カリブ海にて

トゥルム&コスメルにて~ ②  

コスメルの船着き場付近の様子です。

同じところを行き来したのでダブってる様に見えますが、時間が違うんです。
お許しください。
帰船の途中には沢山のお店が並んでいます。「Duty-Free」のお店も有ったりしました。


雰囲気の良い屋根はヤシの葉でしょうか?





お店は、お洒落なんですね~





南国らしい植物が道路のセンターに植えられていました。





アジア風の力車?が来ました。





此処はマレーシア? って~~ ふふふ





植物達は、生き生きしてます。手入れが良いのがわかりますね~





行きに通った同じ場所を帰ります。





なんか?面白い物が~~





水兵さんのオブジェが愛敬振りまいていました。





出かける人も居ますね~~~





桟橋が何本か有るのが判りますね~~





此処建物の中には「Duty-Free」のお店やら、土産物のお店が有ります





白い貝の飾りが有りましたね~~





カラカラ~~ 音が聞こえそう~~





「カーニバル イレーション Elation 70,367㌧」です。





「カリビアンプリンセス」と「カーニバルリバティ」 ① 帰ってきても2隻並んでるのを写して~~ 





「カリビアンプリンセス」と「カーニバルリバティ」 ② この様に見事な2隻を見れて~ クルーズの醍醐味?





「カリビアンプリンセス」と「カーニバルリバティ」 ③  楽しそうなうしろ姿に見えませんか?




「カリビアンプリンセス」と「カーニバルリバティ」 ④ 両船を見上げて~~ 迫力です。




「カリビアンプリンセス」と「カーニバルリバティ」 ⑤  まさにビルの谷間?





「カリビアンプリンセス」の船首です。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カリブ海にて

トゥルム&コスメルにて~ ①

トゥルムを観光後バスで港に戻りました。バス停から徒歩で港に行きました。
港の付近は華やかでです。お店でお買いものです。 泳ぎたい人も居ましたがダメらしい?

華やかで赤い色彩が溢れるお店ばかりです。
港からコスメルは近いのですが、 又黄色い通船でカーニバルリバティに帰船です。


港のお店  ① 道路沿いのお店です。





港のお店  ② 帽子も有ります。男子用を一つ買いましたね~






港のお店  ③ ポンチョも有りますね~





港のお店  ④ 大きなショップに入りました。





港のお店  ⑤ 広いホールみたいなお店でした。





港のお店  ⑥ 





港のお店  ⑦ 華やかな色彩に溢れて居ます事!!





港のお店  ⑧ 少しアップにしましたね~





浜辺の様子  ① のんびり過ごしたいかなあ~





浜辺の様子  ② 大きな白い布が~ なんでしょうか? 日よけ?
  




浜辺の様子  ③ ビーチチェアが沢山置いてあるから、ホテルのプライベートビーチ?





浜辺の様子  ④ ビーチ貸しボックス?





浜辺の様子  ⑤ 浜辺はは多くの海水浴客が~~




 
浜辺の様子  ⑥ パラセーリングの人がいます。 何時か、もう一度乗りたい!!





コスメル行き船乗り場です。桟橋はいっぱいあります。





コスメルとトウルムの位置関係は Google マップより





我々の乗る船乗場に行きます。





仲間の後に続きます。






乗船待つ我々の仲間と「カーニバル イレーション Elation 70,367㌧」





「カーニバル イレーション Elation 70,367」と桟橋





「カリビアンプリンセス」と向こうは我々の「カーニバルリバティ」です。





コスメルの景色です。





桟橋を行く人のシルエットが良いです!!





逆光で写したお店と桟橋





「カリビアンプリンセス」と通船


次回もまだコスメルです。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カリブ海(トゥルム)

トゥルム遺跡にて~  ③

マヤ遺跡の一番の見どころトゥルムとカリブの青い海の様子です!!!

海上貿易で繁栄し、トルテカ文明の影響を受けた城塞、、三方を城壁を巡らし、海岸は6mの絶壁である。
1517年にスペインの進攻を受けるが、スペイン人が最初に遭遇したマヤの都市が、トゥルムだそうである。

トゥルムは、東側は海を背にし、西と南北には城壁を巡らした城塞都市で、正式な入口が南北に2ヶ所づつと西に1ヶ所の合計5ヶ所あります。マヤ終焉の遺跡でも有ります。


この景色に会いに来ました。





砂浜には多くの海水浴を楽しむ人が居ます。





楽しそう~~





紺碧とはこの色でしよう~~





木の階段を降りるんですね~~





降りて行く時間は無いんです。





美しいカリブの海  ①  海を見下ろして~





美しいカリブの海 ② 小さな船も見れます。





美しいカリブの海 ③ 二隻の船が~~





美しいカリブの海 ④ 船にゆられて~ 気持良さそう~~





美しいカリブの海 ⑤ まあ~~青い!!





美しいカリブの海 ⑥ 同じ様な景色なのに~~ 何枚も写して~





美しいカリブの海 ⑦




美しいカリブの海 ⑧




風の神殿付近  ①




風の神殿付近  ②




風の神殿付近  ③ 風の神殿が見えて居ます。しかしツアーなので近くに行かなかったので残念?





カリブの海を堪能して、バス停辺に来ました。ユニークなご婦人をパチリ、ごめんなさい~





三台連結の観光バス、この後港に帰りましたね~~

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カリブ海(トゥルム)

トゥルム遺跡にて~  ②

トゥルムはもともとマヤ語で サマ(Zamá =夜明け)という名前だったそうです。
密林のマヤ都市は、廃墟になり密林に埋もれていたが、トゥルムは城塞として、スペインにも利用されていた。

マヤの遺跡は陸旅でウシュマル・チチェン・イッツァ・バレンケなど少しだけ行きました。
しかしトゥルム遺跡のカリブの海岸に立つ姿は素晴しいです。 
今度は見れるので本当に楽しみでこの旅に参加です!!


マヤ・アーチです。美しい人が潜りぬけて居ますね~~





石積みの頑丈な作りでスゴイ





我々のツアー仲間です。





大人数でしたね~~





一眼レフを持ったカップルです。





我々の仲間は 奥に居ます。遅れないようにしませんと~





良い天気です。撮影しながら付いて行きます。





チュルトゥンの家





降臨する神の神殿





フレスコ画の神殿
フレスコ画の神殿の建築は三段階に分けられ、初めに一層の小さな神殿が築かれ、次に小神殿の回り三面(北東南)に回廊が設けられ、最後に二階部分の神殿が積み上げられました。・・・ 旅ナビより




フレスコ画の神殿 (Templo de los Frescos, lado frontal)





漆喰彫刻を大きく写しました。





降臨する神の神殿





入口を支える4本の柱の上に3つの窪みがあって漆喰彫刻が施され、左右は座った人物像、中央が写真の降臨する神です。 下になった頭の部分は崩れているものの、全体的に赤や青の彩色が残されます。




中央神殿付近に来ました。





中央神殿 エルカスティージョ





遺跡を掘って作業の人がいました。





海岸は近いですね~





オオッ 海が綺麗です。





ブーゲンビレアの大木です。





遺跡の図  ①  pitura mural → pitura の壁画    mural painting → 壁画のペイント?





遺跡の図 ② El Castillo,   The Castle の記述  ・・・ エル カスティーヨ、城 ?



マヤ遺跡のメモ

スペイン人の持ち込んだ天然痘の為、免疫力を持たないマヤ人の人口は急激に減少します。 そしてモンテゴ将軍によるユカタン制圧後、残ったマヤ人は荘園に囲い込まれて労働に従事させられる事となり、ここに長く続いたマヤの文化は崩壊に向かいます。

マヤの文化が失われていく中、一部は内陸に逃亡して細々とマヤ人としての生活を続けますが、19世紀になると逆境に置かれたマヤ人達が集まって反乱を起こします。 これはカスタ戦争(カースト戦争)と呼ばれ、トゥルムもその拠点になります。 英領ホンジュラス(現ベリーゼ)経由イギリスの武器援助もあったようで、一時はユカタン半島の大半をその勢力下に収めますが、農繁期になると軍隊が消えてしまう等、奇妙な戦争だったようです。

1847年に勃発したこのカスタ戦争も最後には鎮圧されてしまいます、20世紀に入り 1901年の事でした。 そして騒乱の中で手の付けられなかったトゥルム遺跡の本格的な調査、修復がようやく着手される事になります。  

次回はカリブの海に面して立つ一番楽しみな、城壁からの景色です。


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カリブ海(トゥルム)

トゥルム遺跡にて~  ①

後古典期後期(1200-1520)代表的なマヤ遺跡ですが、スペイン人の艦隊が最初に目にした大きなマヤの街として、また 19世紀のマヤ人の反乱の拠点になった場所としても知られています。

カリブ海の断崖に立ち、海をたたえた非常に景観の美しい遺跡です。
トゥルムとはマヤ語で城壁を意味し、三方を岩壁で囲まれていることから名前がついたといわれています。
カリブ海のブルーと白亜の遺跡とのコントラストが素晴しい 海を見降ろす崖に建つ城やフレスコの神殿の見学です。


マヤの遺跡に来ました。




広大な遺跡ですね~~




流石!整備されて居ます。




神殿付近 ① 実は神殿の名前が定かでないのであいまいに~





神殿付近 ②




神殿付近  ③




神殿付近 ④ マヤ・アーチを潜ります。




神殿付近  ⑤




風の神殿付近? 




海が青い!!




風の神殿付近?




カリブの海が見えてます。




優しい雲の姿が~




青い海が風神の神殿への期待を高める!!




石垣にイグアナがいます。見えますか?




少し大きく写したんです。




遺跡の中に建てられてた地図です。 



 
日本語の地図をお借りしました。




大きいイグアナです。




別のが居ますね~ 




イグアナがアチコチから姿を見せます。




大きい!!




ヒメヤハズヤシ別名 ダイオウヤハズ




アメリカチシャノキ Cordia sebestena (ムラサキ科 カキバチシャノキ属)




ナスの花に似る? ルエリア・ツベローサでしょうか?不詳です。




カッコウアザミでしょう~  原産国:メキシコ・ペルーです。 園芸店から買って我が家でも咲かせたんです。



次回も遺跡の様子を続けます。 青い海の美しい様子は、そのあとに成ります。


テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カリブ海(コスメル)

コスメルにて~  ②

コスメル島に着きました。華やいだ港付近の様子です。
コスメル港から小船でメキシコ本土に渡ります。
トウルム・マヤ遺跡の観光がメインです。コスメル島も見たいものでした。

コスメル島は、2005年にハリケーン・エミリーとハリケーン・ウィルマの二つのハリケーンがコスメルを直撃し、島に甚大な被害をもたらした。ハリケーン・エミリーは7月に上陸したが、最も被害が大きかったのは10月に直撃したハリケーン・ウィルマであった。これにより、特に浅い海の珊瑚礁や水中生物に被害がもたらされた。・・・・ウィキペディアより


桟橋の近くに有る建物が(土産店)お洒落です。





コスメル島の~ ① 桟橋付近のステキなお店





コスメル島にて~ ② 「fat tuesday」って??

 



コスメル島にて~ ③ 洒落てますね~





コスメル島にて~ ④ 手入れの良い植物も植えられていました。





コスメル島にて ⑤




コスメル島にて~ ⑥ 客待ち?「xcaret」カンクン行き360ドルってこと?





フェリー乗り場です。





黄色の小型船が本土に行くお船です。





下船したら長い桟橋を歩いて船乗り場に行きます。





フェリーから見たカーニバルリバティ





メキシコ本土です。





船着き場から桟橋を歩いて~





青い海ですね~~





海水浴の皆さんが~





バス停に向かいます。





お馴染みヤシの実です。





木彫りの様な土産品のお店です。





木陰が助かる?





華やかな布が~~





本当に綺麗な布ですね~~  ゆっくり見たいけど団体ですから~ 写すだけで通過





メキシコらしい帽子(ソンブレロ)が目を引く





若者は木陰で何語る?





バス停付近?





観光用のオープンバスです。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

カリブ海(コスメル)

コスメルにて~  ①

終日クルーズの翌日は、最初の寄港地コスメル(メキシコ)に行きます。

旅行社の『トゥルム・マヤ遺跡観光』がついています。
コズメル島より、フェリーにてメキシコ 本土に渡り、バスにて遺跡へ。
青いカリブ海に面して建つマヤの遺跡が楽しみです。

コスメルは、メキシコにある島。コスメルとはマヤ語でツバメの島を意味する。現代マヤ語ではKùutsmilと呼ばれる。カリブ海の西部、ユカタン半島の東に浮かび、キンタナ・ロー州に属する。コスメルは10市町村 に分かれている。
メキシコの中でも一番大きな島です。  ・・・・ウィキペディアより


コスメル島の港 ① 静かに停泊地に~
 




コスメル島の港 ② ビルも見えます。





コスメル島の港  ③ 間もなく停泊です。  





コスメル島の港 ④ ズームで日の出を待つて~パチリ





コスメル島の港 ⑤ クルーザーが沢山居ます。





コスメル島の港 ⑥ 大型クルーザーも~ 後で知ったんですが、これが本土に渡る船でした。





コスメル島の港 ⑦  





コスメル島の港 ⑧ 長い桟橋ですね~~





日の出を待つ  ① 太陽見れる??





日の出を待つ ② 雲間から太陽が~~





日の出を待つ ③ 上に大きな雲が有るから残念かも?





日の出を待つ ④ 朝の海が~空が~~





日の出を待つ ⑤ 綺麗な姿に成りました。





日の出を待つ ⑥  雲の中に太陽が~~  雲の色がスゴイ!!





日の出を待つ ⑦ ヤコブ(天使)の階段も見れます!!!





日の出を待つ ⑧  雲の間からの光が差して~~ 





はるかにカーニバルの船ともう~一つの船体が~





太陽に照らされて~ 赤い船体です。





船尾の姿から、プリンセスの船でしょうね~





岸壁に向かってきます。





段々近づきます。こんな様子は、クルーズならではです。





桟橋の様子が判る画像です。





高いビルもみれます。





これが後から来た船、「カリビアンプリンセス」です!!  





下船してまず、船の撮影です!!二隻写せてご機嫌です。





愈々観光に向かいます。

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索