釜山にて~


釜山の観光 ラスト

港に戻りました。出港は10時ですから、余裕があるから、港周辺を写した。

長かった一日も終わり日本に戻ります。 
まだ長崎(佐世保)と大阪にも行きます。


ターミナルは綺麗です。




庭園の説明板です。




韓国の寺院風の建物も有ります。




石像も韓国風で面白い





「国立海洋博物館」です。 2012年7月、影島(ヨンド)にオープンです。無料で入れる。




白い壁に黒い屋根のデザインが素晴らしい!!





独特のデザインが素晴らしい




バスが帰ってきました。





コスタも風景に溶け込んで居る様に思います。





コスタが帰りを待ってる!





海辺に木製の手すりが宜しいです。




コスタ全体を写して船内に戻りました。





暗くなった舞台で見送りの演奏です。




見てる人が少ないので何だか申し訳ないです。





美しい演奏と歌に聞き入りました。





ドラム3人娘さん、「See You Again」の文字が~~ 





サックスの演奏の男性は前回の時と同じ人です。寂し気な演奏が素晴らしかったです。




前回サンプリンセスでの釜山港の画像です


次回は佐世保の様子に成ります。

テーマ : 韓国旅行
ジャンル : 旅行

釜山にて


釜山の観光  ④

佛國寺は高い築台を築き、凡夫の世界と仏の世界を分け隔て、三十三段の階段(三十三天を意味)を通じて仏国の世界に至るようにした。韓国の過去の新羅時代に建築された、韓国仏教を代表する寺院である。
現在ユネスコに指定され、世界文化遺産です。

多宝塔と釈迦塔(補修中)と呼ばれる、国宝に指定されている有名な二つの塔があります。
天王門は、欲界六天の最下天にいる四天王のこと。四天王を奉安した門で、寺刹守護の機能を担当する四天王が彫刻されており、朝鮮後期の手法をよく表しています。東方-持国天王(琵琶を持ち)、南方-増長天王(剣を持ち)、西方-広目天王(竜を持ち)、北方-多聞天王は宝塔を持っています。   ・・・ 韓国ナビさんより


極楽殿  ①




極楽殿  ②




大雄殿の仏像・金銅阿弥陀如来坐像。




青雲橋・白雲橋(チョンウンギョ・ベッウンギョ)




修学旅行? 子供たちが多いです。




33段ある二つの橋は仏教でいう33天を意味し、この石段を登ってをくぐると、そこはお釈迦様の彼岸世界である仏の国を表現する仏国寺の境内というわけであります。




説明文を写して~




日本語の所をアップにしたが読める?




サークルストーン?




石垣の積み方に注目・・・坂道では丘陵地に合わせて組まれた石垣が目を引きます。石垣を平坦から傾斜させていく当時の高い建築技術が窺えます。




極楽殿の看板裏にはイノシシが居ます。




御利益有るのでしょう~~ イノシシさんに可愛い手が!




訪問者は、「カッ カッ」 鳴らして伝える為の金属? いわばイヤホーン?




御朱印&ポストカードの受付ですか?
 



提灯の有るお庭   ①




提灯の有るお庭   ②




提灯の有るお庭   ③




提灯の有るお庭   ④




提灯の有るお庭   ⑤  うすむらさきの花が可憐です。




提灯の有るお庭   ⑥ 出発地点のお庭に戻りました。




天王門(チョンワンムン/천왕문) ① 入口付近にバスが待ってるので急ぎます。




天王門(チョンワンムン/천왕문)  ②  門を振り返り写して帰ります。





大きな石のモニュメント




綺麗なつつじの花です。




シャクヤクが綺麗ですネ~~




おなじみクローバーです。

テーマ : 韓国旅行
ジャンル : 旅行

釜山にて~


釜山の観光 ③

陸旅で訪れた佛國寺ですが、観光付きなので訪れた。 

新羅王朝の都であった慶州の佛國寺は世界遺産である。
新羅第23代法興王時代に創建され、以後23度再建される 秀吉軍の侵略(壬辰倭乱1592年)によって焼失した 現在の寺の規模は当時の十分の一といわれる。

お寺の装飾は色も細工も素晴らしい物です。
社殿の極彩的な建造物を沢山写して来ました。


今年はこれで終わります。 ダラダラの画像アップにお付き合い頂き感謝申し上げます。
来年からも引き続き旅日記を載せてまいります。 宜しくお願い致します。





緑の多い公園の池を見乍ら進みます。




DSC_2127.jpg
天王門とあります。





佛國寺の大きな寺院表札です。 派手な提灯が吊られて居ます。 





極彩的な建造物   ① 凄い細工に驚きます。





極彩的な建造物   ②  華やかな彩色です。





極彩的な建造物   ③ 龍?が描かれて居ます。 龍は、揚子江近辺の鰐を象ったものとも言われて居るそうです。





極彩的な建造物   ④アルミ製のは、もしや監視カメラ?





極彩的な建造物   ⑤  仁王像? 凄い





極彩的な建造物   ⑥ 龍を手にしてます。





極彩的な建造物   ⑦





極彩的な建造物   ⑧  魚板(鰍魚・けつぎょ)でしょうか?
魚板(鰍魚(けつぎょ) は、お坊さんたちに飯時を告げるため叩いた木彫の魚で、 正式名称は飯梆(はんぽう)と言います。  鰍魚は揚子江にいる幻の魚と言われています。
隣に銅板が有るから、叩いたのはこちらかな?

極彩的な建造物   ⑨ 凄い獣が居ます。 雪豹?





極彩的な建造物   ⑩ 猪?龍?色んな生き物がいますね~





極彩的な建造物   ⑪





極彩的な建造物   ⑫





極彩的な建造物   ⑬ 佛様が描かれて居ます。





極彩的な建造物   ⑭  屋根の軒に描かれてる様子が判る画像です。






広場に多宝塔が有ります。  





青雲橋・白雲橋(チョンウンギョ・ベッウンギョ/청운교・백운교)





暑いのか? 木陰が宜しい?





出口の方の門です。  まだアチコチ写して来ました 次回に成ります。


陸旅で行った佛國寺の様子はこちらで見れます。


テーマ : 韓国旅行
ジャンル : 旅行

釜山にて~


釜山の観光   ②


チャガルチ市場に行きました。

毎度変わり映えのしない画像ですから~ 気が進まないのですが、ケチな性格ですね~
折角写したのはボツに出来ない。

ソウルの南大門市場・済州島の東門在来市場に続いて三つ目に成ります。
築地の魚市場に行ってないのにネ~
山国信州生まれの私は、新鮮な珍しい貝類の多さに驚いた!

生臭い画像が続きますので 嫌いな方は、仕上がったばかりのブローチを見たら引き返して下さい。


トンガリ帽子のブローチ  ① 仕上がったばかりです。





トンガリ帽子のブローチ  ②





トンガリ帽子のブローチ  ③  皆並べて~~




星





チャガルチ市場に来ました。





生魚がプラスチックのカゴに無造作に並べられて居ます





ホヤとムール貝?が見れます。





大きな貝です。 海で見つけたら大きいから嬉しいでしょう





珍しい貝達、とっても小さなものも有りますね~





タイラギ・アサリ?





此処でもタイラギが~





タイラギの中身です。大きい貝です。 食べた事も無いですが、何とも大きい~~





カニも色々~





ロブスター? 爪が大きいですネ~





大きいたこですね~





太刀魚ですネ~?





もんごイカなのかなあ~?





小便小僧はフグの頭🎶





大きなナマコです。活きてる?





ホヤの他は知らないものばかりです。






ナマコ・トコブシ・サザエ・ホヤ位は判る?






通路です。広いのが判ります。






準備に忙しい?





此処で食べられるんですネ~


テーマ : 韓国旅行
ジャンル : 旅行

釜山にて~


釜山の観光  ①

秋田を出たコスタビクトリアは金沢に寄港の予定でした。
しかし 海が荒れてるとの事で再びの抜港です。
船はゆっくり釜山に向けて航行しました。

当初の予定では釜山の入港は13時30分ですが、早朝には釜山港に着岸したのであります。
午後に予定の観光の前にチョコット出かけました。


日の出を待ちました。





雲が多いから諦めましょう~





「korea coast guaro」 とある。 海洋警察庁[ Republic of Korea] らしいです。





島影も綺麗です。 





ゆっくり港に向かいます。





愈々釜山港です。





タグボートが出迎えます。





間もなく着岸です。





釜山のビル街が流石の高層マンションずらり~





無料のシャトルバスで出かけました。





青いビルが目立つ





「LOTT MALL」・・・ロッテモールです。





アーチのモニュメントには、「 Have a Nice Day!」の文字が~~





メトロの駅が有ります。





透ける建物はエレベーターなんですね~





チャガルチ市場に行きます。




市場は大きい道路の向うらしいです。





広い通りです。






新しい作りの像が有ります。 何て書いてる??





標識はtokyoまで966 london (ロンドン)まで9322等々記されて居ます。





市場近くにあるお店です。





乾物屋さん





干物制作中!!





マンホールの蓋の可愛い絵!!

テーマ : 韓国旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索