ヒホンにて


ヒホンの観光  ④

ラボラール大学構内でのんびり過ごしたけど帰りの時間が気になるのでした。
観光バスの往復の切符を手にしてます。 
他のバスはいっぱい来ますが判らないから、乗れない~

同じ船で良く会う香港人はバスが来るの待ち切れずタクシーで帰って行きましたが、我々は二階建てのバスを待ちます。
その間に市内行き?郊外行き?色々なバスが来ますが判らないので待ちました。

無事余裕で船に戻ったのでした(^_-)-☆

DSC_5517.jpg
アーチの正門から外を写して~



DSC_5518.jpg
アーチを振り返り再び眺めて別れを告げます。



DSC_5519.jpg
綺麗なインフォメーションの白が目立つ



DSC_5523.jpg
正門を見上げて~~



DSC_5526.jpg
校舎の前庭です。



DSC_5528.jpg
前衛的なモニュメントです。



DSC_5527.jpg
何を表わしてる?



DSC_5521.jpg
校庭からの眺め~



DSC_5524.jpg
右方向も写します。 良い眺めです。



DSC_5525.jpg
右方向には、長い石段を登って来るんですのね?



DSC_5520.jpg
バス停の様子  ① これは観光バス?



DSC_5529.jpg
バス停の様子  ② 屋根付きのバス停です。



DSC_5530.jpg
バス停の様子  ③ 路線図です。 



DSC_5531.jpg
バス停の様子  ④ アチコチに行ってるのが判る。



DSC_5536.jpg
バス停の様子  ⑤ ペイントが派手です。



DSC_5538.jpg
バス停の様子  ⑥ 二連節バスですね~



DSC_5535.jpg
バス停の様子  ⑦これも二連節バスです。



DSC_5537.jpg
バス停の様子  ⑧ 後ろ姿です。



DSC_5540.jpg
バス停の様子  ⑨ 派手な後ろ姿ですね~~


このあと無事二階建てバスが来ました。 来た時と同じ運転手さんでしたね~~

テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

ヒホンにて


ヒホンの観光  ③

引きつづきラボラール大学構内です。 学生さんに混じってエスプレッソとパンで軽く昼食を~ 写さず残念
言葉が出来ないのに写真写させてもらいブログに載せるのも了解頂きました。
女子学生の持ってるタブレットで我がブログのアドレス開いたり、言葉の壁が有るのに楽しい事でした。

DSC_5513.jpg
構内の様子   ① 向うの校舎には入れません。



DSC_5490.jpg
構内の様子  ② 広い廊下です。ここの奥にも入れません。



DSC_5515.jpg
構内の様子   ③ お昼時間なので学生さんが集まって居ます。



DSC_5512.jpg
構内の様子  ④  観光客はこの建物だけは居れます。



DSC_5494.jpg
構内の様子  ⑤ 学生向けの色んなお知らせでしょうか?



DSC_5492.jpg
構内の様子  ⑥ 賑やかに張られて居ます。



DSC_5499.jpg
構内の様子  ⑦ 色んなお知らせの場所が~



DSC_5498.jpg
学食の様子  ① 奥の方の食堂&軽食の場所は誰でも利用頂けます。



DSC_5500.jpg
学食の様子  ② 此処のテーブルは何故か?空いて居ます。 



DSC_5496.jpg
学食の様子  ③ ここは、多くの人で賑わっています。 エスプレッソが美味しかったです。



DSC_5505.jpg
壁画  ① 学食?(談話室)の壁がスゴイ!!



DSC_5506.jpg
壁画  ② ぐる~と写しました。



DSC_5507.jpg
壁画  ③ 壁画の内容は、どんな意味ですか?と聞けないのが残念!



DSC_5508.jpg
壁画  ④ エンゼルが目立ちます。 いかつい男性が手にしてるのは、手漕ぎ用のオール?



DSC_5504.jpg
素敵な学生さん  ① お話が出来た(?)  声をかけたのがこの3人の女子学生さん。



DSC_5503_201706081947186e7.jpg
素敵な学生さん  ② ブログに載せるの了解頂いた。 どんなブログ?と聞かれて~



DSC_5509.jpg
素敵な学生さん  ③ 学生さんのタブレットでわがブログを表示して見て頂いたんです。
 

テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

ヒホンにて


ヒホンの観光  ②

丘の上に到着・ラボラール大学 universidad raboral(大聖堂の様な大学)です。一般人も気軽に足を運ぶ事が出来ます。

北スペインの海岸沿いに位置する緑と自然に囲まれたアストゥリアス州ヒホン(Gijón)は、人口およそ27万人の州最大の都市です。ヨーロッパサッカーファンの方には、「スポルティング・ヒホン」と言えば思い当たる方もいらっしゃるかもしれません。公用語はスペイン語ですが、アストゥリアス独自の言語も存在しています。アストゥリアス州の州都はオビエドなのですが、美しいビーチと海沿いにあるヒホンは特に夏の時期は観光客がたくさん訪れ、アストゥリアスの中でも最も注目を浴びる地域となっています。

DSC_5474.jpg
ラボラール大学の外観  ① 正門です。 なんか? 工事してます。



DSC_5482.jpg
ラボラール大学の外観  ② 中庭に成ります。奥にゴシック調の塔が有ります。



DSC_5489.jpg
ラボラール大学外観  ③ 大学って言われ無ければ教会と思うでしょう~



DSC_5485s.jpg
ラボラール大学の外観  ④ 立派な大学の建物です。



DSC_5486.jpg
ラボラール大学の外観  ⑤  大きな彫像が沢山見えます。



DSC_5487.jpg
ラボラール大学の外観  ⑥  これは、校舎なんですネ~~



DSC_5483.jpg
ラボラール大学の外観  ⑦  階段の段差が少ない~



DSC_5475.jpg
大学構内にて   ① 外観と違い夢を呼ぶカプセルが目を引きます。



DSC_5481.jpg
大学構内にて  ② カプセルの中  椅子なのか? 



DSC_5479.jpg
大学構内にて  ③ カプセルの中は憩いの場?



DSC_5480.jpg
大学構内にて  ④ 色んな物がいっぱい有ります。



DSC_5476.jpg
大学構内にて  ⑤ 白を基調のオシヤレさです。



DSC_5478.jpg
大学構内にて ⑥ llevat un recuerd da ・・・?



DSC_5477.jpg
大学構内にて  ⑦ インフォメーションで、旅仲間何聞いてる?


次回は誰でも憩える学食の様子です。

テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

ヒホンにて

ヒホンの観光  ①

ボルドーを ⒚:00出港して翌10月6日、 9:00 楽しみしていた【スペイン・ヒホン】に入港

スペインの大西洋岸・ビスケー湾にのぞむ港湾都市 「ヒホン」
スペイン・アストゥリアス州のムニシピオ。2012年の人口は277,733人で、アストゥリアス州でもっとも人口が多い自治体である。
アストゥリアス州都のオビエドなどとともに、人口85万人の都市圏を形成している。

北スペインの「ヒホン」は山と丘に囲まれ、海岸沿いの眺めが美しく、スペインの他都市とは異なる言葉、文化、伝統を持つ都市です。自然いっぱいの観光地としても人気ですが、漁業だけでなく酪農や農業が盛んな背景もあり、スペイン内でも食事が安くて美味しい事でとても有名です。  ・・・とガイドbookに有る。

今日の予定は決まって居ます。ラボラール大学に行くのが一番の希望です。  旅仲間二人が一緒に行きたいと言うので同行決定! ラボラール大学は、中心部やビーチからは少し離れた山側にあり、市内からは公共バスで15分程で訪れる事が出来ます。

DSC_5439.jpg
船はヒホン港に向かいます。



DSC_5451.jpg
愈々ヒホン港に到着です。



DSC_5443.jpg
まだ薄暗い港を眺めます。 力の有りそうな二個のクレーンが~



DSC_5442.jpg
別の大型クレーンを写します。



DSC_5445.jpg
ターミナルには大きなテントが張られて到着を待って居ます。



DSC_5450.jpg
タラップも着けられて~ 賑やかになりました。



DSC_5446.jpg
下船してる人も居ります。 素敵な民族衣装の皆さんの姿が~~



DSC_5452.jpg
夫は元気を回復下船しました。 ノルゥエージャンスタ―の青いテントが設置されています。



DSC_5454.jpg
素敵な民族衣装の皆さんの軽やかな音楽に出迎えを頂いて~~



DSC_5460.jpg
ヒホンロゴのモニュメントがあるヨットハーバーまで、シャトルバスが行きます。



DSC_5455.jpg
赤いヒホンロゴのモニュメント  ① 赤い色のモニュメントが見えて居ます。



DSC_5463.jpg
赤いヒホンロゴのモニュメント  ② 人々が記念写真を写してます。



DSC_5456.jpg
赤いヒホンロゴのモニュメント  ③ 大きく写せました~~



DSC_5461.jpg
バス停付近には、立派な建築物が有ります。



DSC_5465.jpg
角度を変えて~ もう一枚



DSC_5462.jpg
大学方面に行くバスの乗り場が有ります。 船のガイドさんに教えられた二階建ての観光バスに乗りました。割高です。循環バスは安かったのですが判らないから、仕方ないです。



DSC_5468.jpg
バスの中から~  ① とても目を引くモダンな建物です。



DSC_5472.jpg
バスの中から~  ②  緑豊かな田園風景を見ながらバスは走ります。



DSC_5469.jpg19
バスの中から~  ③ 大学の建物? 高い塔が大学と思われます。



DSC_5470.jpg
バスの中から~  ④ 大きな円形のドームは何?



DSC_5473.jpg
バスの中から~   ⑤ ラボラール大学が見えて来ました。



DSC_5471.jpg
バスの中から~  ⑥ バス停です。 ここで我々4人が下車です。



ヒホン
ヒホンの地図


次回はラボラール大学(Universidad Laboral)の様子です。

テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

ボルドーはこれだけ~


ボルドーにて

終日航海の翌日、ボルドーに寄港、入港は8時でした。

フランスガロンヌ川リバークルーズの最大の見どころで世界的に有名なワインの産地
フランスの南西部に位置する都市で、アキテーヌ地域圏の首府、ジロンド県の県庁所在地である。アキテーヌ公国の首府だった。

しかし、ボルドーの観光は何も無い! これが全てです。
夫の体調がイマイチなので、ゆっくり船内で過ごした。
ボルドーに行きたかったなあ~~ワイン工房にも~~

DSC_5394.jpg
間もなく停泊地に成ります。



DSC_5388_201705141507181b1.jpg
港に到着です。



DSC_5389_2017051415071983e.jpg
殺風景な港です。 バスが数台来ています。



DSC_5395.jpg
車体の絵が目を引く 船外に出てこのバスを写しただけです。  船内散策で過ごして~~ トホホ  



DSC_5412.jpg
海を眺めて~  ① 使われて居ない様な桟橋です。 もう~ ここからは夕景ばかりです。



DSC_5416.jpg
海を眺めて~  ② 壊れていますね~  退屈なので海を眺めて~



DSC_5415.jpg
海を眺めて~   ➂  廃墟の様な不思議な景色です。 風情あるかも?



DSC_5403.jpg
海を眺めて~  ④  寂しいクレーンですネ~



DSC_5418.jpg
海を眺めて~  ⑤ 手前の白く浮いてる雲がやさしいネ~



DSC_5419.jpg
海を眺めて~  ⑥ 空が赤く染まります。



DSC_5404.jpg
海を眺めて~  ⑦  綺麗な雲の中に太陽が~~ 雲がキラキラ



DSC_5407.jpg
海を眺めて~  ⑧ 雲をアップに~



DSC_5409.jpg
海を眺めて~  ⑨ キレイ~~~



DSC_5417.jpg
海を眺めて~  ⑩ 筋状の雲に魅入ります。



DSC_5414.jpg
海を眺めて~  ⑪ 暗さをまして~  同じような気色の羅列でした。



DSC_5422.jpg
航行の船から~  ①  雲の向うの光線が綺麗!!



DSC_5424.jpg
航行の船から~  ② 不思議な光景に魅入ります。 貨物船の姿も寂しげ~



DSC_5425.jpg
航行の船から~  ➂  天使の階段の逆方向の光です。 アップにして~~



スペインのヒホンに向け航行です。 翌9時には入港です。


テーマ : フェリー・船旅
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索