カリブ海(ベリーズ)

ベリーズにて~  ④

マヤ遺跡の観光後小さな街の散策です。
バスは路上にて乗降車です。
道路上ですから、長く駐車出来ないので、時間決めて戻るので集合時間は守るようにとの事です。
ジャマイカと似たような雑多な街に思えます。


ヤシの実も~~ 何のドライフルーツ? 冬瓜みたいに大きな果物も~




船の皆さんも?お買い物~




彫物のお店も有ったり~




丸いのはマヤの暦?




テントのお店です。 サングラスも~




サトウキビ・パパイア?マンゴー?のジュース屋さん?




雑然とした場所ですから、 ここで引き返した。




電線がジャマイカを連想です。 日本だって同じでしょうかネ~~




みなさん、健康な体形です。




大胡蝶  ① 大胡蝶 (ピーコックフラワー)と思います。  「バルバドス国花」です。




大胡蝶   ② 大きなサヤも着いています。




大胡蝶  ③  長いシベですね~~ 東南アジやでも見かけました。




ブーゲンビレア  ① 青い空と赤いブーゲンビレアが~~!




ブーゲンビレア  ② 




ブーゲンビレア ③




ブーゲンビレア ④  




大きな木に咲いてました。 ヒマワリ?に似てました。




お馴染み、花キリンです。




ヤトロファ・ハスタータ(テンキン桜/南洋桜)  [キューバ原産]




港に戻りました。




ベリーズの夕景  ① 夕日を写して~~




ベリーズの夕景  ②




ベリーズの夕景  ③  夕日は雲に沈みつつあります。




ベリーズの海  ⑤ 日が落ちました。 ロアタン島に向けて航行です。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カリブ海(ベリーズ)

ベリーズにて~ ③  

太陽のピラミッドの様子です。

「アルトゥン・ハ」は 紀元前、300~AD1000年ごろに栄えた都市国家の一つです。7世紀にカリブの沿岸と内陸を結ぶ、海上交易で繁栄したと考えられている。50年前に発見され、その後の発掘で七つの古墳が明らかになっている。こんもりと草に埋もれた古墳が現れて驚いたそうです。
五つのピラミッドが残されている。 もっとも高いピラミット「太陽神の神殿」では1968年、4キロの翡翠(太陽神の頭部像)が発見され、俄かに注目を集めたそうです。 
 

太陽のピラミッドの全景です。 




太陽の正面からは登れないが、横から観光客用の階段が設けられていてピラミッドの頂上に登ることができる。 急な石段をのぼります。




神官の顔  ①  このピラミッドの特徴というか、面白いものとして、ピラミッドを飾っている顔がある。
とても顔には見えないが、これでも神官の顔だそうです。



カリブ海 495
神官の顔  ② マヤの遺跡にみられるデザインの特徴がある。




神官の顔  ③ 驚いたような顔にも見えます




神官の顔  ④  私の想像では魔物を追い払う為の様にも??




太陽のピラミッドからの眺めです。大迫力です。




興味深いのは、頂上の真ん中に、直径2mくらいの円形の祭壇があることです。儀式の際、生贄を捧げたのか?以前陸旅で行ったチチェンイッツァ遺跡にも生贄を置いたとみられる台(祭壇?)をみて身震いしたものです。 生きたままのお供えは恐ろしいです。



この石の化石?木の切り株に見えるんです。




広大な遺跡の眺めが感動です。




遺跡の向こうに、密林が一望できます。




流石の眺めです。




ピラミットの裏手には大きな密林の木々が茂っています。




大きい樹です。




ホワイトサポテ?  ①  大きな樹です。




ホワイトサポテ?  ② ガイドさんは、この熟した実を食べていました。 美味しいそうです。




ホワイトサポテ?  ③ 地面に落ちてた実です。




アジアンタム(ミクロフィラム)風?な可愛い葉が生えています。




ワイヤープランツ? 可憐な葉です。 観葉植物として売られてるのに似てます。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カリブ海(ベリーズ)

ベリーズにて~  ②

ベリーズシティから一番近いのがマヤ遺跡、「アルトゥン・ハ」です。

発見当時、こんもりと草に埋もれた古墳が現れた。 今五つのピラミッドが残されている。もっとも高いピラミット「太陽神の神殿」では1968年、4キロの翡翠(太陽神の頭部像)が発見され、俄かに注目を集めたそうです。  

アルトゥン・ハとは「岩の水」という意味。採石のためダイナマイトをしかけたところ、そこから遺跡の石組みが見つかり発見・修復された遺跡だそうだ。 もともと、このあたりは黒曜石とフリントという石が豊富で、それらの石の交易で栄えた都市遺跡なのだろう。
紀元前200年ころから紀元900年という長い期間にわたって栄え、最盛期には1~2万人の人口があったらしい。

ツアーに参加です。 ガイドさんが居るので観光も楽ですが、印象は薄いように思います。
自力で行った場合は苦労や心配もあるんですが、旅の楽しい思い出がいっぱいな気がします。


下船して添乗員さんに付いて行きます。




アルトゥン・ハ遺跡に到着です。 メキシコやガティマラの森林の中に埋もれてる遺跡は相当数有るんです。




遺跡を入ると、すぐに未修復の大きなピラミッドが見える。これは雨の神の神殿か?




緑の墓  ① 紀元550年 頃の支配者の墓が見つかっており、300近い翡翠が残されていた為、緑の墓と呼ばれるそうです。



緑の墓 ②




登ってる人のすがたも~ 隣り合う形で 幅広いスタンド状の階段を持つ建造物が有ります。




ここも登ってる人が多い。




人が登っていますね~




旅仲間の皆さん記念撮影です。




修復されていないので詳しいことは不明だそうです。




中央に階段跡があり、登れないようにしてあるのでオリジナルの階段?まだ 充分調査されてない様です。




太陽の神殿  ① 暑いので木の下で説明を聞いています。 離れて居ても、イヤホンで聞けます。




太陽の神殿  ② 一番大きくて立派な遺跡です。




奥が小神殿、手前が居住区とのことです。




居住区だったところです。




遺跡の積み上げてある階段は流石に頑丈です。




本当に頑丈な石組みですね~  石の交易で栄えたと言うのを納得の石達です!! プリント石とは、火打石(ひうちいし)です。 交易品のフリント石は、鋼鉄片の火打金に硬い石を打ちあわせて出る火花を火口に点火する「火花式発火法」に用いる硬質の石だそうです。




割れた石の面が大理石の様にも見えます。




大きな実が生ってますね~  何の実かは不明です。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カリブ海 (ベリーズ)

ベリーズにて~ ①

コスメルのマヤ遺跡観光の翌日は、二番目の寄港地、ユカタン半島の付け根の部分に位置する、
イギリス領(ホンジュラス)現ベリーズです。

ベリーズはカリブ海とメキシコ、グアテマラに囲まれた 人口 30万人強の小国ながら、
マヤにとっては極めて重要な国になります。四国程の大きさの小さな国です。

古代マヤ遺跡群の観光が予定されて居ます。

毎度乍、早朝はデッキです。 
大型船の船着き場は無いので沖に停泊に成ります。



朝の空  ① 日の出を待って~~





朝の空  ②  天使の階段です。大きな雲の向こうに~~ キラ~~~ ズームでパチリ~~





朝の空  ③ お日様は無理のようです。





朝の空  ④ 雲をズームでパチリ





朝の空  ⑤





朝の空  ⑥ こちらも、ズームでパチリ!





朝の空  ⑦ 神秘的な雲の姿です。





朝の空  ⑧





朝の空  ⑨





航跡はカーブを描いています。 間もなく停泊地?





陸地が見えます。プリンセスらしい船が~~





沖に停泊です。





通船に乗って「ベリーズ」に行きます。





テンダーボートは使わないようです。





大きい船体です。 セレブリテイ「quinox」です。 ソルスティスクラスの第2隻目セレブリティ・イクノスです。





カーニバルリバティを後に~ 出かけます。





イクノス&リバティが遥か後方に~





ベリーズの街の様子  ①




ベリーズの街の様子 ②




ベリーズの街の様子  ③




ベリーズの街の様子  ④




ベリーズの街の様子  ⑤




ベリーズの街の様子  ⑥




海鳥をパチリ♪

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索