったかと思います。空堀ですので、一瞬行けそうな感じがしますが、現実はかなりのダメージがあるかと思います。・・・・・「大阪城パークセンター」さんより転記


内堀(空堀)  ②





報国神社の鳥居です。





マップです。  「大阪城パークセンター」さんよりお借りしました。 内豪(空)の場所に赤で囲みを入れました。

テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

大阪にて~


大阪の観光   ④

引き続き街歩きです。
ど派手なお店の様子に驚きの観光です。 
串かつのお店が多い事も驚いたあ~~

街歩きは此処で終わります。


「くらぶ あるどれ」とある。





「くらぶ あるど~れ」 ¥1円海専門店!」 何ですか?  調べました。ゲームのお店でした。





まあ~ 金村義明お応援団長? なんだ??





新世界 06  ① osaka zerorock original branndo   ココモよってえ屋?





新世界 06  ②





串かつ屋がいっぱい~





新世界おみやげSPOTですか?





お店をパチリ





アルコールにおつまみ





ほな、食べてみ亭  命名が流石!





「ええもん・ぎょうさん・てんこもり」です🎶





 「ツウテンカー たこ焼き」





串かつどて焼き 鶴亀家  大きな鶴と亀でした!





「串かつだるま」他九店紹介されてるサイト    凄い行列です





これは?? まさか?お化け屋敷?





バスが待つ、アーケードを行きます。

テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

大阪にて~


大阪の観光   ③

流石~~  大阪らしいお店を羅列しました。 画像見たらだれでも何処か判ると思います。
兎に角ど派手です。


華やかな看板です。 





ビリケン神社?




大阪らしい番付表で驚き!! 日本一の串かつの番付? 大相撲通天閣場所!!





こちらも日本一の串かつ横綱!!





美味しそうな物がいっぱいの看板です。





ジャンジャン横町とある






ジャンジャン横町の通りはアーケードですネ~





「ソースの二度付けご遠慮下さい」 … 如何ゆうこと? 調べましたら、一度口に入れて食べかけのかつをソース入れに再び入れない様にとの衛生の為の注意書きです。  怖そうな人形にも驚きます。





ジャンジャン横町を進みます。





和服のおじさんの後ろ姿にも迫力です。






虎の顏のリュックサック? 流石~~






うどんそば160円はお安いねえ~~





此処もビリケン神社?





串かつ & どて焼 とある、 「どて焼って何なの?」の私です。





此処にも大きなビリケンさんの像です。






此処にもビリケンバージョンの恋人達の真実 何??





将棋盤には、 「1913年 大正2年4月6日  東京市京橋区築地倶楽部」 とあります。  





将棋の「坂田三吉」の事が書かれてるボード発見!

王将

下記は、大阪を拠点に活躍した将棋棋士、阪田三吉をモデルとした歌詞である。

吹けば飛ぶような 
将棋の駒に
懸けた命を 笑わば笑え
生まれ浪花の 八百八橋
月も知ってる おいらの意気地

あの手この手の 思案を胸に
破れ長屋で 今年も暮れた
愚痴も言わずに 女房の小春
作る笑顔が いじらしい


明日は東京に 出て行くからは
何が何でも 勝たねばならぬ
空に燈が付く 通天閣に
俺の闘志が また燃える

村田英雄が歌って居ます。

テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

大阪にて~


大阪の観光   ②

バスで向かったのは、通天閣です。 
テレビなどで見て居ましたが、初めて行きます。
通天閣のエレベータ内で、何も持たず、観光客にも見えない
怪しげな?人に話しかけられて、困惑したのです。
ドキドキの私の方が悪い人??


通天閣に来ました。





有名なのに初めて見ました。






館内のお店 ① チキンラーメン ひよこちゃんSHOPです。





館内のお店  ②  「ぐりこ・や」  も有ります。





館内のお店  ③ おかし屋さん





館内のお店  ④ お店を見乍らエレベーターに向かいました。





通天閣からの眺め  ① 大きなガラス窓から見物します。





通天閣からの眺め  ② 大阪一高いビル・あべのハルカスが見えます。 スゴイ!!  手前に大阪市立美術館も見えます。





通天閣からの眺め  ③  場所を変えると色んなビルが~~





通天閣からの眺め  ④





通天閣からの眺め  ⑤ 緑の多い場所は何処? 天王寺周辺?





通天閣からの眺め  ⑥ ビルの多さが判る。





通天閣からの眺め  ⑦





通天閣からの眺め  ⑧  お寺も見えます。





びりけんさんです 。  BILLIKEN 「THINGS AS THEY」 とある。 これもお初にお目に掛ります。

 



「真実の口」 ビリケンバージョン





通天閣大通りです。





大きなヱビスさんです。





初代ヱビス? 串カツ屋さん?





一九一六年  大正五年 創業 新世界串かつ 「ぎふや」  ・・・です。


テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

大阪にて~


大阪の観光  ①

終日航海の翌朝は最後の寄港地大阪に到着です。
海からは初めてですし、用事では2回ほど行ってるけど、本当に未知の場所です。

観光付きですから、お任せで繁華街と大阪城の観光付きです。
まずは、港の朝の風景からです。


朝日を待つ ① 何時もの様にデッキに行きます。




朝日を待つ  ② 雲が多いから日の出は無理?





朝日を待つ  ③ 赤くなった雲の中に太陽が~~





日の出を待つ  ④ 他の人も居ます。





朝日を待つ  ⑤ ハッキリした姿が見れ無い。





朝日を待つ  ⑥ 此処で日の出は諦めた~





大阪湾を航行  ① 





大阪湾を航行  ②





大阪湾を航行  ③ 大阪港に向かいます。





大阪湾を航行  ④ 消防艇は、放水でお出迎え?





大阪湾を航行  ⑤  コンテナが見れます。





大阪湾を航行  ⑥ クレーンはまだ作業してない。





大阪湾を航行  ⑦ オオッ 派手な建物です~





大阪湾を航行  ⑧ 高いビル群です。





大阪湾を航行  ⑨  丸いドームが目を引く





間もなく停泊、大きな観覧車も有るんですネ~





大きな橋が~





ぐる~と回り停泊地は近い!





愈々接岸します。




ターミナルの建物です。





作業を見つめるスタッフも居ます。




船から投げられた艫綱(ともづな)をキャッチ。




観光バスも何台も来て忙しい。





何台も来ましたね~  私達も乗ります。





船着場付近の様子。




大阪入港の動画  コスタビクトリア入港の歓迎行事は華やかな放水でした。


テーマ : 旅行日記
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索