帰りの乗り継ぎは~

沖縄空港にて~

沖縄の旅はこれで終わりです。
長々でお恥ずかしいです。お付き合い頂いた方々に感謝です。 

次回はカリブ海にしようと思います。


沖縄空港内  ① 沖縄で乗り継ぎです。





沖縄空港内  ②





沖縄空港内  ③

  



沖縄空港内  ④




沖縄空港内 ⑤ [peach]の機体にmariko shinoda と写真が~~

10月27日(日)より、ピーチ・アビエーション(Peach)が初の首都圏路線となる大阪(関空)-東京(成田)線を就航させます。7時10分の初便が出発する前の早朝、関西国際空港の格納庫内でプレス向けに「マリコ様」こと元AKB48の篠田麻里子さんデザインの特別塗装機が公開されたので一足先に見てきました。  ・・・・ソーシャル ニューズより



台風も去って~ 良い天気です。





間もなく羽田?  なんとまあ~ 沢山載せて~ これで沖縄(石垣島の旅日記は終わります!!
「長々何やってる!! 」 の声が聞こえそう~~


テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

石垣島はこれで終わる。

石垣島の ラスト

ステキなみんさー館でした。 
その庭の大きなシーサーです。 見学後見晴らし台に行きました。
石垣島とも間もなくお別れです。


お店の玄関に有った「浮かせ花」  ①




お店の玄関に有った「浮かせ花」 ②




ステキなお庭です。





庭の隅のシーサーが可愛いです。





大きなシーサー  ①  がっちりのシーサーですね~




大きなシーサー  ② チョット怖いかなあ~




大きなシーサー  ③ 個性のある恐ろしげなシーサーです。




大きな貝殻も飾ってありましたね~




展望台から眺めた石垣島  ① バンナ岳展望台に行きました。




展望台から眺めた石垣島  ② 島一番の高台からの眺めです。





展望台から眺めた石垣島  ③




展望台から眺めた石垣島  ④  電波塔も有ります。





展望台から眺めた石垣島  ⑤ 細長く竹富島が見えて居ます。





展望台から眺めた石垣島   ⑥ 市街地も見れます。





展望台から眺めた石垣島  ⑦  市街地のズームです。


楽しかったし、盛りだくさんの観光は終わりです。
この後石垣空港から那覇乗り継ぎで羽田です。

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

やいま村にて~

石垣島に戻って~ ⑥

素晴らしい「ミンサー」のみねや工房見学の様子です。 
撮影は良いとお聞きしたので沢山写した。
こんなに素晴らしい織物がみられて本当に良かった!!!
  
八重山ミンサー(やえやまミンサー)とは、ミンサー織りの一種。沖縄県八重山諸島の竹富島発祥で、藍色の地に五つの■と四つの■で構成された絣(かすり)模様を特徴とする。主に帯として使用される。ミンサーという言葉は「綿(ミン)で織られた幅の狭(サー)い帯」から来たもの。・・・・ウィキメディアより

下記は みんさー工芸館より転記

みんさーの歴史
琉球王朝時代に、木綿についての栽培と中国の交易記録があることから、17~18世紀頃にすでに「ミンサー」があったと推定されています。

伝統工芸品指定
1989年に「八重山ミンサー」として国の伝統工芸品に指定されており、伝統的な技術・技法が手括りの手織りによる絣織物であることや、素材が木綿で石垣市と竹富町で生産することなどが定められています。


みんさー工芸館に来ました。




石垣島 802
入口直ぐに有る機織り機です。





素晴らしい色の布が織られるのですね~





優しい色合いのが織られて居ます。





みんさー織りの展示品  ①  四角い模様4つと真中に1つです。 横に4つの駒だけのと交互に配されてる。
これは「いつ(五つ)の世(四つ)までも末永く」という心が込められてる。




みんさー織りの展示品  ② こちらもその模様ですね~





みんさー織りの展示品  ③ 「八重山ミンサー」は素材が木綿、組織が平織り、生産地が石垣市と竹富町とする織物です。




みんさー織りの展示品  ④ 初期の作品です。





みんさー織りの展示品  ⑤





みんさー織りの展示品  ⑥





みんさー織りのバック  ① 1989年に「八重山ミンサー」として国の伝統工芸品に指定されており、伝統的な技術・技法が手括りの手織りによる絣織物であることや、素材が木綿で石垣市と竹富町で生産することなどが定められています。




みんさー織りのバック  ②




みんさー織りのバック  ③





みんさー織りのバック  ④




みんさー織りのバック  ⑤




みんさー織りのバック  ⑥




みんさー織りのバック  ⑦




みんさー織りのバック  ⑧




展示棚の様子  ①




展示棚の様子  ②




展示棚の様子  ③

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

リスサルの森

石垣島に戻って~ ⑤

やいま村の観光の様子を続けます。

リスザル園にも行きました。

中南米原産のボリビアリスザルを自然に近い状態で飼育しています。
年中暖かい八重山の気候は、熱帯産のお猿さんにとって過ごしやすい環境です。
手のひらに乗る程の小さなリスザルは人懐っこく、餌をあげるとすぐに近寄ってきます。


案内板です。





石敷堂の看板が立っています。





タビビトノキ(旅人の木) 別名 オウギバショウ(扇芭蕉)





沖縄では見かける木ですが名前は??





園内のあんぱる食道の前に有る大きな木です。





リスザル  ① 初めて見たんです。





リスザル  ② 人なつこくて小さくて~  可愛い!!





リスザル  ③ 油断してると肩に乗るんです。





リスザル  ④





リスザル  ⑤





リスザル  ⑥





リスザル  ⑦





リスザル  ⑧





リスザル  ⑨





リスザル  ⑩





ハイビスカス  ①





ハイビスカス  ②




ハイビスカス  ③





サヤナギバルイラソウですかね~

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

やいま村にて~

石垣島に戻って~  ④

美しい海を堪能の後、やいま村の観光です。 観光は、盛り沢山です。

国・登録夕景文化財 石垣・やいま村  村人のくらしと八重山の昔がよみがえる  ・・パンフレットです。
築100年の民家などを見ながらめぐります。古民家の一室で三線の演奏を聞きました。



やいま村です。





此処から入ります。





案内板  ①





案内板  ②





総合案内の優しい女性です。





シーサーも貫禄有ります。





牧志邸  ① 八重山の代表的な赤瓦建築様式です。





牧志邸  ② 1923年(大正12年)に建てられた釘を使わない貫木式です。





森田邸  1909年(明治42年)に建てられた旧士族の屋敷森田邸は士族屋敷の形式を代表する家屋です。





迎恩館





タビビトノキ(旅人の木) 別名 オウギバショウ(扇芭蕉)





お馴染みシュロです。





面白い(芸術的)な瓶です。





うすむらさきの花は??





八重山民謡の演奏  ① 三線が飾られています。





八重山民謡の演奏  ②





八重山民謡の演奏  ③
 




八重山民謡の演奏 ④ 観光客はサンバ(三板)でリズムを楽しみました。





これが、サンバ(三板)という打楽器です。





フウリンブッソウゲ (コーラル・ハイビスカス)

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

川平湾を眺めて~

石垣島に戻って~  ③

川平湾の美しい様子を続けます。 
グラスボートから下船して~ 海岸を散策して海を眺めて写しました。
その後バスの停車場所まで歩いて戻ります。小高い所からも綺麗な川平湾を眺めて~


海辺の様子  ①  遠浅の浜ですね~貝がいっぱい居るんでしょうね~ 





海辺の様子  ②  遠浅の海ですが誰も居ませんね~





海辺の様子  ③





海辺の様子  ④





海辺の様子  ⑤  こんな碑も有ります。





海辺の様子  ⑥  エメラルドの海が綺麗なので、又パチリです。 





美しい川平湾  ① バス停付近に来てからみた景色です





美しい川平湾  ② 船たちです。これから乗る人もいますね~ 





美しい川平湾  ③  





美しい川平湾  ④  船にはしごが~~ 





美しい川平湾  ⑤  





美しい川平湾  ⑥  





美しい川平湾  ⑦  





海の近くにこんな祠も有ります。





何の実 ? 





流石大きなハイビスカスです。

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

石垣の海

石垣島に戻って~  ②

八重山ヤシの林を後に再びバスです。川平湾の美しい海です。
グラスボートでの見学が組み込まれて居ます。

美しい海の画像は流石の南国です。 
雲も有って日差しが柔らかですが、海は見飽きないです。


バスからの眺めです。 チョット怪しい空模様です。





ここでバスから降りて海岸に向かいます。





美しい川平湾  ① ロープが見えますね~ ボートを引き上げる為?それとも底引き用? 





美しい川平湾  ② ボートが待ってる?
 




美しい川平湾  ③ グラスボートが走っています。





美しい川平湾  ④ ポツンと綺麗な岩の小さな島が綺麗です。





美しい川平湾  ⑤



美しい川平湾  ⑥



美しい川平湾  ⑦




美しい川平湾  ⑧




美しい川平湾  ⑨



美しい川平湾  ⑩ 海が綺麗~~



美しい川平湾  ⑪ サンゴ礁めぐり




美しい川平湾  ⑫ パステルカラーです。




美しい川平湾  ⑬ 濃い青も、素晴らしい~~





美しい川平湾  ⑭ この舟に乗りました。 





グラスボートに乗船  ① 乗船して少し沖に出ました。





グラスボートに乗船  ② 華やかな海を期待! しかし余りパッとしないなあ~




グラスボートに乗船  ③ 青い小さなお魚です。





グラスボートに乗船  ④ 黒っぽい魚が居ます。





グラスボートに乗船 ⑤ 青く光るサンゴです。





グラスボートに乗船   ⑥




グラスボートに乗船  ⑦




グラスボートに乗船  ⑧   




グラスボートに乗船  ⑨ お魚が来ました。




グラスボートに乗船  ⑩ 縞模様のお魚も居ますね~  
しかし、海の中は、少々期待と違いました。華やかな色のお魚が見れるかなあ~ しかし何コレ?です。


テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

八重山ヤシ

石垣島に戻って~  ①

石垣島を続けます。

八重山ヤシ群落を続けます。鬱蒼としたジャングルのような林を進みます。
ヤエヤマヤシ以外にも板根の立派なギランイヌビワなども自生し、キノボリトカゲなど貴重な生きもいます。

可愛いトカゲがいました。後方から歩く私にガイドさんが見つけたトカゲを見せてくれました。
まさにジャングルです。



熱帯の巨木  ① 板根のからみつく木々が見れます。




熱帯の巨木  ② 板根




熱帯の巨木  ③ まさに密林?




熱帯の巨木  ④ これもスゴイ板根です。 




熱帯の巨木  ⑤ 南国の木は面白い姿です。




熱帯の巨木  ⑥ 板根の凄さです。
 



熱帯の巨木  ⑦ 地を這う板根は蛇?




熱帯の巨木  ⑧ 像の肌を連想します。




熱帯の巨木  ⑨ からみつく植物は元気です。




熱帯の巨木  ⑩ 木肌にこぶが~~

 


熱帯の巨木  ⑪ 絡まられた木は迷惑?





熱帯の巨木  ⑫ からまれたら命がけですね~ 




八重山ヤシ林  ① 天然記念の八重山ヤシを見上げます。





八重山ヤシ林  ②




八重山ヤシ林  ③




八重山ヤシ林  ④ 見上げて写すのも大変です。




八重山ヤシ林  ⑤ 綺麗な葉の見事さです。




八重山ヤシ林  ⑥ 高い幹ですね~~




ガイドさんと添乗員  ① ガイドさんの話で面白かったのが石垣の女性は海で泳がない事です。泳いでいるのはほとんどが本土からの観光客だそうです。 何故ならば沖縄の女性は日焼けしたくないからまず泳がないのです。 ガイドさんも色が黒いのは仕事柄太陽に当たるからです。出来たら白い肌に戻したいそうです。



ガイドさんと添乗員 ②  可愛いガイドさんでした。




可愛いトカゲ  ①




可愛いトカゲ  ②




可愛いトカゲ  ③ 色が変わったり~

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

石垣島にて

石垣島に戻って~  ①

まだまだ続きます石垣島の観光です。三日目は、まず石垣島唐人墓からです。

1852年、中国人労働者は中国本土から米国船でカリフォルニアに運ばれる途上、あまりにもひどい扱いを受けたため暴動を起こし、船長ら数人を撃ち殺しました。そしてその結果、船は石垣島沖に座礁しました

島に上陸した380人の中国人労働者のうちの128人は、米国と英国の厳しい捜索の中で銃殺されたり自殺に追いやられたりしてその命を失いました。しかし島民や王国から食料や仮小屋などの助けを受けた生存者は無事に、中国本土に帰還することができました。そして唐人墓はここで亡くなった中国人労働者を祀るために建てられました。


中国の強い影響を受けてデザインされたこの墓は、竜や騎士の像が繊細に装飾されています。




少し大きく写したものです。





装飾の緻密さに驚きます。





見事ですね~~





中国神話の生物龍ですね~  これもお見事です。





狛犬です。  狛犬に雄雌の区別はあるの?  ガイドさんが聞きます。??





狛犬の雄です。覗けば大切なものが有るんですね~~ 





こちらは雌です。





敷地内には大きな墓や記念碑が建てられています。





プレートです。





唐人墓には中国福建省出身者128人の霊が祀られています。






人間が人間を差別し 
憎悪と殺戮がくりかえされることのない
人類社会の平和を希い
この地に眠る異国の
人々の霊に敬虔な
祈りを捧げる



そのあと再び、バスで八重山ヤシ群落に行きました。
石垣島の北海岸、於茂登山のふもとにはヤシの木が生育する区域があります。ヤシの木の高さはおよそ10メートルで、ヤエヤマヤシ群落は国指定天然物です。





此処から熱帯林に入ります。





ヤエヤマヤシ群落について~ です。





サトウキビの束があります。 これを絞ってジュースにするんですね~~




サトウキビのジュースにされた後のキビはご覧のあり様です。




ヤエヤマヤシの幼木です。種から成長でしょうね~




「オオタニワタリ」沖縄では、この新芽の部分を食用とします。




生き物の説明の碑です。





ヤエヤマヤシについて~



八重山ヤシの素晴らしい画像は次回です。

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

石垣島にて~

竹富島&石垣島の観光

竹富島の水牛車に揺られての観光は終わりました。
船で石垣島に戻りました。

石垣島 日航八重山ホテルで八重山舞踊の鑑賞&夕食です。
それから又バスでビーチホテルサンシャインに戻りました。


港の様子  ① 大きな港です。




港の様子  ②




港の様子  ③




バスで夕食の日航ホテルに行ました。




石垣島の街です。




夕食の「あじ彩」です。日航ホテルに有りました。




日航八重山ホテルにつきました。




「あじ彩」で夕食です。ちょっとさみしい~




八重山舞踊の鑑賞




八重山舞踊の鑑賞




八重山舞踊の鑑賞




八重山舞踊の鑑賞




八重山舞踊の鑑賞




綺麗な衣装ですね~~




もう~一枚です。




これは、ビーチホテルサンシャインに飾られてたトロピカルなお花です。




「ビーチホテルサンシャイン」の私共の部屋です。




ビーチホテルサンシャイン前の朝のビーチ  ①




ビーチホテルサンシャイン前の朝のビーチ  ② 旅仲間が、貝を探していましたね~




ビーチホテルサンシャイン前の朝のビーチ  ③




ビーチホテルサンシャイン前の朝のビーチ  ④ まもなく日の出です。




八重山諸島の地図です。





「ウィキメディア・コモンズ」より拝借 西表島は大きいんですね~~

この画像は「パブリックドメイン」との書き込みが有りました。
パブリックドメイン (public domain) とは、著作物や発明などの知的創作物について、知的財産権が発生していない状態又は消滅した状態のことをいう。

テーマ : 沖縄旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
FC2カウンター
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索