FC2ブログ

ベトナムにて

ホアルー観光  ①

観光の最後の日は、チァンアンクルーズとホアルー観光です。
ディン・ティエンホアン廟の有るベトナム初の王朝が誕生した地「ホアルー」です。
ハノイの100km南にあるホアルーは、968年から980年まで首都が置かれ
いくつかの墓や遺跡は戦争の被害にあうことなく保たれているベトナムの重要文化財に指定されている。

オプション観光です。 総勢13名なのですが、8名の参加者で出発した。

DSC_0194.jpg
車窓の景色  ①  沢山のビルが並んでいます。



DSC_0196_20190303085935303.jpg
車窓の景色  ② お墓なのかなあ~?

 

DSC_0202.jpg
車窓の景色  ③  洋風の塔が目を引く



DSC_0190.jpg
車窓の景色  ④ 集合住宅でしょうか?
  


DSC_0197_20190303085429559.jpg
車窓の景色   ⑤ 田園風景です。



DSC_0198.jpg
車窓の景色  ⑥ 牛が放牧されてる?



DSC_0200_20190303085654679.jpg
車窓の景色  ⑦ 白い鳥はアヒルの飼育場?



DSC_0203.jpg
バスから降りて愈々ホアルーです。



DSC_0211_20190303091635cb9.jpg
広い庭の向うにディン・ティエンホアン廟が見えて居ます。



DSC_0204.jpg
東門  ① 此処が入口



DSC_0208.jpg
東門  ②  近年新しく建てられた物だそうです。 確かに新しい!



DSC_0214_201903030917453ed.jpg
ホアルーの壁画  ① 詳しく説明が出来ませんけど美しい!!



DSC_0213_201903030917434bb.jpg
ホアルーの壁画  ②



DSC_0212_201903030917428cf.jpg
ホアルーの壁画  ③



DSC_0210_20190303091741f02.jpg
ホアルーの壁画  ④


メモ
当時の中国王朝による支配から脱し、ベトナム初の王朝を建国した丁朝(ディンチョウ)。その首都は、せり立つ数々の岩山を自然の城塞とし、豊かな自然と水に囲まれた美しい地、ホアルー(Hoa Lu)でした。1010年にハノイ(旧名称タン・ロン、世界遺産)へ遷都されるまでの約44年間という短い間ですが、法整備や軍事強化などベトナム国家の礎を築きあげます。

現在見られる「古都ホアルー」の遺構は、17世紀に再建された初代皇帝ディン・ティエンホアン(Dinh Tien Hoan)と、2代皇帝レー・ダイハイン(Le Dai Hanh)の霊廟です。香が立ち込める霊廟内には、皇帝の座像が安置されています。また、本堂の前の通称「龍の庭」に刻まれたレリーフは一見の価値があります。

古都ホアルーは唐(中国)の都、長安にならって設計されました。また、長く中国の支配を受けていたこともあり、その景観はどことなく中国を彷彿させる雰囲気が漂っています。

初代皇帝ディン・ティエンホアン廟の入口となる門の苔むすさまは、一歩足を踏み入れると歴史の中へ誘ってくれます。

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所
ジャンル : 旅行

クレイを楽しむ♪

クレイの作品

旅日記を一休みして~~ (^^♪

久しぶりに粘土の作品を載せてみました。
クレイの人形は置き場所に困る程作っていますが、最近は花作りは少ない。
変色して古くなったので作った。 矢張り手作業は楽しいです。
石粉粘土はリースに作るだけでもう~これで終わる。

DSC_0504.jpg
石粉粘土のリース  ① 青はもう少し紫が強い。 昨年作った物です。  左右30センチです。



DSC_0514.jpg
石粉粘土のリース  ② 残念なのは、撮影では、ほんとの色が出ない。 本物の方が良い色です。
自分用の物でこれで最後に成ります。 材料も気力も無い(笑)   こちらは少し大きく左右35センチです。 
 

DSC_0499.jpg
玄関にバラの花を飾った。  私の趣味の樹脂粘土で作ったものです。
赤と白に、花芯が赤のピンクの変わり咲の三種類の薔薇です。 カスミソウもあしらいました。
左右38センチ有る大きなものです。 実物の方が豪華です(笑)

e0098241_1128581.jpg
前に作って長い事玄関を彩って呉れてた物です。
残念乍ら汚れが目立ち捨てた花です。 意外と大作でした~~


DSC_0536.jpg
個室に飾ってたクレイのトルコ桔梗がいたんだので、こちらも玄関と同じ様なバラで作った。  左右35センチ



DSC_0551.jpg
これは個室の棚に飾ったのを写したもの~  外の光線が入っています。 同じ鉢とは思えない?



変わり咲2
実物の変わり咲きのバラです。 これを参考にした?

テーマ : ハンドメイドの作品たち
ジャンル : 趣味・実用

ベトナムにて

ウエストレイク(西湖)周辺の様子

盛りだくさんで、慌ただしかった観光でした。最後は西湖周辺を徒歩でバスに戻る。
まだ水上人形劇が有りますが、私達は見た事が有るのでホテルに帰ります。

ハノイにいくつもある湖の中で、最も美しく、また最も広いといわれているタイ湖(西湖)です。
西湖は、ホーチミン廟からタクシーで5分から10分程度の場所ですが、歩きました。
歩道は店を出して居たり、混み合います。
一番疲れたと連れ合いは、今でも「あれには参った!!」 と言います。

西湖は、釣りに興じるベトナム人や、ベンチに座ってタイ湖を眺めるカップル。
露店でお土産を漁る外国人、湖に浮かぶ寺院に訪れたり~ との事!! まあ~賑やかです。

DSC_0168_20190303084126d58.jpg
タイ湖(西湖)   ① 夕暮れてきました。



DSC_0169_2019030308412818f.jpg
タイ湖(西湖)  ② 意外と大きい湖です。



DSC_0173.jpg
太鼓橋の様子  ① 橋の上を多くの人の姿が~



DSC_0174.jpg
太鼓橋の様子  ② ライトアップの前です。 湖畔を歩きます。



DSC_0181.jpg
太鼓橋の様子  ➂  赤い橋にライトアップされて綺麗です。



DSC_0183.jpg
太鼓橋の様子  ④  黄金色の建物が目を引く!!



DSC_0175.jpg
対岸の様子  ① 人の姿が見える?



DSC_0176.jpg
対岸の様子  ② 夕暮れて~



DSC_0170_20190303084129fbf.jpg
スゴイ人々  ①  人出がスゴイ!!



DSC_0171_20190303084131f6f.jpg
スゴイ人々  ② 水上人形劇場に行く人と自由散策希望の人と別れてホテルに~~


テーマ : 世界遺産・遺跡・名所
ジャンル : 旅行

ベトナムにて

一柱寺などの観光
  
ホーチミン廟・ホーチミン博物館・国会議事堂・一柱寺など徒歩で回れる所に有ります。
大急ぎで見て回りました。
大きな公園が有り観光客で賑わっています。

DSC_0164.jpg
一柱寺  ① 1つの柱の上に仏堂をのせたユニークな形からこの名前で呼ばれるようになったそうです。



DSC_0165.jpg
一柱寺  ②  蓮花台とも呼ばれるベトナムの象徴的な建物「一柱寺」



DSC_0167.jpg
一柱寺  ③ 階段を上って仏堂へ



DSC_0163.jpg
Bảo tàng Hồ Chí Minh ホー・チ・ミン博物館 ①
ホーチミン博物館はベトナム最大の美術館の一つです。
主にアーティファクト、マテリアルの表示に焦点を当てています・・・ とある。


DSC_0161.jpg
Bảo tàng Hồ Chí ホー・チ・ミン博物館  ② 近代的な彫物の有る正面の様子



DSC_0160.jpg
Bảo tàng Hồ Chíホー・チ・ミン博物館 ➂ 正面入り口
bao tanc ho chi minh  の記名


DSC_0162.jpg
ホーチミン廟の前のバーディン広場付近



DSC_0169_20190301142020009.jpg
ホーチミン廟  ① ハノイの中でも異彩を放つ見どころの一つにホーチミン廟があります。
ベトナムの民族的英雄であるホーチミン主席の遺体が安置されている場所です。
 

DSC_0168.jpg
ホーチミン廟  ② ベトナムの革命家・政治家であり、初代ベトナム民主共和国主席であるホー・チ・ミン(1890-1969)が祀られている廟。 廟は衛兵によって厳重に警備され、1年中冷房の効いた廟内部の部屋では、ベトナム人民軍の警護の元、永久保存処置を施されたホー・チ・ミンの遺体が安置されている。


DSC_0171.jpg
ホーチミン廟  ➂  毎日ベトナム全土から多くの人々が参拝に訪れ、特にホー・チ・ミンの命日である9/2には参拝客が多い。
見学には待ち時間が相当掛かるそうです。


DSC_0166_2019030114201690a.jpg
ベトナム国会議事堂  ① 中々趣の有る建築です。



DSC_0167_20190301142017df2.jpg
ベトナム国会議事堂  ②  少し大きく~

 

DSC_0167_201903030840135ed.jpg
タンロン遺跡「タンロン城塞」を少し写して~
タンロン遺跡は、ハノイで今なお発掘の続く大きな遺跡群だそうです。 
【Hoàng Thành Thăng Long】 ⇐ アドレス


テーマ : 世界遺産・遺跡・名所
ジャンル : 旅行

ベトナムにて

「文廟」の観光     ④

「文廟」は孔子を祀るベトナム最古の大学跡です。

門前に広がる広い庭の先にある拝堂には立派な祭壇がおかれ、訪問者たちが祈りを捧げています。
祭壇の上には「萬世師表」と書かれていますが、これは「永遠に人々の模範となる先生」という意味で、孔子を表す言葉です。
この拝殿を抜けて大聖殿に入ります。

大聖殿に入る際は、孔子に対して礼を失することのないよう、必ず頭を下げるように、ここの敷居は高く造られています。
正面にあるのが孔子像。キラキラ鮮やかです。
受験シーズンになると合格祈願に多くの学生が訪れるということです。

DSC_0133.jpg
文廟の庭の様子  ① 一寸違う角度で~



DSC_0137.jpg
文廟の庭の様子  ② 電球の傘なんですね~



DSC_0141.jpg
文廟の庭の様子   ➂ 提灯が素敵!



DSC_0156.jpg
文廟の庭の様子   ④ 提灯を角度を変えて~ 綺麗です。



DSC_0142.jpg
文廟の庭の様子  ⑤  人が少ないのでパチリ! 



DSC_0143.jpg
大聖殿内  ①  行燈が釣られています。



DSC_0146.jpg
大聖殿内  ②  華やかな彫り物で出来ています。



DSC_0130.jpg
大聖殿内  ③  孔子像を祀る



DSC_0132.jpg
大聖殿内  ④  孔子像を祀る



DSC_0129.jpg
大聖殿内  ⑤ 来歴の説明額です。



DSC_0154.jpg
大聖殿内  ⑥  お供えの有る祭壇



DSC_0131.jpg
大聖殿内  ⑦ 孔子像に向いて座る4体の像は孔子の4人の高弟だそうですが、3人しか写してない(';')



DSC_0148.jpg
チュー・ヴァン・アン像  ① 優れた教師であった彼の名は通りの名や市内の名門校の名前に残っています。



DSC_0150.jpg
チュー・ヴァン・アン像  ② お供えがいっぱいです。



DSC_0153.jpg
文廟の模型です。



DSC_0119.jpg
観光客と記念撮影の女性モデル  ①



DSC_0120.jpg
観光客と記念撮影の女性モデル  ②

テーマ : 世界遺産・遺跡・名所
ジャンル : 旅行

プロフィール

たえこ

Author:たえこ
粘土と花のブログへようこそ!

船の旅・小さな旅・クレイ・ガーデニング・風景・何でものせてるつたないサイトです。

何か間違いなどお気づきの事が有りましたら、掲示板に書き込みよろしくお願いいたします。 Since 06/11/23

小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-
リンク
最近の記事
カテゴリー
RSSフィード
ブログ内検索